口うるさい彼女の心理とは?

口うるさい彼女の心理

女性は男性の三歩後ろを歩くというのは昔の常識で、今はお互いに支えたり引っ張っていくというのが一般的な恋愛の形の一つです。

現代において、細かいことに良く気がつく彼女は、魅力的で頼れるパートナーと言えます。

しかし、あまり口うるさく言われてしまうとその長所が短所にもなってしまいます。

ここではそんな口うるさい彼女の心理を理解するために、詳しく見ていきましょう。

口うるさい彼女の心理

母親のような気持ちになっている

口うるさい彼女の心理として、母親のような気持ちになっていることがあげられます。

日本において、母親は父親を含むその他の家族と比べて子供との時間が多く、躾をする機会も非常に多くなります。

早く起きなさい、綺麗に歯を磨きなさい、ご飯は残さずに食べなさい、宿題をしなさい、早く寝なさい。

そんな風に朝から晩まで母親に口うるさく躾をされたという人は、とても多いのです。

彼女との時間が増えれば増えるほど、彼女に見せる隙も多くなりますから、必然的に注意されることも増えてしまいます。

彼女からしてみれば、母親のような気持ちになり、躾をしてしまうのです。

このケースては、彼女は彼氏を子供のように思っているため、世話をする感覚でつい口うるさくしてしまうのです。

神経質で細かいことが気になる

口うるさい彼女の心理として、神経質で細かいことが気になるということがあげられます。

いくらお互いに好きで付き合っている恋人同士でも、お互いの全てに満足するというのは、現実には難しいところです。

もちろん完璧な人というのはいません。

しかし、恋人のことが好きであれば、不満や多少の欠点があっても、徐々に直したり目をつむったりするものです。

簡単な事ではありませんが、多少のことには目をつむり、あまり気にしないことが円満な関係を築くためには大切です。

しかし、神経質で細かいことが気になると、ちょっとしたことでも我慢出来ずに態度にあらわしてしまいます。

このタイプは苦痛を感じやすいため、つい口うるさくなってしまうのです。

繊細なため、無理に我慢しても精神的に参ってしまいます。

元々の性格もあるため、簡単に治すことは難しいと言えます。

ストレスが溜まっている

口うるさい彼女の心理として、ストレスが溜まっているということがあげられます。

様々なことに良く気がつくタイプは、本人の意思に関係なく日常の些細なことにも目が向きます。

もちろん、良いことにも気がつくのですが、どうしても嫌なことや良くないことが反射的に目につきます。

そのため、良く気がつく人はただでさえ神経質になってしまいがちです。

しかし、口うるさくなるのは良く気がつくタイプだけではありません。

普段からストレスを感じていると、人はだれでも神経質になってしまいます。

口うるさい彼女は、もともと良くきがつくタイプであるほか、ストレスが溜まっていると神経質で口うるさくなってしまうのです。

彼氏に不満がある

口うるさい彼女の心理として、彼氏に不満があることがあげられます。

彼氏に不満がある彼女は、彼氏の一挙手一投足に不満を感じやすくなり、口うるさくなってしまいます。

もともと口うるさいタイプは、ちょっとしたことでも不満があると文句が多くなりますから、単なる習慣である場合もあります。

しかし、普段から口うるさいタイプでないのに、文句や指摘ばかり言うようになっている場合は要注意です。

そういった場合は、彼氏に何らかの不満があるため、余計に神経が逆なでされて口うるさくなっている可能性が高いからです。

また、本当の不満については言えないため、代わりに他のことを注意したり怒っている場合もあります。

彼女との仲を長続きさせたいのであれば、心当たりを探してフォローしたり、謝るのが賢明です。

寂しさの裏返し

口うるさい彼女の心理として、寂しさの裏返しであることがあげられます。

通常、口うるさい人は相手に対して不満があり、言われた方も嫌な気持ちになります。

そのため、お互いに嫌悪感を抱きやくなります。

しかしカップルの場合は普通の人間関係とは違い、相手に嫌悪感があるのではなく、むしろ構ってほしいという心理が強く働いている場合があります。

本当は仲良くしたいと思っていても、二人の関係がぎくしゃくしていると楽しい話題がなかったり、きっかけが掴めなかったりします。

もし話題がなくても、相手の悪いところを指摘すれば、嫌でも自分に注意が向きます。

この場合、彼女は相手に構ってほしいという寂しさの裏返しで、つい口うるさくなってしまうのです。

将来を見据えている

口うるさい彼女の心理として、将来を見据えているということがあげられます。

付き合っている時は恋愛を盛り上げるために、お互いの好きという気持ちがカップルにとって何よりも重要です。

相手の駄目なところも相手が好きだという気持ちがあれば、恋愛のスパイスになります。

しかし、そのような関係のままでいては、将来困ったことになります。

幸せに暮らしていくためには、仕事のこと、生活面、お金の使い方、健康管理などの様々な課題があるものです。

そのような恋愛とは関係のない生活面で駄目なところがある場合、好きだから何とかなるということはなく、やはり努力が必要になります。

そのため、このままではいけないという気持ちが強い彼女は、つい口うるさくなってしまうのです。

口うるさい彼女は、将来を見据えて長い時間を歩んでいこうと思っているために、相手へのダメだしや厳しい指摘が多くなってしまうのです。

不安のあらわれ

口うるさい彼女の心理として、不安のあらわれであることがあげられます。

普段から口うるさい人は、普通の人よりも神経質である傾向が強くなります。

これは人は何らかのストレスを強く感じていると、人は些細なことでも気になって心配になって神経質になるためです。

このために、普通の人は気にならないことがとても気になってしまうのです。

そういったタイプは、普段から精神的に追い詰められていることが多く、不安な気持ちを抱えています。

そのため、不安な気持ちが強くなっている彼女は、つい口うるさくなってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA