当たり障りのない人の特徴は?

当たり障りのない人の特徴は?

毎日様々な人と会話をしていると、「この人、当たり障りがない会話をするなあ」と感じる人に出会う事がありますよね。

そんな人と会話をしていると、何となく話が盛り上がらず、どこか味気なく感じてしまいます。

ある意味「掴み所のない性格をしている」とも言える「当たり障りのない人」には、一体どのような特徴があるのでしょうか。

当たり障りのない人の特徴

人間関係は広く浅く

まずこちらは、「人間関係は広く浅く持ちたい」という考えを持っているタイプです。

このタイプの人は、「狭く深く」という関係を苦手とし、どんな相手にも分け隔てない態度を取る事が最大の特徴です。

その為、特定の相手のみと深い仲になる事はほとんどなく、誰に対しても一定の距離を持つ事を忘れません。

そのような特徴があるからこそ、周囲からは「当たり障りがない」という印象を持たれ、時には「何を考えているか分からない」と言われてしまう事もあるのです。

平和主義

「関わる人とは出来るだけ良好な関係を築きたい」という平和主義な考えを持つ人は、他人との揉め事を嫌うあまり、あまり込み入った会話をしません。

このタイプの人は、「余計な発言をして相手を不快にしてしまったが最後、平和な日常はいとも簡単に崩れてしまう」という事をよく理解しているのです。

また、職場や学校などの集団生活においては、少しでも身の振り方を間違えると、瞬く間に面倒ごとに巻き込まれてしまいます。

そのような万が一のリスクを過剰に恐れている為、誰とも関係をこじらせぬよう、どんな相手にも当たり障りのない会話をするのです。

仕事とプライベートを切り分ける

こちらは、「仕事とプライベートは別物である」という価値観を持つタイプの人です。

このタイプの人は、「仕事は仕事」というしっかりした線引きをしている為、会社では素の自分を出す事は無く、あくまで別人格を装っています。

確かに、会社という集団組織では、面倒ごとを引き起こしてしまったが最後、その後の生活にも大きな影響を及ぼしてしまいますよね。

その為、会社では出来るだけ平穏な日常を求め、社内では誰に対しても当たり障りのない姿勢を貫くのです。

しかし、このタイプの人はプライベートでは一変、会社で抱くイメージとは全く違う性格を持ち合わせている事も特徴です。

他人との会話が苦手

こちらは、「そもそも他人との関わりを持つ事が苦手」というタイプの人です。

このタイプの人は、日頃から「出来れば誰とも話したくない」という考えを持ちながら生活している為、止むを得ず会話を求められる際には、自然と他人行儀になってしまいます。

そして、他人に対して「仲を深めよう」という感情を一切持っていない為、当たり障りの無い会話で手短に済ませようとするのです。

そんなある意味他人を遠ざける態度は、相手にもしっかりと伝わってしまう為、相手は「距離を置かれている気がする」「心を開いてくれない」と寂しく感じてしまいます。

言葉のボキャブラリーが少ない

こちらは、「面白い会話をしようという気はあるけれど、言葉が付いてこない」というタイプです。

このタイプの人は、周囲からは勘違いをされやすいものの、何か意図的な理由があって当たり障りのない態度を取っているわけではありません。

実は、そこには「言葉のボキャブラリーが少なすぎる」という壊滅的な短所があり、それゆえに会話に大きな支障をきたしているのです。

その為、人間関係においては基本的には聞き役に回る事が多く、自分からは積極的に言葉を発さない事が特徴です。

そして、「もっと深い会話をしなければ」という自覚こそあるものの、いざとなると相応しい言葉が出てこない為、非常に歯痒い生活を送っています。

人見知り

こちらは、何か特別な意識を持って当たり障りのない態度を取るのではなく、「人見知りすぎて何を話せばいいか分からない」というタイプです。

このタイプの人の場合、他人との関わりに対して極端な緊張感を持っている為、心を開いている相手でない限りは、落ち着いて会話をする事が出来ません。

その為、初対面の人や仲の浅い相手と会話をする際などには、その性格が最大限に露わになってしまい、「当たり障り事以外何も話せない」という状況に陥るのです。

ただ、このタイプの人の場合は、仲良くなった相手には心を開いた会話が出来る為、時間の経過と共に印象が変わっていく事も特徴です。

他人に興味がない

最後は、「他人に興味がないので、聞きたい事も話したい事もない」というタイプです。

このタイプの人は、そもそも他人に対して興味を持つ事が出来ず、「この人の事をもっと知りたい」という感情がありません。

その為、他人との会話の際も「もっと深い話がしたい」という気に一切ならない為、結果的に当たり障りのない会話を繰り返してしまうのです。

つまり、会話をしている相手に対して興味がわかないという事は、それだけ会話を繋がせる事も出来ず、話が盛り上がる事も一切ないという事です。

どんな相手との会話であっても、相手に振られる話題に対し「興味ない」「どうでもいい」と感じてしまう為、当たり障りのない返事以外が出来ません。

その為、 相手からすれば「私に興味無いんだろうな」「薄っぺらい会話しかしてくれないな」と気付いてしまう事も多く、時に人間関係にヒビを入れやすい性格であるとも言えます。