好き避けして後悔する瞬間とは|男女共通のあるある6選!

好き避けして後悔する瞬間とは|男女共通のあるある6選!

あなたは好き避けする癖を持っていないでしょうか。

好きな人と対峙すると緊張してしまったり、恥ずかしくなってしまって好き避けしてしまう気持ちはよく分かります。

しかし、その行動によって後悔することも少なくないのです。

「こんなことなら好き避けなんてしなければよかった」「もっと自然に接していればよかった」なんて後になって思いたくないですよね。

ここでは実際に好き避けによって後悔した瞬間をご紹介していきます。

ぜひこれを読んで反面教師にしてください。

好き避けとは|男女の特徴・LINE・職場や嫌い避けとの違いを解説!

好き避けして後悔する瞬間

他の人と付き合っていると勘違いされたとき

好き避けの一つとして、他の異性とわざと親しくしている姿を見せる、という行動があります。

これは好きな人にヤキモチを焼かせたい、自分のことを気にかけてほしい、という気持ちからくるものです。

ところが、やりすぎると実際に付き合っていると勘違いされてしまいます。

その人との恋愛を応援されてしまったり、自分のことを諦められたりする可能性が出てくるので、注意が必要です。

せっかく自分に気持ちが近づいていたのに一気に離れてしまうことがあるので、やり方には注意しましょう。

また、露骨に異性と親し気な態度をとると、異性にだらしない人だと思われることがあります。

その人の気を引きたいがために取った態度で、嫌われたら意味がありません。

相手の反応を期待して行っているのでしょうが、ほどほどにすることが大事です。

嫌っていると勘違いされたとき

目が合ってもサッとそらしたり、近くに座るのを避けたりする行動も、好き避けの一つです。

緊張したくない、自分の気持ちが知られそうで怖い、という心理からの行動で、シャイな性格をしている人に多く見られます。

こう態度をかわいいと思う人がいるかもしれませんが、人によっては失礼だと感じたり、嫌われていると勘違いすることがあります。

目を見て話をするのは社会人としての常識ですし、隣の席が空いているにもかかわらず、離れた席に座るのは不自然です。

あからさまに避けるような行動をとると、嫌われてしまう原因になってしまいます。

また、コミュニケーションがきちんと取れない人なのかな、と思われたり、変わった人だと不信感を抱かせてしまいます。

相手が繊細な人だったら傷ついてしまうケースもあるので、気をつけましょう。

マナーがない人だと思われたとき

相手からきたメールやラインの返信をしないのも好き避けでよく見られる態度です。

考えすぎてしまうのが、その原因。

嬉しいはずなのに、どんな内容を返事をしたらいいのか、どのタイミングで返信したらいいのか悩んでしまい、結局返事をせずに無視をした、という形になってしまうのです。

中には、相手に気に留めてもらうために、わざと返信をしない人もいます。

メッセージの内容にもよりますが、基本的に送られてきたものに返信しないのは、マナー違反です。

悪気がない行動であっても、マナーが欠如している人だと判断されてしまうかもしれません。

また、気を引こうとして冗談めかして相手のことを悪く言ったり、いじわるな言動をするのも、マナーを疑われる言動です。

好きになってもらえるどころか、自分の評価を落として悪い印象を抱かせることになるので、要注意です。

相手が寂しそうな表情をしたとき

何とも思っていない人が悲しんだり、寂しがっていたりしたとしても、特に気に求めずにいられるという人は多いでしょう。

特に気にも留めないからこそですが、それが好意を寄せている相手だった場合は、そうはいきません。

ついつい好き避けをしてしまった際、せっかく相手がコミュニケーションをとろうとしてくれている気持ちをないがしろにしてしまうため、相手が思わず悲しそうな、寂しそうな顔をしたとなれば、これはもう後悔せずにはいられません。

せっかく好きな人と仲良くするチャンスを、相手の方から作ってくれたきっかけを不意ににしてしまったことに対して後悔することももちろんですが、それ以上に「自分のわがままで相手を悲しませてしまっている」と感じられる状況になってしまうことが後悔の的でしょう。

直後に別の異性と親しげに接しているとき

自分とのコミュニケーションは好き避けによってすぐに終了してしまったとして、その直後に好意を寄せている相手が自分以外の異性と親しげにコミュニケーションをとっている瞬間を見かけてしまうと、何とも言えない後悔が押し寄せてきます。

「本当は自分もあなたと仲良くしたい」と思っているのに、「本当はもっと話したい」と思っているのに逆の態度で接してしまう、あまのじゃくな自分に対し嫌悪することもあるでしょう。

ただ、それで完結するのであればまだ気持ちが楽です。

相手が意図的に別の異性へ積極的にコミュニケーションを求めている可能性(自分からの興味をひくため)もあるでしょうが、自分以外の異性と仲良くしている光景を目の当たりにしたとき、「本当は自分がそうなっているはずなのに」と後悔してしまいます。

誰かに取られてしまったとき

好き避けをしてしまう理由は、いわゆる思春期の男にありがちなあれです。

好きな女の子に思わずちょっかいを出してみたり、わざと冷たく接してみたり、場合によってはいじめてみたりする男の子を見たことがある人は多いでしょう。

好きだからこそその人とコミュニケーションをとることに緊張してしまうだけです。

好きだからこそ自分に興味を向けてもらいたくて意地悪をしてしまうだけです。

しかし、ある程度大人になれば、「あまり好かれていない」と感じる相手には無理なコミュニケーションをとろうとは思わなくなってしまいます。

その結果、いつの間にか自分の好きな人が別の人と交際し始めてしまい、それを知ったときには強く後悔します。

あのときちゃんと話すことができていれば、あのとき無視しなければ・・・。

さまざまな後悔と自己嫌悪の念が込み上げてくるでしょう。

「好き避けして後悔する瞬間」に関連する記事

好き避けをやめたい人の対処法とは?6つの効果的な方法!