【診断】愛されキャラな男性の特徴や性格を徹底紹介!

【診断】愛されキャラな男性の特徴や性格を徹底紹介!

あなたの周りに「愛されキャラ」と定評のある人はいませんか?
また、自身が「愛されキャラ」と何度か言われ、なんとかく「いじられてる?」と不可解に思ったことはないでしょうか?
実際、「愛されキャラ」でいることは好かれているといえます。ただ、モテる人もいればモテない人もいるのも事実だとか・・。
そこで今回は、「愛されキャラ」をテーマに特徴・性格・モテない理由について深掘りします。
興味のある人は最後まで読んでみて下さいね。

診断!愛されキャラな男性の特徴

職場や趣味の集まりで「愛されキャラだよね」と人から言われて、嬉しいやら照れくさいやら…複雑な気持ちになったことはありませんか?
中年以降の男性でも「愛されキャラ」と思われることもあり、ますますどんな特徴なのか気になりますよね。
ここでは愛されキャラな男性の特徴を紹介します。

天然

たまに言い間違いや変わった発言をして周りを笑わせます。
例えば、商品名から映画のタイトル・人の名前を分かったつもりでサラッということや、
言い間違えてたことすら気がつかないこともあるでしょう。
「違うよ」と指摘されてようやく気が付くと、笑ってごまかし周りの人を和ませます。

よく笑う

笑顔が多いからか、目元に笑いジワや年齢が若くてもほうれい線がある顔つきが特徴です。
初対面の人に対しても笑顔で接するので、多少ドン臭くても愛されるので得な人です。
彼を見ていると、目から笑顔になっていていることが多く、作り笑い要素を感じさせません。

ファッションは高感度重視

ファッション雑誌のモデルのようなオシャレ感はなくても、身だしなみを整えようという意識のある人です。
髪や服装は清潔感があり、何気なくトレンドを入れることや可愛いアイテムを持っていることもあります。
「汚い」何かを持っていることもなく、爽やかな印象があります。

話し方が優しい

普段の話し方は、ソフトな口調で声はあまり大きい方ではありません。男性の中でも高めの声をしています。
声が小さくても、ゆっくりと話すので聞き取りにくいことはありません。丁寧に話すので安心感があり、どんな年齢の人からも受け入れられやすいでしょう。

励ましてくれる

悩んでいる人や落ち込んでいる人を、元気づける力がある人です。
普段は少し抜けていることもありますが、落ち込んでいる人には「無理しちゃだめ」「よく頑張っているね」と、励みになる言葉を投げかけます。
愛されキャラな男性は天性的に「優しい」ので、元気つけることも自然とできてしまうのでしょう。


愛されキャラな男性の性格

愛されキャラな男性の特徴を持つ人は、内面も人から愛されるキャラを持つようです。
内側がギスギスしていたら、どんなにイケメンでも愛されキャラとはほど遠いでしょう。
ここでは、みんなから愛される男性が持つ性格について分かりやすく解説します。

優しい

天性の優しさのある人です。
相手のことを思って指摘ができる人です。時に厳しい指摘も愛があるので、指摘された側はすんなり受け止めることができます。
また、暑いときに冷たい飲み物を差し出す・重い荷物は率先して持とうとすることから、相手のことを考えて動くので気遣い上手といえます。

協調性がある

社交的で周囲の人間関係を良好にできる人です。
個人よりチームワークを大事にしていて、協力・助け合いを積極的に行います。まずは相手の話しを聞いて理解してから発言をするので、むやみに人を傷つける言葉は発しません。
不平・不満があっても、周囲の人に悪口は言わないようにしています。

寛容

心が広く滅多に怒ることはしません。
嫌なことを言われても気にせず、反対に笑い飛ばす余裕もあります。物腰も柔らかく、小さな子供や女性にはゆったり構えてにこやかにいるでしょう。
小さなミスも、相手に悪気がないと分かれば責め立てるようなことはしません。

素直

素直な性格をしているので、思ったことをストレートに好意を伝えます。
一緒に食事をしていれば素直に「うまっ」と美味しそうに食べることや「髪型似合ってるよ」と直接褒めることもあります。
「ありがとう」「ごめん」がきちんと言える従順な面もあり「犬系男子」と呼ばれることもあります。

空気が読める

礼儀正しく、適度な距離感で人に接することができます。
年上の人には敬語を使う・年下の人には優しく話しかけ臨機応変に対応できます。「親しき中にも礼儀あり」という言葉を実践していることもあり、新しく出会った人で急に仲良くなったとしても、図々しく急接近しようとしません。相手との関係を大事にしているからこそ、相手を不快にさせないことをモットーにしています。


愛されキャラの男性は仕事ができる?できない?

愛されキャラな男性は、バリバリ船頭をきって働くといったイメージはありません。
だからといって仕事ができないとも言い難く、どちらかといえば、あまり怒られないことやみんなに可愛がられいる印象です。
なので、たとえ仕事ができなくてもどこか憎めないので得な人ですよね。
ここでは、仕事ができる愛されキャラな男性と仕事はできないけれど愛されキャラな男性とはどんな人なのか紹介します。

仕事ができる愛されキャラな男性

気配り上手

気配り上手な人は、仕事がしやすい環境を作るのが上手なので周囲の人をうまくサポートします。
気配り上手は一見仕事内容とは直結していませんが、上手にサポートできることで仕事の流れを滞ることなく勧めます。
野球でいえば、エラーをしても後ろで球を拾ってくれる外野選手のようです。

人の話しをよく聞く

仕事ができる人は相手の話をよく聞きます。そして、文章をしっかり読める人です。
新しい仕事・大事な用件・・すべて相手からの情報をきちんと聞いて・読んで理解しなければ、間違って解釈することも起こるでしょう。
人から好かれる人に「人の話しを聞く人」が挙げられることから、人の話しをよく聞く人は仕事ができる愛されキャラといえます。

分からないことをそのままにしない

知ったかぶりをせず、素直に分からないことは「分からない」と答えます。見栄っ張りで無駄にプライドが高いと、知らないことを恥と捉え聞こうとしません。
仕事のできる愛されキャラは、初歩的なことでも恥ずかしがらず質問や相談をするので仕事での基礎固めができます。
また、上司に報連相を欠かさず上手に頼るので、可愛がってもらえるのです。

仕事はできないけど愛されキャラな男性

自分から挨拶をする

誰とでも分け隔てなく自分から挨拶をするので、男女関係なく印象がいい人です。挨拶がきっかけで話すチャンスにもつながるので打ち解けやすくなります。愛されキャラな男性は笑顔で挨拶をするので、高感度が高いです。
高感度の高い人は少々仕事ができなくても、なぜか怒られることがないので羨ましいです。

頑張り屋さん

謙虚でめげず、頑張り屋さんの男性は仕事ができなくても嫌われることはありません。
腰が低く必死になんとかしようと頑張るので、周囲にいる人も何とかしようと手助けしてくれます。
簡単でも人が嫌がる仕事も、自分からやろうと動くことで一生懸命さが伝わるのです。

人懐っこい

ドジで失敗をしても、素直に人の懐に入っていく人懐っこい性格が愛されています。
ただ褒めるだけではなく、相手の様子をみて長所を見抜き具体的に褒めるので褒められた相手は嬉しくなります。
また、美味しいお菓子の差し入れをするので、職場の人からみるとポイントが高いのです。


愛されキャラな男性なのにモテない理由

愛されキャラといじられキャラは紙一重なところがあります。人気お笑い芸人には、このような人が多いですよね。
優しくて何でも話せるし、ぶっちゃけトークもできるノリのいい彼がなぜモテないのでしょう?
ここでは、愛されキャラな男性なのにモテない理由を紹介します。

優柔不断

謙虚なことはいいことですが、謙虚すぎると頼りがいがありません。いざ、デートをしても行きたい場所・食べたい物を言わず彼女の後にただついて回ります。
女性はときにはリードしてほしいので、毎回子供のようにくっついてくるだけでは物足りなさを感じます。

知的な感じがしない

小学生で習う歴史的人物やことわざなど、一般常識のない男性はイケメンでもドン引きされるかもしれません。
あまりに物を知らないと、「え?こんなことも知らないの?」と男性を下にみるようになります。あまりに物を知らないので、話もかみ合わず疲れさせてしまうかもしれません。

ただの凡人

女性は自分ができないことを簡単にできる「スゴイ」と思う男性に惹かれます。一般的に異性からモテる人は、他の人よりも秀でた魅力があるからモテるのです。
可愛いだけや誰とでも仲良くできる人だけでは、「いい人」ではあるけれど、モテるとまではいきません。

太っている

一般的に標準体重を大幅に超えている「太った人」は恋愛対象として見られにくいです。
もちろん、太めな体型が好みの人もいますがモテるかどうかは微妙なところでしょう。
デートしたい芸能人に太ったタレントが入らないことと同じで、太めの愛されキャラは人気があってもモテにくいといえます。

トーク不細工男子

人から愛されキャラと言われるのに実際モテない理由として、トークがつまらないことが原因です。
例えば、会話の途中で自慢話をする・否定癖がある人は話しをしても楽しくありません。一見、可愛げ男子だったとしても「トーク不細工」な面があると恋人にしたいと思いません。


愛されキャラで知られる男性芸能人

愛されキャラな男性芸能人は、CMでよく活躍されているといった特徴がありますよね。
ここで紹介する芸能人はみんないい笑顔をしているので「愛されキャラ=笑顔」であることが分かります。
ここでは、愛されキャラで知られる有名男性芸能人を紹介します。

明石家さんま

若い頃から現在まで、テレビに出続けているさんまさんは人気者の象徴といっても過言ではないでしょう。
いつも笑顔で軽いように見えても、深い言葉で人を励まします。
60歳を過ぎても、「さんまちゃん」と一般の人からの呼びかけにも明るく返事をし、いつまでも愛され続けられそうです。

相葉雅紀

嵐のメンバーである相葉雅紀さんは、ソフトな語りとチャーミングな笑顔が魅力です。
超大物タレントなのに、後輩風を吹かす謙虚な姿勢に人気が集まっています。
嵐休止後も人気は劣らず「優しそうで癒される」「性格が良さそう」と、人柄を支持する人が多く結婚しても人気が落ちることがない愛されキャラを持つ人です。

大橋和也

2021年にデビューした、なにわ男子のリーダー大橋和也さんが出演したドラマ・僕の可愛いはもうすぐ消費期限で演じた一ノ瀬役が「やや仕事ができない愛されキャラな男性」でした。
一ノ瀬は裏表のない人懐っこい性格・ミスをしても誠実に対応する仕事ぶりで先輩から可愛がられる存在です。実際の大橋さんも明るい笑顔で人の懐に入るのが上手なタイプなので、これからは「愛されキャラ代表」と成りえるでしょう。

田中圭

田中圭さんは、親しみやすい雰囲気で愛されキャラとして定評があります。
田中さん曰く「変に計算しないですし、裏表がないから付き合いやすいのでしょう」と、自身が愛されキャラと言われる理由を分析していました。
大きな声と大きなリアクションでコメディーセンスがあるのはもちろん、泣く・笑う・怒る・驚く演技はピカイチですよね。
変に気取らず、ありのままの姿でぶつかっている俳優魂と気さくなキャラが愛される理由なのでしょう。

出川哲朗

出川さんはかつて「抱かれたくないタレント1位」でした。しかし、近年では「愛されキャラ」として確立されています。
なぜなら、リアクション芸やとぼけたトークでお茶の間のアイドルとなり「ゆるキャラ」のようなイメージがついてきたからです。
出川さんは、陰口ではなく陰褒めをして共演者が「あなたのこと褒めてたよ」など陰口の反対のことをする優しい人のようです。


愛されキャラな男性は笑顔が多い

愛されキャラな男性は、みんなに笑顔・気さくな人柄・優しい・ちょっといじられることのある人気のある人です。

「ただのいじられキャラ」と悩む人は、愛されキャラな男性の性格を参考にして、少しずつ周囲と交流してみましょう。

「愛されキャラ」に変わることができます。

クールな人や表情が硬い人だって、笑うといい表情をしています。笑顔に自信がないと思うあなたも、少し口角を上げてみましょう。