浅い人間の特徴|浅い人との付き合い方や深い人間になる方法とは

浅い人間の特徴|浅い人との付き合い方や深い人間になる方法とは

この人は浅い人間だな。あなたの周りにそう感じられる人はいますか?何も考えていないような行動に、驚きと不満を抱くこともあるでしょう。浅い人間と深い人間は何が違うのか。浅い人間の特徴とは何なのか。

浅い人との付き合い方・対処、深い人間になる方法、浅い人間が苦手な理由も掘り下げています。ポイントをまとめたので、人間関係の参考にしてください。

関連記事はこちら▽
浅はかな人の行動や考え方の特徴|浅はかな人への対処法とは 浅はかな人の行動や考え方の特徴|浅はかな人への対処法とは

浅い人間と深い人間の違い

浅い人間と深い人間では決定的な違いがあります。もちろん見た目ではわかりません。身なりには個性が現れるため、ある程度の判断基準にはなりますが、できるだけ中身を精査してください。

では、何を持って判断すれば良いのか。それはその人に慎重さがあるかないかです。例えば何でもすぐに飛びつく。衝動を抑えられないのは浅い人間。物事を丁寧に考えるのは深い人間です。

浅い人間の特徴

浅い人間の特徴は5つあります。環境や場面によっては見抜けない場合もありますが、人の性格は根本的に変わりません。じっくりつき合うことで現れる本性もあるので、時間をかけて観察するのもおススメ。相手に惑わされないよう注意してください。

感情が前面に現れる

浅い人間は底が浅いので、自分の感情がすぐ前面に現れます。ここで泣いたらみんなが困る。ここで怒りをぶつけるわけにはいかない。そう考えることができないため、感情の流れに従って行動してしまいます。結果、社会人としてのマナーを守れないことがあるかもしれません。

目の前のことを疑わない

目の前の現実を疑わず、ありのままを受け入れる傾向があります。そのためあとから気づき、騙されたとわかることもあるでしょう。この人の態度の裏には何かある?目的は何だろう。冷静に考える工程を踏みません。「木を見て森を見ず」の状態で、全体を見通すことはないでしょう。

何度も同じ失敗を繰り返す

失敗を検証しない人が多く、何度も同じ間違いを起こします。なぜできなかったのか。どこに不具合があったのか。原因を探らず新しいことに挑戦し、似たような部分でつまずくのです。そこで過去を思い出すこともありますが、対策することが少ないので、同じことを繰り返します。

計画性がない

浅い人間は計画を立てません。思いついたら即実行。機動力はありますが、リスクを分散することに弱く、問題に直面してから次の方法を考えます。最初から複数のプランを用意することもなく、行き当たりの対応が多いでしょう。そのためスピード感はあっても、犠牲者が出ます。

本を読まない

浅い人間は衝動性が強く、じっと座って本を読むことが苦手です。静かで落ち着いた環境も得意とは言えず、どちらかと言えば賑わいのある場所を好みます。よほど好きな本でなければ読書はしないでしょう。仮に読んだとしても、文字がたくさん詰まった小説や専門書には手を出しません。

浅い人間のことが苦手な理由

浅い人間が苦手なのは、あなたの心にその人の短所が投影されるからでしょう。なぜ間違いに気づけないのか。もっと勉強すれば良いのに…。そんな感情を抱くことが関係あるかもしれません。そして厄介なことに本人は自覚できていません。

先を読まないことへの苛立ち

浅い人間は先を読んで行動しないので、他の人からすればその態度に苛立ちを覚えます。いくつかの選択肢を用意する。ダメだったときの別の道を考える。あらゆる結果を想定して行動しないことに、振り回されているような気持になるのかもしれません。子供のような浅知恵が許せなくなってくるのです。

浅はかすぎることへの警戒

思慮が浅い。深読みしないことで、自分がトラブルに巻き込まれる可能性もあります。そのため浅い人間に対しての警戒心が芽生え、どういう状況になるのか見定める必要もあるでしょう。あまりにも浅い考え方なので、それで本当に大丈夫なのかと不安を感じ、心の中で境界線を敷くような感覚です。

自分勝手な傲慢さ

「どうにかなるだろう」「やってみなければわからない」そんな空気を感じ、自分勝手な傲慢さに距離を置きたくなります。相手の立場で考えない。全体を調整しない。バランスを欠いたその行動によって被害を受ける人もいるため、わがままな考え方に嫌気が差すのでしょう。

感化されないようにとの不安

浅い人間は、時として他人を巻き込むことがあります。そのため感化されないよう、身構える気持ちが湧いたとしても不思議ではありません。「自分もそうなるのでは…」「あんな風にはなりたくない」そんな気持ちが働き、影響を受けるのではないかと不安視することがあります。

関連記事はこちら▽ 感化されやすい人の特徴|周りを感化させる方法とは? 感化されやすい人の特徴|周りを感化させる方法とは?

軸がないことへの否定

有名な人の意見にあおられる。あの人ができるなら自分にもできる。そんなニュアンスから、軸がぶれ、コロコロと意見や行動が変わります。そのため絶対に譲らないような軸もなく、信念を感じません。柔軟性はあっても客観性が薄く、信用性に関わることから、頼りにならないと判断します。

浅い人との付き合い方・対処法

浅い人とは付き合い方を考えましょう。どうしても避けられない人付合いは存在しますが、対処法され身に着けていれば、ある程度は防ぐことができます。もちろんすべて通用するとは限りませんが、覚えておくことで今後の役に立つでしょう。

まずは共感してあげる

まずは共感してあげましょう。「その考えは間違っている」「もっと他に考えるべきことがあるだろう」そう感じることが多いかもしれませんが、先に否定してしまうと相手も反発します。そのため考え直して欲しいことがあったとしても、「あなたの意見に賛成する」という意思を示しておきましょう。

1つ1つ誘導する

共感してあげることができたら、何をするべきか1つ1つ質問して誘導してください。例えば○○を買うとしましょう。それは何のために買うの?予算は?他に代替はないの?問い詰めるのではなく、どうすれば良い結果へたどり着けるのか、丁寧に答えを導いてあげる状態です。

求める結果を先に聞いておく

行動を起こす前に求める結果を聞いておきましょう。どんな結果を望んで行動するのか。どうしたいのか。聞いておくことで、失敗した時の代替案を考える余裕も生まれます。あなたの知らないところで問題を起されるより、目の前で失敗してくれたほうがまだ再生可能です。

とにかく近寄らない

関係性の薄い相手であれば、なるべく近寄らないでおきましょう。プライベートな話しをしない。自分の好みは伝えない。深入りしないことが、浅い人間に対する最も有効な方法です。できる限り接点を少なくし、自分に害が及ばないよう壁を作ってください。同じ種類の人間と思われてしまうと、何らかの誘いを受ける可能性があります。

表面上の関係にする

どうしても避けられないのであれば、表面的な付き合いだけに限定してください。例えば冠婚葬祭や親族の集まり、職場での歓送迎会など、社会人として出席を断れないケースです。必要以上に距離を置けば、明らかに不自然。最低限度の付き合いにし、それ以外は理由をつけて断りましょう。

浅い人間から深い人間になるには

深い人間に生まれ変わりたいなら、自分の人生と向き合うことが大切です。過去を振り返り、これまで何をしてきたのか。見つめ直す時間も必要でしょう。何をすれば浅い人間から抜けられるのか。どうすれば変われるのか。ポイントを確認してください。

自分の年表を作る

高校を卒業してくらいから、現時点までの自分年表を作りましょう。もちろん堅苦しいものでなくてもOK。どの時点で落ち込んだのか。どんなことで成功したのか。細かく思い出して書き込んでいけば、自分の傾向がつかめます。それを元に自分の弱点を探り、同じ間違いを起こさないよう注意してください。

将来の計画を立てる

自分が将来どうなりたいのか。どんな人生を望んでいるのか。しっかり考えておきましょう。いつも目の前の現実に対応するだけでは、目標には届きません。全体的な視点を持ち段取りを組むことで、ある程度の備えができます。計画どおりに進まなくても軌道修正し、どんどん書き換えていきましょう。

情報を集める

自分の主観に頼るのではなく、さまざまな情報を集めてください。物事は良い面もあれば、悪い面もあります。対極に立って考えることで、別の方法が見つかるかもしれません。それを現実にするためには幅広く情報を集め、自分以外の多くの意見を受け取りましょう。

何でも一呼吸おいて行動する

いきなりやってしまうのはなく、一呼吸置いて考えてください。すぐ行動に移すことが有効な場合もありますが、見切り発車は危険です。それは本当に必要なのか。他にできることはないのか。しっかり議論してから行動しても問題はないでしょう。リスク管理も含め、考えを突き詰めてください。

周囲の様子を伺う

自分だけで判断するのではなく、周囲の反応も確認しましょう。どんな状態なのか。方向性はどうなっているのか。視野を狭くしないことが大切です。自分が思うことと、他人が思い描くことの多くは違います。違うからこその状況を分析し、正しい選択ができるよう考えてください。

意識して深い人間になろう

浅い人間のままでも生きていけます。ただし、若い頃はそれで通用しても、年齢を重ねれば通用しなくなるかもしれません。「付き合いたくない」「関わりたない」そう思われる可能性もあるので、意識を変えて深い人間になるよう取り組みましょう。

自分をすべて否定する必要はないため、どうしても難しいようであれば無理はNG。また、浅い人間も悪気はないので、そういう人だと思って付き合うことも1つの手段です。

また、あなたは相手の心理や本音をちゃんと知っていますか?
もし知らなくて、無意識に好きな人の地雷や遠ざける一言を放ってるかもしれません。
まずはあなたの恋愛や結婚を掴む能力を診断してみましょう。

5分で超精密!今すぐ無料診断!【parcy’s診断】