血の気が多い人の特徴や性格|短気で血の気が多い人との付き合い方とは

血の気が多い人の特徴や性格|短気で血の気が多い人との付き合い方とは

あなたの周りには、「この人血の気が多いな」と思われる人はいますか。

血の気が多い人は常に血気盛んで、周囲の人に良くも悪くも影響を与える人が少なくありません。

今回はそんな血の気が多い人の特徴について、お伝えしていきます。

血の気が多い人の性格や血の気が多い人との付き合い方などについても触れていきますので、血の気が多い人が近くにいる人はぜひ参考にしてください。

血の気が多い人の特徴

血の気が多い人には「興奮しやすい」「すぐに熱くなる」などのようなイメージがありますが、血の気が多い人とは実際どのような特徴が見られるのでしょうか。

ここでは血の気が多い人の特徴について、解説していきます。

感情的である

血の気が多い人には、感情的であるという特徴が見られます。

特に血の気が多い女性に見られますが、このタイプは自分が気にいらなければ怒りを突出させて 激昂する傾向が強いです。

感情的に当たり散らし、人がいかなる迷惑を被ってもそれに気づかずに自分の意のままに言動を起こします。

関連記事はこちら▽ 感情的な人の特徴| 感情的にならない方法やコツとは 感情的な人の特徴| 感情的にならない方法やコツとは

気が短い

血の気が多い人には、気が短いという特徴も見られます。

血の気が多い女性、血の気が多い男性両方に見られがちですが、自分の意のままにならなければすぐに激昂するタイプです。

そのため周りは血の気が多い人に細心の注意を払って気を使い、怒らせないように努めることが少なくありません。

冷静に話ができない

血の気が多い人には、冷静に話ができないという特徴も見られがちです。

特に血の気が多い女性に多いですが、自分の意のままにならなければ怒りを周りにぶつけて当たり散らします。

怒っているときには冷静に話ができませんので、周りは怒りを鎮めるために「こちらが悪かった」と謝罪することが多いです。

負けず嫌い

血の気が多い人には、負けず嫌いという特徴も大いに見られます。

特に血の気が多い男性に見られがちですが、人と争っているときには自分が負けるはずはないと思っています。

そのため周りは血の気が多い人にわざと負けることも多く、本当の勝ち負けが成り立つことはほぼありません。

正義感が強い

血の気が多い人には、悪い特徴ばかりではありません。

正義感が強いという特徴も見られます。

喜怒哀楽が激しくとも自分の感情を正直にさらけ出し、「悪いことは悪い」と間違いを正そうとする気持ちが強いです。

その点から、「この人は信頼できる」と人の評判を得る人も少なくありません。

関連記事はこちら▽ 喜怒哀楽が激しい人の特徴|喜怒哀楽が激しい人が苦手な時の対処法とは 喜怒哀楽が激しい人の特徴|喜怒哀楽が激しい人が苦手な時の対処法とは

血の気が多い人の性格

血の気が多い人は気性が荒く、周りの人には付き合いづらさを感じさせることも少なくありません。

しかし実際に付き合ってみると、血の気が多い人には悪い面ばかりではないのです。

ここでは血の気が多い人の性格について、解説していきます。

すぐに興奮する

血の気が多い人は、すぐに興奮するという性格を持っている人が多いです。

自分の予期しないことが起こるとわずかな事でもすぐに興奮し、周りに当たり散らすことも少なくありません。

そのため周りは血の気が多い人の感情を鎮めることに手を焼き、困り果てる状況を招くことが多いです。

周囲の視線を気にする

血の気が多い人は、周囲の視線を気にする性格を持っている人も少なくありません。

本来自分の感情に任せて喜怒哀楽を表している血の気の多い人ですが、反面「人はこんな自分のことをどのように見ているのだろうか」と気になっているのです。

そのことから、周りに「面倒くさい」と嫌悪感を抱かれることもあります。

関連記事はこちら▽ 嫌悪感を感じる人の特徴や心理|嫌悪感を抱く相手との付き合い方とは 嫌悪感を感じる人の特徴や心理|嫌悪感を抱く相手との付き合い方とは

プライドが高い

血の気が多い人は、プライドが高いという性格を持ち合わせている人も多いです。

血の気が多い人には負けず嫌いの人が多いため、人に負けそうになると何が何でも勝とうとあらゆる手段を尽くします。

自分のことを認められたいという想いが強く、それが人に嫌悪感を抱かせることも少なくありません。

自己中心的

血の気が多い人には、自己中心的という性格を持ち合わせている人も少なくありません。

血の気が多い人は、自分の思いのまま事が運ぶことを望む傾向が強いです。

自分が考えた状態が望めなければ、自己が前面に出てイライラします。

そのため血の気が多い人は、わがままで自己中心的な状況を作り出すのです。

落ち着きがない

血の気が多い人には、落ち着きがないという性格を持ち合わせている人も多いです。

血の気が多い人は行動的で、じっとしていることができず、常に何か行動を起こしていなければなりません。

喜怒哀楽を抑えようともしない傾向が強いです。

そのため静かに物事を見つめて冷静に判断することができず、落ち着きがありません。

短気で血の気が多い人との付き合い方

血の気が多い人は悪い人ではありませんが、その性格から付き合いづらさを感じさせる面があります。

とはいえ無下にはできませんので、上手に付き合うことが大切です。

ここでは血の気が多い人との付き合い方について、解説していきます。

相手に主導権を取らせてあげる

血の気が多い人とは、相手に主導権を取らせてあげながら付き合うという方法があります。

血の気が多い人はわがままで自己中心的な人が多いです。

人の言うことを聞こうとしませんし、人に指示をされることを嫌がります。

そのためわざと相手に主導権を取らせてあげてみてください。

自分の意のままに事が動くことに満足して、血の気が多くても落ち着いていることでしょう。

相手の言動に怒らない

https://kirari-media.net/posts/6571
本当に傷ついても怒らない

血の気が多い人とは、相手の言動に怒らずに付き合うという方法もあります。

血の気が多い人は自分の気分で言動を起こすことが多いですが、それに対して嫌悪感を抱く人も少なくありません。

しかし相手が嫌悪感を抱くと血の気が多い人は、自分も怒りを感じてしまうのです。

そのため相手の言動に怒りを感じても、さらりと流してみましょう。

血の気が多い人は激昂することはありません。

冷静さを取り戻すように導く

血の気が多い人とは、冷静さを取り戻すように導きながら付き合うという方法もあります。

血の気が多い人は喜怒哀楽が激しく、血気盛んです。

それで周りは血の気が多い人の感情に振り回されることが多いです。

そのため相手の思いに同調して、冷静さを取り戻すように導いてあげましょう。

血の気が多い人が感情的に振る舞うことはなくなります。

その場から離れる

血の気が多い人とは、その場から離れながら付き合うという方法もあります。

血の気が多い人は、一度感情を爆発させてしまうとすぐに感情を抑えることを知りません。

いつまでも血気盛んに発言をして、周りに迷惑をかけることが多いです。

そのため血の気が多い人が感情的になったと思ったら、一度その場から離れてみましょう。

血の気の多い人は、誰もいないところで一人で感情的に振る舞うことはありません。

距離を取る

血の気が多い人とは、距離を取りながら付き合うという方法もあります。

血の気が多い人はすぐに感情的になり、周りを振り回す傾向が強いです。

しかしそれでは周りも疲れてきますし、ストレスもたまります。

そのため適度に距離を取りながら、なるべく関わらないようにしてみましょう。

嫌な思いをしなくてすみますし、ストレスが溜まることもありません。

血の気が多いと言われた人の改善方法

血の気が多い人は、自分で近寄りがたさを醸し出していることに気付いていることでしょう。

そのため自分を冷静に見つめて、今の状況を改善することが大切です。

そこでここでは、血の気が多いと言われた人の改善方法をご紹介していきます。

落ち着く

血の気が多いと言われた人は、まず落ち着くという改善方法を取ることをおススメします。

血の気が多くなると気分が激昂してきて、周りに迷惑をかけていようが関係なく自分の感情のまま振る舞う傾向が強いです。

そのためイラっとしたらいったん深呼吸をして、落ち着くように心がけてみましょう。

感情的になった自分を抑えることが可能です。

勝ち負けを意識しない

血の気が多いと言われた人は、勝ち負けを意識しないようにする改善方法を取ることをおススメします。

血の気が多い人は人との勝ち負けが関わってくると、相手に負けたくない一心で必死になり感情的になる傾向が強いです。

そのためできる限り、人との勝ち負けを意識しないように心がけてみましょう。

自分を取り戻し、感情的にならずにすみます。

執着心を持たない

血の気が多いと言われた人は、執着心を持たないようにする改善方法を取ることをおススメします。

血の気が多い人は物事に執着すると、「〇〇を人に取られたくない」「〇〇で人に負けたくない」という心理が働く傾向が強いです。

そのため自分が「これだ」と思っても、物事に執着しないように心がけましょう。

相手のことを考えて、静かに物事を見つめることが可能になります。

人の気持ちを考える

血の気が多いと言われた人は、人の気持ちを考えるようにする改善方法を取ることをおススメします。

血の気が多い人は、わがままで自己中心的に物事を考えるため人に迷惑をかける人が多いです。

そのため自分の感情を優先させるよりも、人の気持ちを考えることを優先するように心がけましょう。

相手への優しさが出て、自分の感情を抑えることになります。

ストレスをためない

血の気が多いと言われた人は、精神的なストレスをためないという改善方法を取ることをおススメします。

血の気が多いとそれでなくてもイライラすることが少なくありませんが、そこにストレスがたまると、より一層感情を抑えることができなくなる傾向が強いです。

そのためあえて、自分の好きな事をして精神的ストレスをためないようにすることを心がけましょう。

気分が良くなり、激昂することがなくなる可能性が高いです。

心穏やかに日々を過ごしましょう

血の気が多い人の特徴や、血の気が多い人の性格、血の気が多い人との付き合い方などについてお伝えしてきました。

血の気が多い人は人情家な面もあり、決して悪い面ばかりを持ち合わせているわけではありません。

しかし血の気が多い人がいることで、周りが振り回されることも多いです。

そのためなるべく穏やかに、落ち着いて日々を過ごすように心がけましょう。

精神的に楽になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA