男性の告白してるのと同じサインとは?男性の遠回しの告白の仕方を紹介!

男性の告白してるのと同じサインとは?男性の遠回しの告白の仕方を紹介!

気になる女性に「好きです」とはっきり告白するのではなく、告白するのと同等のサインを出し関係を進展させようとする男性は少なくありません。
今回は、そんな男性の告白してるのと同じサインについて深掘りしていきます。
また、男性の告白してるのと同じサインを感じたらどうすべきか?その対処法も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

男性が告白を決意するときとは

男性は、どんなタイミングで好きな女性に「告白しよう」と決意するのでしょうか?
それは、「絶対付き合える」という確信が持てた時や、ライバルの存在を感じた時など…人によって様々なのです。
では、男性が告白を決意するときをいくつか紹介していきます。

両思いだと分かった時

男性が告白を決意する最も典型的なタイミングは、好きな女性と両思いだと分かった時です。
振られて傷つく心配がないと分かると、迷わず告白に踏み切ることができるのでしょう。
逆に確実に両思いだと分かっているのに告白待ちしてしまうほど慎重な男性は、かなり少数派だと言えます。

本気になった時

男性は「この人と絶対付き合いたい」と思うくらい好きな女性に本気になった時、脈ありか脈なしか分からなくても告白します。
何としてでも相手を振り向かせたいと思うと、何もせずにはいられなくなるのでしょう。
元々恋愛に消極的で受け身な男性であっても、本気で好きな女性に出会えた時には、意外とすぐ告白する傾向があります。

何となく良いムードになった時

好きな女性と食事やデートをしている最中、何となく良いムードになった時に「告白しよう」と決意する男性も多いです。
特に恋愛経験が豊富なタイプの男性は、2人の間に流れるいい感じの空気感をすぐに察知するので、「今告白すべき」という適切なタイミングで思いを伝えることができます。

他の男性の影を感じた時

好きな女性が他の男性と仲良くしていたり、「いい感じの人がいるらしい」という噂が流れてくると、居てもたってもいられなくなって告白を決意する…そのようなケースも少なくありません。
男性は独占欲が強いので、好きな女性から他の男性の影を感じると慌ててしまうのでしょう。

寂しくて孤独感が強い時

恋人と別れたばかりの時や、仕事で落ち込むことがあった時など、寂しくて孤独感が強い時に女性に「告白しよう」と決意することもあるでしょう。
ただこの場合は、相手のことを本気で好きとは限りません。
寂しさが強すぎて、「優しくしてくれる女性なら誰でもいい」そんな感覚に陥って告白している可能性が非常に高いです。


男性の告白してるのと同じサイン

男性は様々な方法で、女性に「あなたのことが好きです」と伝えています。
そんな好意のサインを、何となく感じたことがあるという女性は少なくないでしょう。
ここでは、男性の告白してるのと同じサインを紹介していきます。

毎日連絡する

恋人同士なら毎日連絡を取り合うのは、ごく当たり前のことでしょう。
付き合ってもないのに彼氏かのように毎日あなたにLINEや電話をしてくるのは、告白しているも同然です。「親密な関係になりたい」と強く望んでいるのでしょう。
興味のない女性に毎日連絡しようと思う男性は、確実に存在しません。

頻繁にデートに誘う

あなたのことを頻繁にデートに誘うのも、ほぼ告白であると言えます。
あなたへの好意を隠すつもりはさらさらないし、何なら「自分の気持ちに気づいて欲しい」と相手は望んでいるのでしょう。
デートを重ねて自分の良さをアピールし、そのうちちゃんと告白しようと考えているのです。

手を繋ぐなど触れようとする

他愛もない会話をしている時に、手を繋ぐなど触れようとする…これも、男性の告白してるのと同じサインと言えます。
過度なボディタッチをする男性は、かなり恋愛に積極的なタイプです。
女性がボディタッチに弱くときめきを感じると分かっているから、隙あらば触れようとするのです。

無言で見つめる

会話している時に男性から無言でじっと見つめられると、女性はドキドキしてしまうでしょう。ドキドキするのは、相手が視線であなたに「好きだよ」と告白してきてることが伝わってくるからなのです。
また、あなたを見つめる時間が長ければ長いほど、男性の本気度は高いと言えます。

嫉妬心をあらわにする

あなたが他の男性と仲良くしていたら拗ねたり、「何喋ってたの?」と問い詰めてくる…これは、あなたと他の男性の関係に嫉妬している証拠です。
また、そのように嫉妬心をあらわにするのは、告白してるのと同等のあなたへの好意のサインなのです。
好きな気持ちが強すぎて、恋人同士でもないのに嫉妬心をぶつけてしまうのでしょう。


わかりにくい!男性の遠回しの告白の仕方

先に紹介した告白してるのと同じサインは、どれもわかりやすいものばかりです。
しかし人によっては、女性が「え?これが好意のサインだったの?」と思うようなわかりにくい告白の仕方をする男性も存在します。
ここでは、男性の遠回しの告白の仕方を紹介していきます。

下の名前で呼ぶ

さりげなく下の名前で呼び、遠回しに好きアピールした気になっている男性は非常に多いです。
確かに下の名前で呼ぶのは特別感の感じられる行為ですが、それだけで「もしかして好かれてる?」と思う女性はほとんどいないでしょう。
しかし恋愛経験が少ない男性・ピュアな男性にとっては、かなりわかりやすいアピールに属しているのです。

プレゼントを渡す

好きな女性にプレゼントを渡して、好意を伝えた気になっている男性も少なくはありません。
職場で他の人より多く差し入れを渡したり、中には誕生日などに高額なプレゼントを渡す男性もいます。
女性が好意に気づくこともありますが、あまりにも頻繁にプレゼントを渡されると「何か怖い…」と思ってしまうでしょう。

困っている時にフォローする

男性の遠回しな告白として、好きな女性が困っている時に率先してフォローするというものも挙げられます。
好きな女性が仕事で何か困っている様子の時や、悩んでいるように見える時、手助けすることで自分の気持ちをアピールします。
しかし、それが好意のサインだと気づく女性は意外と少なく、いい人止まりで終わってしまうケースがほとんどでしょう。

好みのタイプであることをアピールする

好きな女性と恋愛の話題になった時、相手が自分にとって好みのタイプであることをアピールする…これも、男性がやりがちな遠回しのアプローチの1つです。
相手が言う好みのタイプの女性の特徴がバッチリあなたに該当する場合は、遠回しに好きアピールされてるということです。
面と向かって「好みのタイプなんだよね」と言われても、それが告白だと捉えない女性は多いでしょう。しかし、男性にとっては告白したも同然なのです。

休みの日の予定を聞く

男性が女性に休みの日の予定を聞くのは、他愛のない質問ではありません。
プライベートな話題に踏み込むことで、遠回しに好意をアピールした気になっているのです。
また、「今度の休み何するの?」と頻繁に聞いて、彼氏の有無を確認したり、デートに誘うタイミングを探っているとも考えられます。


好意に気づいてほしい男性の行動

好きな女性に自分の気持ちに気づいてほしい時の男性の行動には、様々なものが挙げられます。
男性は恋をすると、自分の存在をアピールすることに必死になるのでしょう。
ここでは、好意に気づいてほしい男性の行動を紹介していきます。

遠くからでも視線を送る

好意に気づいてほしい時、男性は遠くからでも好きな女性に視線を送ります。
たとえ相手と距離が離れていても、姿が見えたら目が合うまでずっと見つめ続けます。
また、積極的な男性の場合は、目が合った時にニコッと微笑むなど何かしらのアクションを起こし相手をドキドキさせようとするのです。

目の前をウロウロする

自分の気持ちに気づいてほしくて、好きな女性の目の前をウロウロする…そんな男性はとても多いです。
自分の存在をアピールして、好きな女性に少しでも興味を持ってもらおうと企んでいるのでしょう。
また、「話しかけてくれないかな」と期待しているとも考えられます。

頻繁に褒める

好意に気づいてほしい時、男性は「可愛いね」「今日も綺麗」などと頻繁に褒めます。
女性は男性から褒められすぎると、「何か裏がある?」「下心があるのかも…」と疑ってしまうでしょう。確かに中にはそんな男性も存在します。
しかし、普段から誠実で優しい男性からの褒め言葉は、間違いなく好意のサインなのです。

他の女性より優しく接する

男性は好きな女性に自分の気持ちをアピールするために、他の女性と比べて明らかに優しく接します。
自ら特別扱いをして他の女性と差をつけるのは、好意のサインだけでなく「気に入られたい」という気持ちの表れでもあります。
しかし、この行動は時に他の女性から「贔屓してる」とブーイングを受けることもあるのです。特に、男性側が上司・女性側が部下という場合には、ただの贔屓に見えても仕方ありません。

積極的に話しかける

自分の好意に気づいてほしい男性がとる典型的な行動として、自ら好きな女性に積極的に話しかけるというものも挙げられます。
好きな女性と恋人関係に発展するには、しっかりとコミュニケーションをとることが大切だと考えている男性にとって、積極的に話しかけるのはごく当たり前のことなのです。


男性の告白してるのと同じサインを感じたらどうするべき?

「もしかしてこれって告白…?」男性からそう感じるようなサインを感じた時、どう対応すべきかと悩んでしまうでしょう。
そこで、ここでは男性の告白してるのと同じサインを感じたらどうするべきかを「嬉しい場合」「嫌な場合」以上の2つのケース別に解説していきます。

嬉しい場合

常に笑顔で接する

男性から告白してるのと同等のサインを出された時、あなたがその気持ちに応えたいなら、常に笑顔で彼に接することを心掛けましょう。
いつでも笑顔で接することで、彼はあなたに「受け入れられた」「好かれてる」と感じます。
そのようにあなたが自分の気持ちを表情や態度で示せば、彼の方からちゃんと告白してくれる可能性は上がるでしょう。

何かしてくれた時は「ありがとう」を欠かさない

あなたのために彼が何かしてくれた時は、「ありがとう」の言葉を欠かさず伝えるようにしてください。この時、しっかりと笑顔を見せることも重要です。
あなたに感謝されることが彼の自信に繋がり、更に積極的なアプローチを仕掛けてくるようになるでしょう。
そうなれば、関係が進展するのに時間はかかりません。

自分からも積極的に声をかけたり連絡する

好きな男性からの告白してるのと同じサインを感じた時は、ただ彼のアプローチを待っているだけでなく、あなたからも行動を起こしましょう。
自分から積極的に声をかけたり、LINEや電話で連絡をとってください。
そうすることで、スムーズに親密な関係になることができます。

ボディタッチを増やす

会話中にボディタッチを増やして、あなたの気持ちを彼にアピールするのも効果的です。
あなたに触れられることが多くなったら、彼は「絶対付き合える」と確信し、ちゃんと告白しようと考え始めるでしょう。
ただ、あまりにも激しくボディタッチしすぎると「軽い女」と誤解されてしまう危険性があるので、そこだけは注意が必要です。

デートに誘われたら絶対にOKする

デートに誘われた場合は、絶対にOKすることを心掛けてください。
好きな男性からデートに誘われた時、駆け引きのつもりで「また今度ね」などと言ってしまう女性は少なくないでしょう。
しかし、告白と同等の気持ちでデートに誘う男性にとっては、誘いを断られることは「あなたとは付き合えない」と振られたも同然なのです。
こころよくOKしなければ関係が進展することなく終わってしまう危険性があるので、注意してください


嫌な場合

近づいてきたら避ける

男性の告白してるのと同じサインを感じた時、あなたが相手のことを受け入れられないのなら、徹底的に避けることが最重要です。
彼が近づいてきたらあからさまに避けて、「あなたには興味がない」ということをアピールしましょう。
声をかけてきた時毎回しっかりと相手をしていたら、相手を勘違いさせてしまう危険性があります。

基本的に連絡には応じない

頻繁にLINEや電話をしてきて好意をアピールしてくる…この場合、ちゃんと対応する必要はありません。基本的には連絡に応じないようにしましょう。
もちろん業務連絡などにはしっかりと対応すべきですが、それ以外の他愛のない話題は全てスルーして問題ありません。
それを続ければあなたの気持ちがちゃんと相手に伝わり、いずれは諦めてくれるでしょう。

気にかけてくれた時は突き放す

いつも何かとフォローしてくれたり、「大丈夫?」と気にかけてくれるのは、とてもありがたいことではあるでしょう。
しかし、あなたが彼に何の興味も持てないなら、気にかけてくれた時は突き放すことがポイントです。
彼は大きなショックを受けてしまいますが、何でもかんでも「ありがとう」と受け入れていては、あなたの意思は伝わりません。

他に好きな人がいることを伝える

好きではない男性から告白してるのと同じサインを感じたら、「あなたは恋愛対象ではない」ということをしっかりアピールすることが大切です。
他に好きな人がいることを伝えれば、大抵の男性は諦めてくれます。
もしあなたに特定の相手がいなくても、架空の「好きな人」「彼氏」を作り出してしまいましょう。

身近な人に相談してみる

興味のない男性からの好きアピールに困り果てているのであれば、1人で悩まずに身近な人に相談しましょう。
あなたがいくら自分の意思を表してもなかなか諦めてくれない男性は、今後ストーカー化してしまう危険性があります。
職場であれば信頼できる上司・プライベートでの関係であれば共通の友人に相談してみてください。
本人に注意してくれたり、あなたの身を守ってくれるなど、何かしらの協力をしてくれることが期待できます。


男性は様々な場面で告白してるのと同じサインを出している

面と向かって「好きです」と告白するのは、男女問わず誰にとっても勇気を必要とすることです。告白は躊躇してしまうけど、その代わり男性は様々な場面で告白してるのと同じサインを出しているのです。
もし気になる彼から「好きアピールをされてる」と感じたなら、あなたからも積極的に好意を示していきましょう。そうすれば、確実に恋は実ります。