好きな人を褒めない男性心理とは?他の人は褒めるのに自分だけ褒められない時の対処法!

好きな人を褒めない男性心理とは?他の人は褒めるのに自分だけ褒められない時の対処法!

挨拶代わりに相手を褒める褒め上手な男性もいますが、中には人を褒めることがなかなかない褒め下手な男性もいます。褒め下手な男性は、好きな人に対しても褒めない傾向にあります。

男性が褒めないのにはいくつかの理由があります。今回はそんな好きな人を褒めない男性について紹介していきます。好きな人を褒めない心理から男性の性格、褒められるためにできることなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

好きな人を褒めない男性の心理

多くの男性は好きな人を褒めて自分の気持ちをアピールしようとします。褒めることで印象を良くすることができるので、良いアピール方法になるからです。

しかし好きな人を褒めない男性は、それを捨ててでも褒めることをしません。なぜなのでしょう。ここでは好きな人を褒めない男性の心理を紹介します。

照れている

好きな人を褒めないのは、自分の気持ちを相手に伝えることを恥ずかしく思うからです。関係性が深ければ深いほど、褒めることに照れが入ってしまいます。

褒めた後にどんな表情で顔を合わせれば良いのか、どんな話をすればよいのかわからなくなってしまいます。

褒めるのが苦手

褒めるという行為を自然に行う男性もいますが、多くの人は苦手に感じています。特に好きな人相手だと、どう褒めたら良いのかがわからなくなってしまうのです。

また好きな人を褒めることで、相手に自分の気持ちがバレてしまうのではないか、アピールになってしまうのではないかと考え、褒めることができなくなってしまうのです。

言わなくても伝わっていると思っている

本命なのに褒めないのは、言わなくても自分の気持ちは伝わっていると勘違いしているからです。付き合いが長ければ長いほど、長く一緒にいるのだから魅力的に感じていると分かるだろうと、わざわざ口にしようとしません。

自分たちの関係ならば、褒めなくても大丈夫だろうと思っているのでしょう。

付き合いが深いからこそ

男らしくいたい

今は割と男性が思いを伝えるのは普通になってきましたが、日本の男性は女性に感情表現するのは男らしくないと思っている傾向にあります。好きな人を褒める姿はへらへらしていて頼りない、男らしさに欠けると考えているのでしょう。

変なことは言えない

好きな人相手だからこそ軽々しく褒めることはできないと思っています。外見を褒めるなら見て感じたことを口にすればよいですが、内面となれば相手をしっかり知り理解したうえで褒めなければいけません。

適当に褒めていると思われたくないと思っている男性は褒めることが少ないと言えるでしょう。


好きな人を褒めない男性の性格

好きな人を褒めない男性はどのような性格をしていると思いますか?好きな人を褒めないのは性格が関係している場合があります。

ここでは好きな人を褒めない男性の性格を紹介します。ぜひ参考に、あなたの周りの褒めない男性に当てはまるかを見比べてみましょう。

プライドが高い

好きな人を褒めない男性は、プライドの高い性格をしています。プライドが高く誰よりも自分の方が上だと考えているような男性は、好きな人だけでなく誰に対しても褒めることはありません。

相手を褒めてしまえば、自分の負けを認めてしまっていると感じてしまうのでしょう。

無口

無口で大人しい性格の男性に、好きな人を褒めない特徴が見られます。無口で口下手な男性はどのような言葉で相手の良いところを褒めてよいのかが分からず、好きな人の良いところをたくさん知っていても褒めることができません。

本人も褒めたいと思っているのに褒められないので、もどかしさを感じている可能性があります。

恥ずかしがりや

恥ずかしがりやな性格なので好きな人を褒めることができないのです。褒めるということだけでなく、話しかけるということすらもハードルが高いと感じてる可能性もあります。

褒めることは相手に対してのアピールになることもあるので、恥ずかしがり屋な男性にとって、気軽にできることではないのです。

自信家

自信家な男性は、目標とするレベルが人より高いと言えます。好きな人に対しても高いレベルを求めるので、ちょっとのことでは褒めてもらえません。

全く人を褒めない人ということではありませんが、めったに褒めないので相手を不安にさせることがあります。

ネガティブ

自分が褒めるのは失礼に当たるのではないかと不安になってしまい、好きな人を褒めることができないのがネガティブな男性です。本当は好きな人の良いところをいっぱい知っていますし、良いところを伝えたいと思っています。

しかし伝えた後のことを考えてしまうと、なかなか行動に移せないのです。


他の人は褒めるのに自分だけ褒められない時の対処法

他の人は褒めるのに自分のことは褒めてくれないと分かった時、なんとも言えない悲しい気持ちになるでしょう。それと共に悔しさも感じるのではないでしょうか。

他の人は褒められているのに自分は褒められない時には、あなたならどうしますか?ここでは自分だけ褒められない時の対処法を紹介します。

客観的に見る

褒められないのは何かしら理由があるはずです。なぜ褒められないのかを確認してみましょう。

自分の行動を客観的に見るようにし、原因を見つけ直すように心がけてみることで、褒めたい相手になれると言えます。

第三者に聞く

自分の行動や普段の姿は、自分では分からないものです。褒めてくれないとへそを曲げてしまう前に、客観的に見てくれる第三者に何が原因なのかを聞いてみましょう。

今までは分からなかった新たな自分自身を発見できるかもしれません。また自分だけで問題を抱え込まないので短期間で解決に繋がる可能性も高いです。

本人に聞く

なぜ他の人はほめて自分は褒めてくれないのか、直接本人に聞いてみましょう。何か思いや考えがあって褒めてくれないのかもしれません。

聞くときには怒り口調は避け、冗談を交えながら聞くと場の空気やその後の関係性を悪くせずに済みます。

褒めてとお願いする

褒めて欲しいのに褒めてくれないということであれば、褒めてとストレートに伝えてみるのも良い対処法と言えます。「褒めてくれないから寂しい」「褒めてくれたら嬉しい」など、感情も一緒に伝えると相手に伝わりやすいです。

諦める

人は簡単には変われません。またどんなに褒められる人になろうと努力しても、報われない時もあります。悩みすぎて辛くなってしまうのであれば、諦めるのも対処法の一つでしょう。

人には必ず一つは良いところがあります。それを見出してくれる人と付き合っていけばよいのです。

思わず男性が褒めたくなる女性になるには

男性から褒められたいと思っている女性は多いでしょう。どのような女性が褒められるのかが分からなければ、褒めたくなる女性にはなれません。

ここでは思わず男性が褒めたくなる女性になるための方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

一生懸命取り組む

どんなことに対しても真面目に努力を続けている人を見ると褒めたくなる男性は多いです。そんなところまで見ていないだろうと思うことも、意外と男性は見ています。

仕事・趣味・遊び、何でも良いのです。完璧ではなくても諦めずに頑張り、一生懸命な姿を見せてみましょう。

笑顔を心がける

眉間にしわを寄せて険しい顔をしている人に、褒めようと思えません。それどころか声を掛けることさえもためらってしまいます。

笑顔はとても魅力的に見えるので、笑顔で接するように心がけると良いと言えます。また笑顔を心がけ話しかけやすい雰囲気を作りましょう。

自分磨きをする

自分磨きをすることで魅力をアップさせることに繋がります。それは相手が褒めたいと思うカ所を増やすことにもなるのです。

あなたが褒められたいのは、内面と外見どちらですか?内面・外見どちらでも良いので、自分を魅力的にするための努力をしましょう。

素直になる

褒めているのに変に勘ぐったり素直に受け止めない人を、受け入れてくれるまで根気よく褒めてくれる男性はいません。多くの男性は面倒に感じ褒めるのをやめてしまうでしょう。

男性が褒めてくれるのを素直に聞き、素直に喜んで見せるのが大切です。

自分に厳しくする

自分に厳しくできる人は、男女関係なく尊敬できます。ついつい他人に厳しく自分に甘くなってしまいがちだからです。

甘くなりそうになるのをグッと我慢して、厳しくすることを意識しましょう。


自分磨きで思わず褒めたくなる人を目指しましょう

「褒めることが苦手」「自分が上だと思っている」「恥ずかしくて褒められない」など、褒めない理由は人それぞれです。あなたに褒めたいと思うカ所が全くないというわけではありません。

しかし男性にとっては、褒めるための一歩を踏み出すほどではないのかもしれません。人に褒められることは、嬉しいことですしモチベーションを高めることにも繋がります。

自分磨きをしっかりして、男性が思わず褒めたくなる人を目指してみましょう。