いないところで褒める男性心理とは?陰で褒める男性の好意のサインを紹介!

いないところで褒める男性心理とは?陰で褒める男性の好意のサインを紹介!

いないところで褒める男性について紹介します。

あなたの周りにも、いないところで褒める男性はいませんか。

直接ではなく、わざわざいないところで褒めるのはなぜなのか気になりますよね。

ここでは、いないところで褒める男性心理や好意のサイン、脈なしサインなどについて詳しく見ていきたいと思います。

また、いないところで褒めたくなる男性の特徴についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

いないところで褒める男性心理

まずは、いないところで褒める男性心理について紹介します。

直接ではなく、本人のいないところで褒めるのは、一体なぜなのでしょうか。

どうせなら直接褒めてくれたらいいのに…と思うものですが、わざわざいないところで褒める男性心理には、以下のようなものが挙げられます。

恥ずかしい

いないところで褒める男性心理には、恥ずかしいというものが挙げられます。

いないところで褒める男性は、本当は直接褒めたいと思っているものの、恥ずかしくてそれができません。

だからこそ、本人がいないところで褒めておき、自分が褒めていたことを誰かの口からその人本人に伝わればいいな、と思っているのです。

自分が特別だとアピールしたい

いないところで褒める男性心理には、自分が特別だとアピールしたいというものが挙げられます。

いないところで褒める男性は、その場にいる男性たちに「自分は彼女のことをこんなに知っている」ことをアピールしたくてたまりません。

他の人が知らないようなプライベートなことを褒めるのであれば、自分は特別だという気持ちがより強いと言えるでしょう。

話のきっかけがほしい

いないところで褒める男性心理には、話のきっかけがほしいというものが挙げられます。

沈黙が苦手な男性などは、その場にいる男性たちとの共通の話題として、その場にいない女性を褒めることもあります。

褒めるのが同じ職場の女性であるなら、周りとの共通の話題として名前を出したに過ぎません。

周りの人の評価が知りたい

いないところで褒める男性心理には、周りの人の評価が知りたいというものが挙げられます。

自分がいいなと思っている女性を、周りの人はどう思ってるのかが知りたくてあえていないところで褒める男性もいるでしょう。

自分からその女性のことを褒めてみて、周りも褒めるかどうかを試しているのです。

好きなことを周りに知ってほしい

いないところで褒める男性心理には、好きなことを周りに知ってほしいというものが挙げられます。

いないところで褒める男性は、周りの男性に自分がその女性に好意があること、好きなことをアピールし、牽制していることもあります。

「自分はこの人のことが好きだから、お前たちは手を出すな」ということを、さりげなく伝えているのです。


陰で褒める男性の好意のサイン

続いて、陰で褒める男性の好意のサインについて紹介します。

本人のいないところで褒める男性があなたに好意を持っている場合、どんなサインが現れるのでしょうか。

直接褒めることはなく、褒めるときには本人がいないところでする男性の好意のサインは、こちらです。

話すとき名前を呼ぶ

陰で褒める男性の好意のサインには、話すときに名前を呼ぶことが挙げられます。

いないところで褒める男性があなたに好意がある場合、あなたを呼ぶときに名前を呼ぶようになります。

名前を呼ばなくてもあなたを呼んでることが分かるような場面で名前を呼ぶのは、あなたに好意や親近感を持ってほしいという気持ちの現れです。

恥ずかしそうにしている

陰で褒める男性の好意のサインには、恥ずかしそうにしていることが挙げられます。

陰で褒める男性があなたに好意がある場合、いないところで褒めるときにも恥ずかしそうにしていることが多くなります。

周りの人にあなたのことが好きなことがバレたくないため、堂々と褒めることができません。

それゆえ、恥ずかしそうにしていることが多くなるでしょう。

周りが褒めると嬉しそう

陰で褒める男性の好意のサインには、周りが褒めると嬉しそうであることが挙げられます。

自分が褒めた女性のことを、周りの人も同意して一緒になって褒めてくれたとき、嬉しそうにしているのは好意がある証拠です。

好きな人を褒められると、何となく自分のことを褒められたように感じるのかもしれませんね。

よく目が合う

陰で褒める男性の好意のサインには、よく目が合うことが挙げられます。

陰で褒める男性とよく目が合うなと感じるのなら、日頃からあなたのことを見ている証拠。

目が合うということは、それだけお互いに見ているということですからね。

そのため、目が合う回数が多ければ多いほど、好意があると言えるのです。

情報を得ようとしている

陰で褒める男性の好意のサインには、情報を得ようとしていることが挙げられます。

陰で褒める男性は、その人を褒めることで新たな情報を得ようとしていることも少なくありません。

自分の知らない情報にやたら食いついてくるなど、新たな情報を得ようとしているな、と感じるのであれば、好意があると言えるでしょう。


陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサイン

ではここで、陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサインについて紹介します。

「褒める」というのはアプローチ、脈ありサインの1つと捉えることが多いものの、陰で褒める男性は脈なしであることも多いです。

陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサインには以下のようなものがあるので、しっかり見極めていきましょう。

周りに合わせてるだけ

陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサインには、周りに合わせてるだけであることが挙げられます。

いくら褒めてくれていても、それが「周りが褒めているから同調している」だけであるなら、周りとの輪を乱さないようにしているに過ぎません。

この場合は好意があるとはいえず、脈なしだと言えるでしょう。

自分から話題にしない

陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサインには、自分から話題にしないことが挙げられます。

その女性のことを自分から話題にしているのなら脈ありな可能性もありますが、自分から話題にせず、周りがしている話に乗っかっているだけなら脈なしと言わざるを得ません。

好きな人であれば、自分から話題にしてしまうものですからね。

返事が適当

陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサインには、返事が適当であることが挙げられます。

たとえ褒めているとしても、返事が適当な場合は興味があるとは言えません。

たとえば、周りの男性が「○○さんっていいよね」と言ったとき、適当に「そうだね」と返すだけであるなら、厳密に褒めているとも言い難いもの。

また、直接話してるときの返事が適当なのも、脈なしサインの1つです。

褒めても興味がなさそう

陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサインには、褒めても興味がなさそうであることが挙げられます。

たとえ褒めているとしても、相手の女性に興味がなさそうな素振りをしているのであれば、脈ありとは言えません。

好きな人には興味があるのが普通なので、どれだけいないところで褒めていたとしても、興味がなさそうであれば脈なしなのです。

愛想笑いのみ

陰で褒めてくれるけど脈なしな男性のサインには、愛想笑いのみであることが挙げられます。

陰で褒めてくれる男性と話しているとき、彼の笑顔が愛想笑いだなと感じるのであれば、それが現実なのでしょう。

あなたは「愛想笑いをするような相手」であり、それ以上でも以下でもありません。

残念ですが、脈なしと見た方がいいですね。


いないところでつい褒めたくなる女性の特徴

最後に、いないところでつい褒めたくなる女性の特徴について紹介します。

男性は、すべての女性を褒めたくなるわけではありません。

男性が、本人がいないところで褒めたくなる女性には、以下のような特徴があります。

詳しく見ていきましょう。

協調性がある

いないところでつい褒めたくなる女性の特徴には、協調性があることが挙げられます。

いないところでつい褒めたくなる女性は、協調性があって周りの空気を和ませてくれる雰囲気を持つ人でもあります。

集団生活をする上で、協調性というのは必要不可欠。

だからこそ、いかなる場面でも協調性のある女性は褒めたくなるのでしょう。

努力している

いないところでつい褒めたくなる女性の特徴には、努力していることが挙げられます。

見えないところで努力を重ねている女性のことは、つい褒めたくなるという人も多いのではないでしょうか。

努力しているところをたまたま見てしまったら、本人がいないところで褒めたくてたまらなくなるものです。

いつも明るく前向き

いないところでつい褒めたくなる女性の特徴には、いつも明るく前向きであることが挙げられます。

女性の笑顔に癒されるという男性は多いですが、特にいつも明るく前向きな女性であれば、いないところで「あの子いいよね」と言われるもの。

いつも明るく前向きな女性は、一緒にいると自分まで明るい気持ちになれますね。

あきらめない

いないところでつい褒めたくなる女性の特徴には、諦めないことが挙げられます。

努力していることと似ていますが、困難なことがあっても諦めずに最後までやり遂げられる女性は、男性からの支持も高いもの。

諦めない人には結果がついてきますから、諦めない人は良い意味で目立つのです。

仕事ができる

いないところでつい褒めたくなる女性の特徴には、仕事ができることが挙げられます。

いないところで褒めたくなる女性は、十中八九仕事ができます。

言われたことだけでなく、先読み力もあるため周りからも「仕事ができる人」というふうに見えていることでしょう。

仕事ができる女性は、本人がいないところでも話題に上がりやすいものです。


まとめ:いないところで褒める男性心理を見極めよう

いないところで褒める男性の心理や好意のサイン、脈なしサイン、そしていないところで褒めたくなる女性の特徴について、紹介しました。

いないところで褒める男性は、その女性に好意がある場合もあれば、好意は全くない場合もあるので、その心理はしっかりと見極めていかなくてはなりません。

自分と話すときや関わるときの態度などをじっくり観察し、いないところで褒める男性が脈ありかどうかを判断していきましょう。