「いつでも頼ってほしい」と言う男性心理と脈あり・脈なしサインを徹底紹介!

「いつでも頼ってほしい」と言う男性心理と脈あり・脈なしサインを徹底紹介!

あなたに対し、「何かあったら頼ってね」と言ってくる人もいますよね。

頼りになるなぁと思う反面、なんで私に言うんだろう?と思うこともあるでしょう。

ここでは、自分に対して「いつでも頼ってほしい」と言ってくる男性心理について見ていきたいと思います。

また、脈ありサインや脈なしサイン、返事の仕方についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

「いつでも頼ってほしい」と言う男性心理

職場の男性などが、「いつでも頼ってね」「なんでも聞いてね」と言ってくることがありますよね。

自分のことが好きだからそう言ってくるのか、誰にでも言ってくるのか、その理由についても気になるところ。

いつでも頼ってほしいと言う男性は、あなたに好意がある場合と単なる自己満足の場合とがあるようです。

凄いと思われたい

あなたは、自分が困ったときに誰かを頼る場合、誰を頼りますか?

それは間違いなく、自分の悩みを解決してくれる人や尊敬できる人ですよね。

人から頼られるということは、少なくともその人からは「凄い人」だと思われているということ。

あなたに「いつでも頼って」と言ってくるのは、自分のことを凄い人だと思ってほしいからかもしれません。

あなたのことが心配

職場の上司などがあなたに「いつでも頼っていいんだよ」などと声をかけてくるのは、単純にあなたのことを気にしているのでしょう。

あなたのことが心配で、たまらないのです。

あなたが失敗ばかりしていて目が離せないタイプ、もしくは頑張り屋で弱さを見せないタイプのどちらかである場合、この心理になることが多いでしょう。

自尊心を満たしたい

男性の中には、人から頼りにされることで自分の存在意義を見いだすタイプの人もいます。

自分で自分の良さが分からず、他人からの評価が全てになっているのです。

こういう男性は、女性から頼られたり必要とされることで、自分の価値を客観的に見ようとしているのでしょう。

自尊心を満たしたい一心なので、相手はあなたではなくても構いません。

できることを自慢したい

人から頼られるということは、自分がその人よりも仕事でもなんでもできていなければなりません。

あなたも、自分よりも仕事のできない人に頼ったりはしないでしょう?

「いつでも頼ってほしい」という言葉には、「俺はキミよりもできるから」という言葉が隠されているのです。

単なる社交辞令

職場の上司が部下であるあなたに「いつでも頼って」と言ってくるのは、実は深い意味が無いことも多いです。

先輩として、上司として、あくまでも社交辞令の一環として言ってきたに過ぎません。

本音では頼ってほしいとは全く思っておらず、その場限りの言葉であることも少なくないでしょう。


どんな人?頼られたいと思う男性の特徴・性格

全ての男性が、女性に対して「頼ってね」と声をかけてくるわけではありません。

いったいどんな男性が、女性に頼って欲しいと言ってくるのでしょうか。

頼られたい気持ちが強い男性は、基本的に承認欲求が強く、自分に自信があることが多いです。

承認欲求が強い

人から頼られるということは、即ち周りから認められるということ。

つまり、他人から頼られたいと思う男性は、承認欲求が強いタイプだと言えるでしょう。

人から頼りにされることで、自分の存在意義を確認し、自分は必要とされていると思いたいのです。

自分に対し、自信が無い人とも言えるかもしれません。

自信がある

頼られたい気持ちの強い男性は、逆に自分に対して絶対的な自信を持っていることも多いです。

承認欲求の強い人は自信がないことも多いのですが、自信があるからこそ「自分を頼って」と周りにアピールする人もいるわけです。

同世代よりも仕事ができる人などであるなら、自信過剰になっている可能性も高いでしょう。

人を見下す

周りから頼られたいと強く思っている人の中には、無意識的に他人を見下している人もいます。

自分では見下しているつもりはなくても、心のどこかで「この人は自分より仕事ができない」などと思っているのでしょう。

自分の方ができるから自分を頼ってほしい、と言っているわけですからね。


「いつでも頼ってほしい」と言ってくる男性は脈あり?脈なし?

さて、男性から「いつでも頼ってね」と声をかけられたら、なんとなく私のことが好きなのかな?と思ってしまいますよね。

確かに、あなたのことが好きだから声をかけてくることもありますが、そうではないこともあるため注意が必要です。

「いつでも頼ってほしい」と言う男性の脈ありサイン

親身になってくれる

いつでも頼ってと言ってきた男性を実際に頼ってみたとき、男性はどんな対応をしてくれましたか?

あなたのことが好きで、少しでも力になりたいと思ってくれているのなら、あなたが相談などをしたとき、自分のことを頼ってくれたとき、親身になって話を聞いてくれるはずです。

茶化したりすることなく、話を聞いてくれるのなら脈ありだと言えるでしょう。

真剣な眼差し

あなたに話しかけてくるときの視線や表情からも、脈ありかどうかを判断することができます。

好きな人に声をかけるとき、いつでも頼ってと言うときには、真剣な眼差しになるのが普通です。

なぜなら、好きな人には「頼りになるかっこいい人」だと思われたいから。

いつもとは違う真剣さが伝わってくるときも、脈ありの可能性が高いですよ。

違いに気づく

元々男性は女性よりも視野が狭く、小さな違いには気づかないことが多いです。

しかしながら、好きな人のことは普段から気にして見ているため、ちょっとした変化にも気づくもの。

あなたの見た目の変化や内面の変化などに気づいてくれるのであれば、あなたに好意を持っていると言えるでしょう。


「いつでも頼ってほしい」と言う男性の脈なしサイン

誰にでも言う

男性が「いつでも頼って」という相手は、あなただけですか?

それとも、他の人にも同じように言っていますか?

後者であるなら、あなただけが特別ということではないため、脈ありということはできません。

誰でもいいから頼られたい、もしくは口癖になっているだけなのでしょう。

言ったことを忘れている

あなたが、前に「いつでも頼ってほしい」と男性に言われたため、悩みができたときに彼を頼ったとします。

そのとき、男性が「え、なんで俺?」など、自分から頼ってほしいと言ったことを忘れているとしたら、脈なしなのは明確です。

好きな人に言った言葉というのは忘れませんから、自分から言ったことを忘れてしまうのは、深い意味もなく言っていたという証拠でしょう。

相談しても返事が適当

あなたが実際に相談したとき、男性はどんな風に話を聞いていますか?

突拍子もないことを言ってきたり、的外れなアドバイスをしてくるなど、返事が曖昧だったり適当だったりするのは、自己満足のために「いつでも頼って」と言っていた証拠。

頼られることで満足するので、実際に真剣に話を聞く気もなければ、アドバイスのできる器でもないのです。


男性から「いつでも頼ってほしい」と言われた時の返事の仕方

職場の男性などからいつでも頼ってと言われると、どう答えていいか悩んでしまいますよね。

素直に受け取って良いのか、そうではないのかを見極めるのも、なかなか難しいもの。

あなたが相手の男性のことをどう思ってるのかによっても対応の仕方は変わってくるので、まずは自分の気持ちを明確にしておきましょう。

男性に対して好意がある場合

ありがとうと笑顔で言う

好きな人がいつでも頼ってと言ってくれたら、素直に嬉しいですよね。

相手の真意は分からなくても、あなたが嬉しいと思ったのであれば、その気持ちはきちんと伝えるべきだと言えるでしょう。

笑顔で「ありがとう」「何かあったら相談させてもらうね」と言うのが一番ですよ。

○○くんがいると心強い

自分がいいなと思っている人から「いつでも頼ってほしい」と言われたのなら、好きな人の自尊心を満たすような返事をするのもGood。

たとえば、「○○くんがいてくれるって思うと心強いな」など、相手の男性をいかに信頼しているかをアピールしてみるのも良いですね。

好きな人から、好印象を持たれやすい返事の仕方です。

頼りにしてるね

好きな人がいつでも頼ってと言ってきたのですから、積極的に相手を頼ってみるのもおすすめの返事の仕方だと言えます。

その場では、「頼りにしてるね」と返し、そこまで日にちが経たないうちに実際に相手の男性を頼ってみましょう。

そうすることで、彼があなたのことをどう思っているのかも分かるかもしれません。


男性に対して好意がない場合

ありがとうございます

好意のない男性から「いつでも頼って」と言われても、正直なところ「頼ることはないな」と思いますよね。

それでも、相手が職場の人などであるなら、とりあえずお礼を言っておくのが正解です。

愛想笑いで構わないので、にっこり笑いながら「ありがとうございます」とだけ伝えておきましょう。

何かあったらお願いします

あなたに「いつでも頼って」と言ってくる男性の大半は、仕事関連の付き合いのある人だと思われます。

仕事上の付き合いがある以上、きつい言い方をすることはできません。

いつでも頼ってと言われたら、「何かあったらお願いします」「そのときは相談させてもらいますね」などと言い、会釈してやり過ごしてしまいましょう。

わかりました

好意のない男性に「いつでも頼ってほしい」と言われたときには、とりあえず返事をしておけばOKです。

実際に頼るか頼らないかはあなた次第ですし、もしものときに誰を頼るかを決めるのは、あなたですからね。

「わかりました」と笑顔で返事だけしておき、実際には頼らなければ済む話ですよ。


まとめ:いつでも頼ってと言う男性の本心を見極めよう

女性に対して「いつでも頼って」と言ってくる男性は、人に頼られることで自尊心を満たしたい、必要とされてると思いたいと感じていることも少なくありません。

もちろんあなたのことが好きだからということもあるのですが、「いつでも頼って」という言葉だけで判断するのは難しいもの。

普段の態度や言動なども考慮しながら、いつでも頼ってと言う男性の本心を見極めていきましょう。