字を褒める男性心理とは?字を褒めてくる男性の脈ありサインを紹介!

字を褒めてくる男性心理とは?字を褒めてくる男性の脈ありサインを紹介!

字を褒める男性について、紹介します。

あなたの周りにも、字を褒める男性はいませんか。

パソコンやスマホでのやり取りが主流となり、手書きの文字を見る機会が減った今だからこそ、字を褒められるとドキッとするもの。

ここでは、字を褒める男性の心理や字が綺麗な女性の特徴、字が綺麗な女性に対する男性心理、脈ありサイン、脈なしサインの他、字を褒められたときの上手な返し方についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

字を褒めてくる男性の心理

まずは、字を褒めてくる男性の心理について紹介します。

あえて字を褒めてくる男性は、一体どんなことを考えているのでしょうか。

なんで字を褒めるんだろう?と思う人もいると思うので、字を褒めてくる男性心理を詳しく見ていきましょう。

キレイで感動した

字を褒めてくる男性の心理には、キレイで感動したというものが挙げられます。

「字を褒める」心理として圧倒的に多いのが、素直に字がキレイで感動した、というもの。

デジタル化が進み、直筆の文字を見る機会が少なくなったからこそ、「キレイな文字」は目に入るのかもしれません。

好意を伝えたい

字を褒めてくる男性の心理には、好意を伝えたいというものが挙げられます。

字を褒めてくるのは、男性からの好意のサインかもしれません。

相手の女性に対して好意があるものの、はっきりとそれを伝える勇気がないからこそ、字を褒めるのです。

このタイプの男性にとって、外見などを褒めるよりは難易度が低いのかもしれません。

話すきっかけがほしい

字を褒めてくる男性の心理には、話すきっかけがほしいというものが挙げられます。

相手の女性と話したいものの、何を話せばいいのか分からない…ということもありますよね。

唐突に話したい衝動を抑えられず、思わず「字が綺麗ですね」と褒めるのかもしれません。

ギャップに驚いた

字を褒めてくる男性の心理には、ギャップに驚いたというものが挙げられます。

この後の項目でも紹介しますが、字が綺麗な女性に対するイメージとかけ離れた女性の字が綺麗だと、そのギャップに驚くもの。

失礼かもしれませんが、「え、この子ってこんなに字が綺麗なの?意外!」という気持ちから、咄嗟に字を褒めてくるのです。

他に褒めるところがなかった

字を褒めてくる男性の心理には、他に褒めるところがなかったというものが挙げられます。

たとえばお見合いなどの初デートで女性と会ったとき、見た目や内面などに褒める要素が見つからない…というとき、思わず字を褒める男性というのもいます。

この場合、半ば強引に褒めるところを見つけているので、あまり字が綺麗とは言えない人にも字が綺麗と言うこともあるでしょう。


字が綺麗な女性の特徴

続いて、字が綺麗な女性の特徴について紹介します。

最近では直筆の文字を見ることも少なくなりましたが、字が綺麗な女性もいます。

字が綺麗な女性は素敵だなと思いますが、字が綺麗な女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

姿勢が良い

字が綺麗な女性の特徴には、姿勢が良いことが挙げられます。

綺麗な字を書くためには、姿勢が良いことは必要不可欠。

猫背になっていたり、うつむいているようなことはありません。

姿勢が良くて堂々としている女性ほど、字が綺麗な人が多いと言えるでしょう。

落ち着きがある

字が綺麗な女性の特徴には、落ち着きがあることが挙げられます。

いつも急いでいて慌ただしい人は、字も汚いことが多いですよね。

逆に落ち着きがある人は、文字も丁寧に書くことができるので、綺麗なのです。

落ち着いて物事に取り組める女性ほど、字が綺麗だと言えるでしょう。

思いやりがある

字が綺麗な女性の特徴には、思いやりがあることが挙げられます。

綺麗な字を書く人というのは、読む人のことを思いやれる人でもあります。

相手の気持ちを考えられる人、思いやりのある人だからこそ、いつも綺麗な字を書くことができるのでしょう。

品がある

字が綺麗な女性の特徴には、品があることが挙げられます。

全ての人に当てはまるとは限りませんが、字が綺麗な女性は品がある人であることが多いです。

上品さを兼ね備えており、言葉遣いなども丁寧なことが多いでしょう。

品がある女性は教養があり、育ちが良いことも多いです。

習字などをしていた

字が綺麗な女性の特徴には、習字などをしていたことが挙げられます。

字が綺麗な女性は、子供の頃から習字を習っていたり、大人になってからボールペン字講座を習うなど、積極的に美文字の練習をしています。

大人になってから始めた人は、自分磨きの1つとして始めたことも多く、自分磨きにも手を抜くことがありません。


字が綺麗な女性に対する男性心理

続いて、字が綺麗な女性に対する男性心理を見ていきたいと思います。

付箋のメモなど、ちょっとしたときに文字を見ることもありますよね。

メモの文字が綺麗だと良い印象を抱くものですが、男性は字が綺麗な女性に対して以下のような心理を抱くことが多いようです。

育ちが良さそう

字が綺麗な女性に対する男性心理には、育ちが良さそうというものが挙げられます。

綺麗な字を書く女性に対して、男性はお嬢様のようなイメージを持つことも少なくありません。

小さい頃からしっかり躾をされてきた、というイメージもあり、育ちが良さそうだな、と感じるのでしょうね。

礼儀正しそう

字が綺麗な女性に対する男性心理には、礼儀正しそうというものが挙げられます。

字が綺麗な女性は礼儀やマナーがしっかりしている、というイメージを持つ男性も多いです。

人前に出たときに恥ずかしくない、という印象から、礼儀正しい女性だというイメージを持つ男性が多いのかもしれませんね。

知識や教養がありそう

字が綺麗な女性に対する男性心理には、知識や教養がありそうというものが挙げられます。

字が綺麗な人って、頭が良さそうなイメージがありませんか?

子供の頃にそう感じた人も多いと思いますが、大人になってからもそのイメージを持ち続けている人も少なくありません。

字が綺麗な女性は、それだけで知識や教養がありそうな感じがするのです。

繊細なイメージ

字が綺麗な女性に対する男性心理には、繊細なイメージがあるというものが挙げられます。

字が綺麗な女性は、動作がゆったりしているなど、礼儀正しいイメージを持つ人が多いです。

また、繊細で儚げなイメージを持つ男性も多いと言えるでしょう。

字が綺麗で丁寧だからこそ、繊細そうなイメージを持つのでしょうね。

落ち着きがあって上品そう

字が綺麗な女性に対する男性心理には、落ち着きがあって上品そうというものが挙げられます。

常に慌ててバタバタしている人には、綺麗な字は書けません。

つまり、字が綺麗な人は落ち着きがある、ということ。

落ち着きがあって動作が丁寧であるため、上品な女性というイメージもあるでしょう。


字を褒めてくる男性の脈ありサイン

ではここで、字を褒めてくる男性の脈ありサインについて紹介します。

「字を褒める」ことだけでは、脈ありかどうかは分かりません。

字を褒めてくる男性のうち、以下のようなサインが見られる場合は脈ありの可能性が高いと言えるでしょう。

褒めるとき照れている

字を褒めてくる男性の脈ありサインには、褒めるとき照れていることが挙げられます。

あなたの外見などではなく字を褒めてくるとしても、そのとき照れたり恥ずかしそうにしているときは、脈ありの可能性が高いです。

好きな人のことを褒めるときは、どこを褒める場合であっても緊張してしまいますからね。

他のことも褒める

字を褒めてくる男性の脈ありサインには、他のことも褒めることが挙げられます。

字を褒めてくる男性が、「字が綺麗」以外のことでも褒めてくる場合は、脈ありの可能性大。

基本的に相手を褒めるというのは、相手に対する好意がなければ行いません。

字が綺麗だけでは他意はないということもありますが、他のことも褒めるのならあなたに好意があるのは間違いないでしょう。

いつも近くにいる

字を褒めてくる男性の脈ありサインには、いつも近くにいることが挙げられます。

字を褒めてくる男性が、気づくといつも近くにいるな、と感じるのであれば、意識してあなたのそばにいるのでしょう。

人は、好きな人のそばにいたいと思うものなので、無意識に距離が近くなってしまうのです。

よく見ている

字を褒めてくる男性の脈ありサインには、よく見ていることが挙げられます。

字を褒めてくる男性が自分のことをよく見ているのであれば、それも立派な脈ありサイン。

相手をよく見るのは、その人に興味があるからですよね。

興味が無い人のことは見ないので、よく見ているのは少なからずあなたに興味があるという証拠です。

デートに誘う

字を褒めてくる男性の脈ありサインには、デートに誘うことが挙げられます。

たとえば食事など、2人で出かけようとデートに誘ってくるのは、これ以上ないレベルの脈ありサイン。

嫌いな人と、わざわざ2人で出かけようとは思わないでしょう?

デートに誘われたのなら、脈ありと見て間違いないと思います。


字を褒めてくるけど脈なしな男性のサイン

続いて、字を褒めてくるけど脈なしな男性のサインについて紹介します。

字を褒められたものの、脈なしというケースも残念ながら存在します。

素直に字が綺麗だと思った、他に褒めるところがなかったなど理由は様々ですが、以下のサインは脈なしと言えるので、覚えておきましょう。

話しかけてこない

字を褒めてくるけど脈なしな男性のサインには、話しかけてこないことが挙げられます。

字を褒めてくれるものの、彼の方から話しかけてこないのであれば脈ありとは言えません。

ただし、恥ずかしくて話しかけられないという場合もありますので、話しかけてこないことに加え、目が合わない、視界に入らないなどの特徴があるなら、脈なしと言えるでしょう。

目が合わない

字を褒めてくるけど脈なしな男性のサインには、目が合わないことが挙げられます。

先程も触れましたが、人は、好きな人のことは自然と目で追ってしまうもの。

つまり、無意識的に好きな人のことを見てしまうのです。

脈なしの場合、彼はあなたのことを目で追うことはありませんから、目が合うこともないでしょう。

会話が発展しない

字を褒めてくるけど脈なしな男性のサインには、会話が発展しないことが挙げられます。

好きな人であれば、字を褒めたことをきっかけに少しでも会話を膨らませようとするもの。

会話を続けようという意思が伝わるものですが、脈なしの場合はそもそも「会話をしたい」という気持ちがありません。

上辺ばかり褒める

字を褒めてくるけど脈なしな男性のサインには、上辺ばかり褒めることが挙げられます。

字を褒めてくることに加え、他のことも褒めてくれるとしても、その内容が上辺ばかりであるなら脈ありとは言えません。

かわいいね、スタイルがいいね、その服似合ってるね、などの褒め言葉は、誰にでも使えるもの。

下心はあっても、本気ではないでしょう。

素を見せようとしない

字を褒めてくるけど脈なしな男性のサインには、素を見せようとしないことが挙げられます。

ヤリモクなどであなたをその気にさせようとしている男性の場合、色々な角度からあなたを褒めたり好きなものを聞いたりするものの、自分のことは話しません。

自分のプライベートは曖昧な返事をし、素を見せようとしないのは「素を知られたら面倒」だと思っているからだと言えるでしょう。


字を褒められた時の上手な返し方

最後に、字を褒められたときの上手な返し方について紹介します。

字が綺麗と男性から褒められたら、何て返したらいいのか悩んでしまう、ということもあるでしょう。

普段褒められることに慣れていないのであれば、尚更ですよね。

字を褒められたときの返し方は、こちらを参考にしてみてください。

素直にお礼を言う

字を褒められたときの上手な返し方には、素直にお礼を言うことが挙げられます。

相手に恋愛的な好意があるかどうかに関わらず、褒められたのですから素直にお礼を言うのがマナーですよね。

字が綺麗と言われたら、まずは「ありがとうございます」とにっこり笑ってお礼を言いましょう。

細かいところまで見てくれるんですね

字を褒められたときの上手な返し方には、細かいところまで見てくれるんですね、というものが挙げられます。

男性から字を褒められたときには、お礼を言うと同時に「細かいところまで見てくれるんですね」と言えるとGood。

あなたに好意がある場合、こんなふうに言われたら照れて動揺してしまうことでしょう。

○○さんに言われると嬉しい

字を褒められたときの上手な返し方には、○○さんに言われると嬉しい、というものが挙げられます。

字を褒めてくれた男性が好きな人であるなら、すかさず「○○さんに言われると嬉しい
」と好意を匂わせましょう。

こちらに好意があることを匂わせれば、今後の相手の出方も変わってくるはずです。

字だけは自信あるんですよ

字を褒められたときの上手な返し方には、字だけは自信あるんですよ、と言うことが挙げられます。

褒められたときに謙遜したくなるのが日本人ですが、謙遜するというのは褒めてくれた人に対して失礼にあたることもあります。

そんなときは、「字だけは」と言う言い方をしましょう。

にっこり笑って言うと、より印象を良くすることができますよ。

昔からよく褒められてました笑

字を褒められたときの上手な返し方には、昔からよく褒められてました、と言うことが挙げられます。

もし、習字などを習っていて美文字に自信があるのなら、冗談半分で「昔からよく褒められてました!笑」と言ってみましょう。

親しい間柄であれば、ここから会話が膨らんでいくはずです。


まとめ:字を褒める男性の本心を見極めよう

字を褒める男性の心理や字が綺麗な女性の特徴、字が綺麗な女性に対する男性心理、字を褒める男性の脈ありサイン、脈なしサイン、そして字を褒められたときの上手な返し方について紹介しました。

字を書く機会が減ったからこそ、字を褒められる機会も少なくなりました。

だからこそ、字を褒められるとドキッとしてしまいますね。

ただ、「字を褒める」という行為は素直に褒めているだけで他意はないということも多いので、男性心理の見極めは慎重に行うことをおすすめします。