敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理と脈ありサインを紹介!

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理と脈ありサインを紹介!

敬語とタメ口混じりの女性について、紹介します。

あなたの周りにも、敬語とタメ口混じりの女性はいませんか。

年下女性から敬語とタメ口混じりで話されると、ちょっとドキッとしてしまいますよね。

ここでは、敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理やかわいいと思う男性心理、敬語とタメ口混じりの女性の脈ありサイン、脈なしサインについて見ていきたいと思います。

また、タメ口から敬語になる女性心理についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理

まずは、敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理について紹介します。

敬語とタメ口混じりになる年下女性は、一体どんなことを考えているのでしょうか。

敬語とタメ口混じりになる女性の心理を、職場編、LINE編、2人のとき編、それぞれについて見ていきましょう。

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理【職場編】

手伝ってほしい

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、職場編には、手伝ってほしいというものが挙げられます。

敬語とタメ口が混ざっていると、どこか親しげな雰囲気がありますよね。

そういう親しげな雰囲気を出して、女性はあなたに仕事を手伝ってもらおうと思っているのかもしれません。

かわいく見られたい

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、職場編には、かわいく見られたいというものが挙げられます。

敬語とタメ口が混ざっていて、いつも笑顔でいる女性は愛嬌があってかわいい、と思う男性も多いことでしょう。

それを知っているからこそ、年下女性は自分のことをかわいいと思ってほしくて、あえて敬語とタメ口を混ぜているのです。

心を開いている

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、職場編には、心を開いているというものが挙げられます。

職場の年上男性に対して敬語とタメ口が混ざるのは、相手に対して心を開いている証拠。

そして、そのことを相手の男性にも知ってほしくて、あえて敬語とタメ口を混ぜて話しているのかもしれません。

友達のような感覚

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、職場編には、友達のような感覚だというものが挙げられます。

敬語とタメ口混じりになる年下女性は、単純にあなたのことを先輩や上司ではなく、気の合う友達のように感じているのかもしれません。

とはいえ、先輩であることもちゃんと分かってはいるので、敬語とタメ口が混ざってしまうのです。

敬語が苦手

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、職場編には、敬語が苦手だというものが挙げられます。

新社会人になりたての人に多いのが、敬語が苦手でタメ口が混ざってしまう、というもの。

学生時代にあまり敬語を使ったことがなく、社会人になってからも敬語に慣れていないことが原因だと言えるでしょう。


敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理【LINE編】

いつもの癖で

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、LINE編には、いつもの癖で、というものが挙げられます。

普段、友達や彼氏とLINEをたくさんしている女性に多いのが、「いつもの癖で」職場の先輩にもタメ口でLINEを送ってしまうというもの。

とはいえ、途中で先輩だということに気づいて敬語を使ったりもするので、敬語とタメ口が混ざってしまうのです。

タメ口の方が打つのが楽

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、LINE編には、タメ口の方が打つのが楽というものが挙げられます。

たくさんの人と同時進行でLINEをしている女性は、「少しでも早く返信する」ことが重要だと思っているもの。

そのため、慣れている言葉遣いのタメ口の方が早く打てるため、ついタメ口が混ざってしまうのかもしれません。

文字だと堅苦しくなるから

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、LINE編には、文字だと堅苦しくなるからというものが挙げられます。

相手の男性と親しくなりたい気持ちがある場合、LINEの文章が敬語だけだと、何となく堅苦しさやよそよそしさを感じてしまう…と悩む女性もいます。

そうならないようにするために、あえてタメ口を混ぜているのでしょうね。

仲良くなりたい

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、LINE編には、仲良くなりたいというものが挙げられます。

敬語だけだと堅苦しく感じる、というように、タメ口を混ぜることで相手の男性と仲良くなりたいと思っている女性もいます。

タメ口の方が仲がいい感じがする、という直感的なものもあり、LINEではあえてタメ口を混ぜているのです。

親しげな印象を残したい

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理、LINE編には、親しげな印象を残したいというものが挙げられます。

会話と違ってLINEは、後からでもその内容を読み返すことができます。

後からLINEを読み直したとき、敬語だけよりタメ口が混ざっている方が親しげな印象を残せるため、あえてタメ口を混ぜる女性もいるでしょう。


2人の時だけタメ口になる年下女性の心理

好意を伝えたい

2人のときだけタメ口になる年下女性の心理には、好意を伝えたいというものが挙げられます。

2人のときだけタメ口になるのは、好意があることを伝えたい、と思っている可能性が高いです。

普段は敬語なのに2人のときだけタメ口になると、2人だけの秘密っぽいですし、特別な感じがしますね。

親しくなりたい

2人のときだけタメ口になる年下女性の心理には、親しくなりたいというものが挙げられます。

あなたと親しくなりたくて、2人のときにはタメ口になる年下女性もいます。

普段は周りの目もあるため敬語を使いますが、本心ではあなたとプライベートで親しくなりたいので、2人のときだけタメ口を使うのでしょう。

意識してほしい

2人のときだけタメ口になる年下女性の心理には、意識してほしいというものが挙げられます。

2人のときだけタメ口になる年下女性は、あなたに自分のことを意識してほしくてたまりません。

普段は敬語だからこそ、普段とのギャップにドキドキさせたい、と思っているのです。

ちょっと頼りないから

2人のときだけタメ口になる年下女性の心理には、ちょっと頼りないからというものが挙げられます。

2人のときだけタメ口になる年下女性は、本音ではあなたのことを先輩だと思っておらず、頼りない人だと思っていることも。

普段はマナーとして敬語を使うものの、本音では頼りないと思っているため、2人のときにはタメ口になってしまいます。

話しやすいから

2人のときだけタメ口になる年下女性の心理には、話しやすいからというものが挙げられます。

あなたのことを「話しやすい人」だと思っている女性も、2人のときにはタメ口になることがあります。

話しやすい、一緒にいて楽しいなどのポジティブな感情があるのは間違いありませんが、そこに恋愛感情があるかどうかは分かりません。


年下女性のタメ口をかわいいと思う男性の心理

距離が縮まった気がする

年下女性のタメ口をかわいいと思う男性の心理には、距離が縮まった気がするというものが挙げられます。

年下女性からタメ口を使われることで、何となく距離が縮まった気がする、と感じる男性は多いです。

いつもよりも距離が縮まった気がすると、年下女性のことも更に可愛く見えるものなのです。

信頼されてる気がする

年下女性のタメ口をかわいいと思う男性の心理には、信頼されてる気がするというものが挙げられます。

年下女性が自分にタメ口を使うということは、自分のことを信頼している、心を開いていると感じるもの。

自分のことを信頼してくれる年下女性のことを、かわいいと思わない男性はいないでしょう。

特別扱いされてると感じる

年下女性のタメ口をかわいいと思う男性の心理には、特別扱いされてると感じるというものが挙げられます。

年下女性があなたにだけタメ口を使うとしたら、その女性から特別扱いされてると感じますよね。

男性は、そういう女性からの特別扱いを心地よく感じるため、タメ口で話してくれる年下女性をかわいいと思うのです。


年下女性からのタメ口は好意のサイン?それとも脈なしサイン?

さてそれでは、年下女性からのタメ口は好意のサインなのか脈なしなのか、どちらなのでしょうか。

結論を言ってしまうと、「年下女性がタメ口で話す」ということだけでは、脈ありかどうかを判断することはできません。

以下のことに注目し、脈あり脈なしを判断していきましょう。

好意のサイン

いつも笑顔

年下女性からのタメ口の好意のサインには、いつも笑顔でいることが挙げられます。

年下女性からタメ口で話されるとき、いつも笑顔であるなら脈ありの可能性あり。

「タメ口+笑顔」というのは、年下女性があなたを信頼している、好意を抱いている証拠だと言えるでしょう。

質問が多い

年下女性からのタメ口の好意のサインには、質問が多いことが挙げられます。

タメ口で話す年下女性が、あなたに対して質問をたくさんしてくるのなら、あなたに好意があるサイン。

なぜなら、質問するというのは相手に興味があると言っているのと同じだからです。

距離が近い

年下女性からのタメ口の好意のサインには、距離が近いことが挙げられます。

年下女性があなたと話すとき、年下女性はどのくらいの距離にいますか。

物理的な距離と心の距離は比例しており、距離が近ければ近いほど、あなたに好意を抱いていると言えるでしょう。

脈なしサイン

誰にでも同じ口調

年下女性からのタメ口の脈なしサインには、誰にでも同じ口調であることが挙げられます。

あなたに対してだけでなく、他の男性や女性に対しても同じようにタメ口を使っているのであれば、年下女性にとってタメ口が普段の言葉遣いだということ。

特別な意味は何もないので、脈ありと言うことはできません。

視線が冷たい

年下女性からのタメ口の脈なしサインには、視線が冷たいことが挙げられます。

年下女性がタメ口で話すものの、その視線が冷たいと感じるのなら、彼女はあなたを尊敬しているどころか、むしろ小馬鹿にしているのかもしれません。

あなたが年上として頼りない、役に立たないなどと思っている可能性が高いです。

距離を感じる

年下女性からのタメ口の脈なしサインには、距離を感じることが挙げられます。

物理的な距離云々ではなく、直感的に距離を感じる場合も脈なしの可能性大。

たとえば、たとえ笑顔でも目が笑っていないときや、先程触れたような冷たい視線もそうですね。

これは、年下女性が故意に距離を置こうとしている証拠です。


【番外編】逆にタメ口から敬語になる女性心理

最後に番外編として、タメ口から敬語になる女性心理について紹介します。

今までタメ口だった女性が急に敬語になるのは、一体なぜなのでしょうか。

タメ口から敬語になる女性の心理には、以下のようなものが挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

脈なしを悟ってほしい

タメ口から敬語になる女性の心理には、脈なしを悟ってほしいというものが挙げられます。

相手の男性が自分に好意を持っていることを知り、自分はその気持ちに応えられないため、脈なしを伝えるためにタメ口から敬語になる女性も少なくありません。

さりげなく冷たくすることで、脈なしを悟ってほしいと思っているのです。

気持ちが冷めた

タメ口から敬語になる女性の心理には、気持ちが冷めたというものが挙げられます。

相手の男性のことが好きで、好意を伝えるためにタメ口を使っていたものの、何かの拍子にその気持ちが冷めてしまった、ということもあるでしょう。

気持ちが冷めてしまったことをきっかけに、タメ口をやめる女性も少なくありません。

誤解されたくない

タメ口から敬語になる女性の心理には、誤解されたくないというものが挙げられます。

女性には他に好きな人がいて、その人に誤解されたくないためにタメ口から敬語になることもあります。

タメ口だと仲が良さそう、親しげな気がするというイメージがあるように、好きな人に誤解されたくないのでしょうね。

年上だと知ったから

タメ口から敬語になる女性の心理には、年上だと知ったからというものが挙げられます。

元々タメ口で話していた女性には、相手の男性が年上だと思っていなかった、というケースもあります。

同年代だと思っていたためにタメ口を使っていたものの、相手が年上だと分かったため、慌てて敬語を使うようになった、ということです。

周りの目が気になる

タメ口から敬語になる女性の心理には、周りの目が気になるというものが挙げられます。

タメ口で普通に年上男性と話していたものの、周りからの目が気になってしまって敬語にする、というパターンも少なくありません。

周りの目を気にしてしまい、咄嗟に敬語になってしまったのでしょう。


まとめ:敬語とタメ口混じりの女性の心理を見極めよう

敬語とタメ口混じりになる年下女性の心理や、年下女性からのタメ口をかわいいと思う男性心理、敬語とタメ口混じりになる女性の脈ありサインと脈なしサイン、そしてタメ口から敬語になる女性の心理について紹介しました。

敬語とタメ口混じりで話す女性は、相手の男性に好意的な印象を持っていることが多いですが、必ずしも恋愛感情とは限らないため注意しなくてはなりません。

タメ口だから脈あり、敬語だから脈なし、と単純に決められるものではないのです。

複雑な女性心理をしっかり読み取って、効果的なアプローチをしていきましょう。