結婚をためらう男性と女性の本音や理由|結婚をためらっている人が決心するには

結婚をためらう男性と女性の本音や理由|結婚をためらっている人が決心するには

結婚をためらう理由について、紹介します。

ある程度の期間お付き合いをしていて、年齢的にもそろそろ結婚かな…と思うものの、なかなか一歩が踏み出せないという人は少なくありません。

今回は、『結婚をためらう理由』について見ていきましょう。

男女別結婚をためらう理由や、結婚を決心するきっかけ、結婚をためらう相手をその気にさせる方法まで、詳しく紹介していきます。

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

結婚をためらう男性の理由

まずは、結婚をためらう男性の理由を紹介します。

もうそろそろ結婚かな、というパートナーからの圧を感じつつも、なかなか『結婚』に踏み切れない男性はたくさんいます。

彼らはなぜ、結婚をためらうのでしょうか。

男性が結婚をためらう理由には、以下のものが挙げられます。

自分の時間がなくなるかも

結婚をためらう男性の理由には、自分の時間がなくなるかもしれないというものが挙げられます。

結婚をためらう男性の多くは、結婚によって自分の時間がなくなることに不安を感じています。

誰かと一緒に住むわけですし、友達同士で気軽に飲みに行ったりする自由な時間がなくなるかもしれない不安から、結婚に踏み切ることができません。

自分の生活力に不安がある

結婚をためらう男性の理由には、自分の生活力に不安があることが挙げられます。

近年では結婚してからも共働きが増えているとはいえ、やはり自分の生活力(経済力)に不安があると結婚をためらってしまいます。

男としてのプライドがあるからか、結婚してからのお金のことに不安があるとなかなか結婚の話をすることができません。

一緒に生活するイメージがわかない

結婚をためらう男性の理由には、一緒に生活するイメージがわかないことが挙げられます。

結婚するとなれば、今の彼女と一緒に暮らすということ。

結婚を考えるときには、当然『一緒に生活する』ところを想像するものですが、一緒に生活するところが全く想像できないこともあるでしょう。

想像できないことを実行に移す勇気が、男性にはないのです。

好きなことをしていたい

結婚をためらう男性の理由には、好きなことをしていたいというものが挙げられます。

趣味や友人同士の付き合いなど、自分の好きなことをしていたい、と感じている男性は多いもの。

結婚したら今ほど自由に過ごすことはできなくなるので、趣味や友人付き合いなどができなくなるかもしれない、と考えてしまいます。

責任を負いたくない

結婚をためらう男性の理由には、責任を負いたくないというものが挙げられます。

結婚するとなると、大抵の場合は男性が世帯主になるわけですから、当然法的な責任なども発生するようになります。

たとえ共働きであっても、『妻を養う』感覚になる人もいるのでしょう。

そういう責任を負うことがプレッシャーになっていて、結婚をためらう人もいるようです。

結婚をためらう女性の理由

続いて、結婚をためらう女性の理由を紹介します。

男性と同様、女性も結婚をためらうことというのは当然あります。

しかしその理由は、男性とは少し違うものであることが多いようです。

結婚をためらう女性の理由は、こちらです。

この人でいいのか悩む

結婚をためらう女性の理由には、この人でいいのか悩むことが挙げられます。

特に婚活をして知り合った人との結婚を意識したとき、『本当にこの人でいいのか』『もっと良い条件の人がいるのではないか』と考えてしまうのです。

結婚は一生のことだからこそ、いざその時が来たらためらうのでしょうね。

相手の経済力に不安がある

結婚をためらう女性の理由には、相手の経済力に不安があることが挙げられます。

結婚してから自分も働き続けるつもりであっても、妊娠や出産をきっかけに一時的に働けなくなるのが女性です。

そういうとき、相手の経済力に不安があると『子供を産んだとき、どうなるのだろう』と考えてしまい、結婚に踏み切ることができません。

相手の親との関係が不安

結婚をためらう女性の理由には、相手の親との関係が不安というものが挙げられます。

結婚したら、当然ですが相手の両親との関係も濃厚になるもの。

特に女性は、『嫁姑問題』と言われるように、相手の母親との関係に不安を感じている人も少なくありません。

結婚してから相手の親との関係も必須になるからこそ、ためらう人もいるのです。

浮気の心配がある

結婚をためらう女性の理由には、浮気の心配があることが挙げられます。

彼に浮気の心配があったり、女友達が多いなどの理由で結婚をためらう人もいるでしょう。

付き合っている間は『浮気』で片付けることができますが、結婚してからは『不倫』となり、世間体も気になりますよね。

相手の女性関係などが気になり、結婚をためらう人も少なくありません。

子供のことへの考え方の違い

結婚をためらう女性の理由には、子供のことへの考え方の違いが挙げられます。

結婚したらすぐ子供が欲しいという人もいれば、仕事を優先にしたい(子供はまだ欲しくない)人もいるでしょう。

子供に対する考え方が違うと、結婚してから揉める可能性大。

そうなると、どうしても結婚を決心することができません。

結婚をためらっている人が決心するには

では、結婚をためらっている人が決心するには、どうすれば良いのでしょうか。

結婚をためらう人が結婚を決心するタイミングやきっかけには、どんなものがあるのか気になりますよね。

ここでは、結婚をためらっている人が結婚を決心するきっかけやタイミングについて、まとめてみました。

身近な人が結婚した

結婚をためらう人が決心するきっかけには、身近な人が結婚したことが挙げられます。

自分の身近な人が結婚し、その幸せな様子を目の当たりにすると、『結婚するのもいいかも』と思えるようになりますよね。

やはり身近な人の結婚はよりリアルなので、結婚をためらう人が決心するきっかけとしては一番多いかもしれません。

ずっと一緒にいたいと思った

結婚をためらう人が決心するきっかけには、ずっと一緒にいたいと思ったというものが挙げられます。

好きな人がいて、結婚そのものにはためらいがあるものの、好きな人とずっと一緒にいたいと感じたとき、結婚を決心する人も多いですよね。

ずっと一緒にいるためには、結婚するのが一番ですから。

年齢的なものを考慮した

結婚をためらう人が決心するきっかけには、年齢的なものを考慮したことが挙げられます。

近年では初婚年齢は男女ともに上がってきているものの、特に女性は妊娠出産を考えると年齢にタイムリミットがあるのは事実。

子供が欲しい人は、年齢的なものを考えたときに結婚を決心する人も多いものです。

一緒に生活して未来を想像できた

結婚をためらう人が決心するきっかけには、一緒に生活して未来を想像できたことが挙げられます。

結婚する前に同居する人も多いですが、一緒に生活することで『この先も一緒に暮らす』という未来をリアルに想像することができますよね。

未来をリアルに想像できたことで、結婚を決意する人もいるでしょう。

先のことを考えてみる

結婚をためらう人が決心するきっかけには、先のことを考えてみることが挙げられます。

結婚をするべきかどうか迷ったときは、先のことを考えてみるという人もいます。

今のパートナーと別れたらどう思うか?はもちろん、この先も一緒にいたらどうなるか?などを、できるだけリアルに考えてみるのです。

先のことを考えた結果、『結婚』を選ぶ人もいるでしょう。

結婚をためらっている相手をその気にさせるには

最後に、結婚をためらっている相手をその気にさせるにはどうしたらいいのか、その方法を紹介します。

自分は結婚したいと思っていても、相手が結婚をためらっているケースもあるでしょう。

そんなとき、相手をその気にさせる方法には以下のものが挙げられます。

年齢の話をする

結婚をためらう相手をその気にさせるには、年齢の話をすることが挙げられます。

一般的に、結婚をためらうのは男性、その気にさせたいのは女性であることが多いもの。

そのため、『私もう30だよ』『子供産むこと考えたら、もうそろそろ次に進みたいんだけど』など、年齢の話をして相手に結婚を意識させる人は多いものです。

ポジティブなイメージをさせる

結婚をためらう相手をその気にさせるには、ポジティブなイメージをさせることが挙げられます。

結婚に対して不安やネガティブなイメージが強い人には、結婚に対するポジティブなイメージをさせましょう。

出来るだけポジティブな話をして、『結婚っていいかも』と思わせれば良いのです。

相手の親と仲良くなる

結婚をためらう相手をその気にさせるには、相手の親と仲良くなることが挙げられます。

パートナーが結婚をためらっていたら、相手の親と仲良くなってしまいましょう。

外堀を固めてしまえば、相手の親も結婚に向けて後押ししてくれるはずです。

親と仲良くなれれば、結婚への不安も1つ解消されますね。

同居を始める

結婚をためらう相手をその気にさせるには、同居を始めることが挙げられます。

一緒に暮らすイメージがわかないタイプの人が相手なら、同居を始めるのも1つの方法。

ただし、同居を始めることで余計に結婚が遠ざかるパターンもあるので、相手がどういうタイプかをきちんと見極めることが大切です。

期限を決める

結婚をためらう相手をその気にさせるには、期限を決めることが挙げられます。

なかなか結婚を決意できない人には、期限を決めてしまうのが一番。

分かりやすいのは、『自分が〇歳になるまで』『〇年付き合ったら』などでしょうか。

女性の場合、30歳までに結婚したい、と自分の年齢で期限を決める人も多いですね。

この期限までに結婚を決めてくれなければ、潔くスパッと別れることも一つの方法です。

結婚をためらう理由を知り、問題解決していこう

結婚をためらう理由について、紹介しました。

結婚をためらう理由は人それぞれですが、結婚したい人からすると結婚をためらわれるのはちょっと困りますよね。

もしパートナーに結婚をためらわれたら、その理由を知ることから始めましょう。

不安があると、『結婚』という人生の一大イベントを進めることはできません。

お互いに納得して結婚を進められるよう、歩み寄りの気持ちを忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA