好意を表に出さない男性心理とは?好意を表に出さない男性の脈ありサインを紹介!

好意を表に出さない男性心理とは?好意を表に出さない男性の脈ありサインを紹介!

好意を表に出さない男性について、紹介します。

あなたの周りにも、好意を表に出さない男性はいませんか。

本当は好きなのに、それを表に出さないのはなぜなのか、気になりますよね。

そこでここでは、好意を表に出さない男性の心理や特徴、好意を表に出さない男性に対する女性心理、脈ありサインについて詳しく見ていきたいと思います。

また、好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

好意を表に出さない男性心理

まずは、好意を表に出さない男性の心理について紹介します。

好意を表に出さない男性は、一体どんなことを考えているのでしょうか。

なぜ好意を表に出さないのか、不思議ですよね。

気持ちを表に出さない男性は、以下のようなことを考えているようです。

クールな自分が好き

好意を表に出さない男性の心理には、クールな自分が好きというものが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、気持ちを表に出さないクールな自分が好きということも多いです。

この心理の男性は、好意だけでなく感情もほとんど表に出さないで過ごしていることが多いでしょう。

周りにからかわれたくない

好意を表に出さない男性の心理には、周りにからかわれたくないというものが挙げられます。

好意があることが周りの友人などにバレると、そのことをからかわれるのではないか、と感じている男性もいます。

周りに好意があることがバレて、からかわれるのが嫌なのです。

だからこそ、興味のないふりをしているのでしょう。

軽い男だと思われたくない

好意を表に出さない男性の心理には、軽い男だと思われたくないというものが挙げられます。

好意を全面に出し、女性にアプローチしている男性のことを、軽い男、チャラい男というイメージを持っている人もいるでしょう?

好きな人に軽い男だと思われたくないため、あえて好意を表に出さずにクールな男性を装っているのです。

悟られたくない

好意を表に出さない男性の心理には、悟られたくないというものが挙げられます。

周りにからかわれたくない心理と似ていますが、好きな人に自分の気持ちを悟られたくなくて、好意を見せない人もいます。

好きなことがバレたら恥ずかしいという気持ちが強いので、好意をできるだけ出さないようにしているのです。

どんなときでもカッコよくいたい

好意を表に出さない男性の心理には、どんなときでもカッコよくいたいというものが挙げられます。

「好き」という気持ちが明らかに出ているのは、なんとなくかっこ悪いと感じている男性も少なくありません。

偏見と言えばそれまでですが、どんなときでもカッコよくいたいという気持ちから、好意を表に出さない男性もいるでしょう。


好意を表に出さない男性の特徴

続いて、好意を表に出さない男性の特徴について紹介します。

好意を表に出さない男性の心理については先程紹介したとおりですが、好意を表に出さない男性はどんな人なのでしょうか。

好意を表に出さない男性には、以下のような特徴があります。

ポーカーフェイス

好意を表に出さない男性の特徴には、ポーカーフェイスであることが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、そもそもポーカーフェイス。

好意だけでなく、感情そのものを顔に出さないため、何を考えてるのかを読み取ることができません。

元々感情を出すのが苦手な人もいれば、意識してポーカーフェイスを作っている人もいるでしょう。

ミステリアスな雰囲気がある

好意を表に出さない男性の特徴には、ミステリアスな雰囲気があることが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、気だるげでミステリアスな雰囲気がありますよね。

明るく爽やかという雰囲気とは正反対で、物憂げで気だるげな表情をしていることも、好意を表に出さない男性の特徴かもしれません。

喜怒哀楽が乏しい

好意を表に出さない男性の特徴には、喜怒哀楽が乏しいことが挙げられます。

ポーカーフェイスであることからもわかるように、好意を表に出さない男性は喜怒哀楽が乏しい人でもあります。

ただし、あえて喜怒哀楽を出さないように振る舞っている人もいれば、感情そのものが乏しい人もいます。

恋愛経験が少ない

好意を表に出さない男性の特徴には、恋愛経験が少ないことが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、もしかすると「好意の出し方が分からない」のかもしれません。

それはずばり、恋愛経験が少ないから。

恋愛経験が少ない人はアプローチの仕方も分からないので、好意の出し方も分からないのです。

思慮深く落ち着きがある

好意を表に出さない男性の特徴には、思慮深く落ち着きがあることが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、人前で騒ぐタイプではありません。

どちらかというと落ち着いていて、しっかり考えてから行動するタイプです。

どう行動するのが適切か考えているからこそ、好意を表に出さずに過ごせるのかもしれません。


好意を表に出さない男性に対する女性心理

ではここで、好意を表に出さない男性に対する女性心理について紹介します。

好意を表に出さない男性のことを、女性はどう思っているのでしょうか。

好意を表に出さない男性に対する女性心理は賛否ありますが、女性は以下のように感じていることが多いです。

何を考えてるのか分からない

好意を表に出さない男性に対する女性の心理には、何を考えてるのか分からないというものが挙げられます。

基本的に好意を表に出さない男性は、感情そのものが分かりにくいという特徴があります。

そのため女性は、好意を表に出さない男性のことを「何を考えてるのかわからない人」「不気味な人」といった、マイナスなイメージを持っていることもあるでしょう。

もっと知りたい

好意を表に出さない男性に対する女性の心理には、もっと知りたいというものが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、傍から見ると何を考えてるのか分かりません。

だからこそ、「もっと知りたい」と思う女性も多いです。

知らないことを知りたいと思うのは、人間の性なのかもしれません。

好きな人への態度が気になる

好意を表に出さない男性に対する女性の心理には、好きな人への態度が気になるというものが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、誰に対してもパッと見では同じように振る舞います。

そのため、観察力に優れている女性は、「この人は好きな人にはどんなふうに接するんだろう」と気になってたまらない、ということもあるでしょう。

嫌われてるのかと不安

好意を表に出さない男性に対する女性の心理には、嫌われてるのかと不安になるというものが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、嬉しい、楽しいといった表情も見せなければ、笑顔で近づいてくることもありません。

そのため、「もしかしたら嫌われてるのかな」と不安に感じてしまう女性も少なくないのです。

ちょっと怖い

好意を表に出さない男性に対する女性の心理には、ちょっと怖いというものが挙げられます。

好意を表に出さない男性のうち、喜怒哀楽などの感情が全く出ない男性のことを、ちょっと怖いと思う女性は少なくありません。

無表情で笑顔がないので、正直なところ近寄りたくないと思っていることもあるでしょう。


好意を表に出さない男性の脈ありサイン

続いて、好意を表に出さない男性の脈ありサインについて紹介します。

好意を表に出さない男性であっても、好きな人に対しては態度が異なるもの。

なかなか表情に現れないため見極めるのは難しいのですが、好意を表に出さない男性の脈ありサインには、以下のようなものがあります。

よく目が合う

好意を表に出さない男性の脈ありサインには、よく目が合うことが挙げられます。

好意を表に出さない男性とよく目が合うのなら、それは相手の男性もあなたのことを見ている、ということ。

気になる人のことを見てしまうのは自然の原理なので、「目が合う」というのは立派な脈ありサインと言えるでしょう。

近くにいる

好意を表に出さない男性の脈ありサインには、近くにいることが挙げられます。

好意を表に出さない男性が、話しかけたりすることはなくても近くにいるのであれば、それは脈ありの可能性大。

好きな人の近くにいたいと思うのは自然な感情ですし、声が聞こえる距離にいるのなら、あなたに関する情報を少しでも得たいと思っているのかもしれません。

連絡が来る

好意を表に出さない男性の脈ありサインには、連絡が来ることが挙げられます。

会うときには特に何もなくても、夜などに連絡が来るのであれば、脈ありの可能性もあります。

どうでもいい内容のLINEや、誰でも聞けるような内容のLINEであれば尚更、あなたと少しでも関係を持ちたいという気持ちが伝わってきますね。

変化に気づく

好意を表に出さない男性の脈ありサインには、変化に気づくことが挙げられます。

好意を表に出さない男性は、好意を表に出さないだけであなたのことをしっかり観察していますので、変化があれば気づいてくれるもの。

一般的に男性は女性の見た目の変化に疎いと言われていますから、変化に気づくのは立派な脈ありサインと言えるでしょう。

声をかけてくる

好意を表に出さない男性の脈ありサインには、声をかけてくることが挙げられます。

たとえ笑顔ではなく、楽しそうな雰囲気を出しているわけではなくても、あなたに声をかける回数が他の女性と比べて多いのであれば、脈ありの可能性も高いです。

恥ずかしさなどから好意を出せないだけで、あなたと少しでも関わっていたいのでしょうね。


好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法

最後に、好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法について紹介します。

好意を表に出さない男性は、自分の気持ちを相手の女性や周りの人に悟られたくないという気持ちがあるため、なかなかアプローチをしてきません。

そんな彼からアプローチしてもらうには、以下のことを心がけていきましょう。

少しずつ距離を詰める

好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法には、少しずつ距離を詰めることが挙げられます。

好意を表に出さない男性からアプローチしてもらいたいのなら、焦らず少しずつ距離を詰めていきましょう。

彼は恋愛に慣れていない可能性もありますし、いきなり距離を詰めると警戒されてしまうかもしれません。

お互いのことを知る

好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法には、お互いのことを知ることが挙げられます。

好意を表に出さない男性であっても、ある程度親しくなればそれなりに感情が表に出てくるもの。

まずはそういう関係を目指すのが鉄則なので、お互いのことを知ることから始めましょう。

好意が分からなくても、会話はきちんとできるはずですからね。

好意を匂わす

好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法には、好意を匂わすことが挙げられます。

相手の男性が好意を表に出さないのは、好意を全面的に出してフラれたらどうしよう、という気持ちがあるからかもしれません。

男性はプライドが高いので、あなたが好意を匂わすことで自信をもち、アプローチしてくれることもありますよ。

恋愛の話をする

好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法には、恋愛の話をすることが挙げられます。

好意を表に出さない男性と、恋愛の話をしてみるのもおすすめです。

男女間での恋愛話は、嫌でもお互いを意識してしまうもの。

恋愛の話をすることで彼をドキドキさせることができれば、自然とアプローチしてくれるようになるでしょう。

押してダメなら引く

好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法には、押してダメなら引くことが挙げられます。

自分からアプローチしても相手からアプローチ返しがなかったら、思い切ってアプローチをやめてみましょう。

一度引いてみることで男性が焦り、あなたを失いたくなくて積極的にアプローチしてくれることも少なくないのです。


まとめ:好意を表に出さない男性の脈ありサインを見逃さないで!

好意を表に出さない男性の心理や特徴、好意を表に出さない男性に対する女性心理、好意を表に出さない男性の脈ありサイン、そして好意を表に出さない男性からアプローチしてもらう方法について紹介しました。

好意を表に出さない男性は、好意を悟られないようにしていることもあり、なかなか本心を見抜くことができません。

しかし、それでも好きな人に対してはしっかりと脈ありサインを出していますので、その脈ありサインを見逃さないようにしていきましょう。