職場の男性が見せるわかりやすい好意のサインとは?

職場の男性が見せるわかりやすい好意のサインとは?

職場に気になる男性がいたら「自分の事をどう思ってるんだろう」と気になるもの。

今回はそんな人のために、職場の男性が見せる好意のサインについてご紹介します。

わかりやすい好意のサインを始めとして、分かりにくいサインや、好意のサインではないものも併せてご紹介します。

気になる男性のサインを見逃したくない人は、ぜひ読んでみてください。

職場の男性が見せるわかりやすい好意のサイン

職場の男性は、気になる女性に対し、わかりやすい好意のサインを案外たくさん出しています。

ここでは、そんなわかりやすい好意のサインについて具体的に5つご紹介します。

自分に対してサインが出てないか、チェックしてみてくださいね。

カッコつける

カッコつけるのは、職場の男性が見せるわかりやすい好意のサインです。

男性は興味のない女性の前では気を抜いていますが、好みの女性の前ではついつい、カッコつけてしまいます。

もしあなたの前で露骨にカッコつけてくるようなら、明らかに好意のサインだと考えられます。

よく話しかけてくる

よく話しかけてくるのは、職場の男性が見せるわかりやすい好意のサインです。

仕事上のコミュニケーションを円滑にするために、誰とでも話すというのは有効ですが、実践している人は少ないです。

多くの人は好きな人と話したいと考えるため、よく話しかけてくる場合は好意のサインだと判断できます。

何度も目が合う

何度も目が合うとすれば、これも職場の男性が見せるわかりやすい好意のサインです。

好みの女性のことを、ついつい目で追ってしまう男性は多いです。

なんだか視線を感じて見返すと、同じ人と何度も目が合ってしまう…こんな時は、高確率で好意のサインと考えられます。

頼みごとをしてくる

頼みごとをしてくるのも、職場の男性が見せるわかりやすい好意のサインの1つ。

好きな人と関わりを持ちたいがために、頼みごとをする男性は多いです。

もし自分以外の人でも構わない筈なのに、しょっちゅう頼み事をしてくる場合、好意があると判断できるでしょう。

SNSで繋がりたがる

SNSで繋がりたがるのも、職場の男性が見せるわかりやすい好意のサインです。

SNSで繋がりたがるのは、好きな女性のプライベートが気になって仕方がない、そんな男性の気持ちの表れです。

もし仕事上必要のないSNSの連絡先やアカウントを聞かれたら、高確率で好意があると考えられます。


職場の男性が見せる分かりにくい好意のサイン

職場の男性が見せる好意のサインには、分かりにくいものも存在します。

一見してむしろ「嫌われているのでは?」と思うようなことも、実は好意のサインの可能性も。

ここでは、そんな分かりにくい好意のサインを詳しくご紹介します。

興味が無さそう

職場の男性が見せる分かりにくい好意のサインに、興味が無さそうなことが挙げられます。

興味がなさそうな態度を取られると、「嫌われてるのかな…」と心配になりますよね。

しかしこれは好意を知られないように必死に隠してるパターンも多く、むしろ好意のサインの場合もあります。

他の女性とばかり話す

他の女性とばかり話すのも、職場の男性が見せる分かりにくい好意のサインです。

好きな人と話せないのに、他の女性とは平気で話せるという男性は実は多いです。

好きな人と話してると照れ臭くなってしまうので、気持ちを誤魔化すために他の女性とたくさん話しています。

無言でフォローする

無言でフォローするのは、職場の男性が見せる分かりにくい好意のサインです。

無言でフォローしてくれる男性は、ありがたい反面、感情が見えにくいため困惑してしまいますよね。

しかし、基本的に人は嫌いな人はフォローしないので、 分かりにくいですが好意を持っていると考えられます。

2人きりの作業も厭わない

職場の男性が見せる分かりにくい好意のサインに、2人きりの作業も厭わないことが挙げられます。

たとえ仕事でも「嫌いな人とは一緒にいたくない」と思うのは自然なことです。

もし男性が二人きりの作業も厭わないのなら、 伝わりにくいですが、好意のサインだと考えられます。

無口だけどお礼をしっかりと言う

無口だけどお礼をしっかりと言うのは、職場の男性が見せる分かりにくい好意のサインです。

お礼を言うのは常識である一方で、実際には、意外とできていない人が多いです。

普段無口なのにお礼をしっかりと言ってくる男性がいたら、程度の差こそあれ好意があると考えていいでしょう。


職場の男性が見せるわかりやすい好意じゃないサイン

厄介なことに、わかりやすい好意のサインと見せかけて、全く違う、紛らわしいサインを出す男性もいます。

そこで、ここでは現場の男性が出す好意のサインのようで、実はそうではないサインについてご紹介します。

恥をかきたくない人や誤解したくない人は、ぜひチェックしてくださいね。

口説く

口説くという行為は、 わかりやすい好意のサインそのものに思えますが、実は違うこともあります。

あなたのことを口説いている男性が、実は誰にでも言っているというパターンも多いです。

口説かれてその気になったら、みんなに同じことをしていたと、後々分かる場合もあります。

褒める

褒めるのもわかりやすい好意のサインのように思えますが、単なるリップサービスのケースも多いです。

先ほどの「口説く」と同様に、こちらも誰にでも言っているパターンです。

特に自信のある女性は注意。

自分のことだけを褒めていると思い込むと、後で恥をかく羽目になります。

ボディタッチ

相手にもよりますが、気になる男性にボディタッチされると「好意があるのかな」と思ってしまいますよね。

しかし、男性の中には「少しでも好みなら触りたい」という人も少なくありません。

もし男性にボディタッチされても、 簡単になびかないようにしましょう。

食事に誘う

気になる男性から食事に誘われたら、デートのお誘いかなとついドキドキしてしまうものです。

しかし、少しでも好みに当てはまる女性は全員誘うという強者もいます。

特に職場の先輩や上司の場合はセクハラ問題に発展する恐れもあるため、簡単についていかず、十分気をつけましょう。

からかう

男性は好きな女性のことをからかうというイメージがありますが、 単なる冗談の可能性もあります。

そのため、いつもあなたのことをからかう男性がいても、すぐに好意を抱かないでしっかり観察しましょう。

特に、セクハラ気質の男性でないかどうかの見極めは大切です。


気になる男性の好意のサインをしっかりキャッチしよう

わかりやすい好意のサインも案外見落としたり、違うサインと間違えたりしますよね。

しかし、サインを見極めないと、せっかくのチャンスも逃げていきます。

特に、気になる男性からのわかりやすい好意のサインは見逃さず、しっかり受け止めてくださいね。

好意のサインを見分けるのが難しいという人に、今回の記事が参考になれば幸いです。