紳士的な人とは?特徴・恋愛・仕事・服装をチェック!

紳士的な人とは?特徴・恋愛・仕事・服装をチェック!

紳士的な人の特徴とは

物腰が穏やか

紳士というものはいつでも、おおらかで余裕のある、大人としての態度を崩さない生き物です。

感情のコントロールに長け、人前で激昂したり糾弾したりというような感情的な行動に出ることはありません。

その周囲にいる人を安心させる穏やかな物腰は、紳士的と評される人が持つ特徴の1つです。

紳士は怒ったり、悲しんだりしないというわけではありません。

紳士だって人間ですから、仕事がたて込んでイライラすることもあれば、悪口を言われて悲しくなることもあります。

しかし品格のある紳士は、自分の機嫌が悪いからといって人に八つ当たりをしたり、自分の中のもやもやを周囲に見せて、周りの空気までもを悪くしてしまうことを良しとしません。

胸の内にどんな感情があったとしても、他人には穏やかで丁寧な態度を一貫して見せられる、その美意識の高さこそが紳士の紳士たる所以です。

気配り上手

紳士が男女問わず人々から尊敬され、求められるのは気配り上手だからです。

紳士はいつでも周囲の状況や人々の様子に目を配り、トラブルが発生しないように、問題があっても被害を最小限で済ませられるようにと取り計らいます。

女性をエスコートするレディーファーストの精神も、女性が快適に行動できるように、楽しく時間を過ごせるようにとの気配りが元となるものです。

紳士が他人にそうまで気を配るのは、賞賛を受けたいからでも、好かれたいからでもありません。

人が快適に生活できるよう手伝いをすることが、紳士の務めであると考えているからです。

紳士は気配り上手という特徴を持てるよう、常に周囲の観察を欠かさず、トラブルが発生した時にどうするかといったシミュレーションを日常的に行って、自らの気配り力を鍛えます。

人々に語られることのない努力を、紳士は影ながら行っています。

マナーが良く礼儀正しい

マナーにあかるく、礼儀正しいということも紳士の特徴です。

紳士は他人を不快な気持ちにさせないために、マナーや礼儀を常に意識した行動をとります。

老若男女関係なく、紳士の礼儀正しさはどんな相手と対した時でも披露されます。

苦手としている相手だろうと、自分に対して礼儀を尽くしてくれない相手だろうと変わらず示される、紳士の礼儀正しい態度は分け隔てないものです。

場所や状況に沿って、その状況下でのマナーというものに柔軟に対応しますが、格式の低い場所だからといって配慮を疎かにすることはありません。

また紳士自体は、マナーや礼儀をしっかりと守りますが、他人にそれを押し付けるということはしません。

紳士的な行動は、個人の意思によって行われるもので、他人が強制して行わせても意味のないものと紳士は考えます。

しかし礼を欠いた態度が、自分ではなく周囲の人に向けられている場合には、抗議を行うことも辞さないのが紳士です。

物への執着がないが、こだわりがある

本当に紳士的な人は決して何かに執着することがありません。しかし、確固たるこだわりがあります。執着とこだわりは似ているようで大きく違います。

執着は必要限度を超えて多くの犠牲や迷惑をかけてでもそれに固執することで、こだわりは自分の中の可能範囲内で深く追求することです。

紳士的な人は何かにこだわりを持っている人が多くそれは人であったり、物であったりと様々ですが、何か一つでも他人よりも深く追求しているものがあり、それも多岐にわたるものではなく何か絞られたものです。

気を多く分散せず、真に大事なものを追い求める男性こそ紳士的な人間となっていき、その特徴と言えます。立ち振る舞いだけが紳士さを醸し出すのではなく内面、考え方にこそ紳士らしさを作り出すものです。

そして紳士的な人のこだわりは非常に尊敬でき、勉強になります。

人生の酸いも甘いも知っている

人生出来れば楽して過ごしたいと思う人が多いものですが、人生の辛いことも同じくらい、楽しいこと以上に味わっているからこそ学びと経験が蓄積されます。

そういうものが多いのが実は紳士な人です。

多くの経験、壁を越えてきたからこその行動や考え方が形成されていき、それが実生活で出てきます。

なので生まれ持っての紳士はおらず、紳士的な人のその行動をほめる人は多いですが、おのずとそういう経験を多くしているという特徴があります。

辛い経験、高い壁があってこそ紳士さは作られるもので、そういうことがなければ本当の意味で紳士的な人とは言い難く、どこかに紳士を作っている感じが出てしまい、エセ紳士になってしまいます。

紳士的になろうと思ってただ見た目だけ、表面的なものだけマネしてもすぐにその仮面ははがれてしまいます。

新しい知識を吸収して活用できる

紳士的な人に特徴することとして、すごく物知りでいいアドバイスをくれたり、会話をしていて楽しいし尊敬できる、もっと聞いていたいと思ってしまうものが特徴です。

知識を持っていることはもちろん、常にアンテナを張り巡らせて新しい知識を得ることに努力を惜しみません。

見た目、行動だけではすぐに表面的な紳士さは崩れてしまい、紳士的な人は本来知識を貪欲に吸収し、それを日々の生活、仕事などに活用し自分のため人のために活用します。

そしてそれを他人に知られることなくひっそりと行っているので傍から見れば、なんでこんなに物知りなのか不思議がられるくらいですが、そこには見えない努力があり、そしてそれを辛い、しんどい、大変とは思わずに生活の一部としてやっているのです。

紳士的だと誰もが思う人には、知識を吸収しそれを瞬時に引き出せる引き出しの力の高い人というポイントが見えます。

紳士的な人の恋愛傾向とは

段階を踏んでアプローチする

紳士的な人は相手を不快にさせたり、困らせるようなことをしません。

たとえば、職場内に好きになった女性がいるとしましょう。

その場合、ほとんど段階を踏まないで、いきなり告白したとしたら、相手女性はとまどい、答えに窮してしまうかもしれません。

相手を困らせることになりかねないのですから、紳士的な人はそうしたいきなりの告白は避けるのです。

相手のことを考えて、少しずつムリのないアプローチをしてきます。

職場内に好きな女性がいる場合は、まずは彼女とコミュニケーションをとる機会を持ち、それから二人きりで話す機会を増やし、そののちにランチに誘うというようなアプローチの仕方をするのです。

そのようなアプローチをすれば、女性との距離が自然な形で縮まっていきます。

そして、「今の関係なら、告白しても彼女を困らせることはないだろう」と判断した時点で告白をするのが、紳士的な男性の恋愛傾向ということになるでしょう。

希望のデートを優先する

相手本位に行動するのが、紳士的な人の特徴であり、恋愛傾向です。

女性とつきあう場合、常に彼女の気持ちを考えて気配りするのが、紳士的な人と言っていいでしょう。

「こうしたい」と自分が思うことを優先するのではなく、彼女がしたいことを優先して行動するのです。

ですから、デートをする際にも、彼女の希望をできるだけ取り入れたプランニングをします。

たとえば、二人で旅行をするとしましょう。

その場合、プランニングにあたって、まずは彼女の希望を聞きます。

どんな所へ行きたいか、旅先ではどんなことをしたいか、食べたいグルメは何かなどなど、彼女の希望を最大限に取り入れた形でプランニングをするのです。

紳士的な人は女性をうまくリードすることができますから、そうしたプランニングは自分で行いますが、彼女の希望を無視して勝手にプランニングするということはありません。

ふだんのデートでも、彼女の気持ちや希望を優先するのが紳士的な人なのです。

女性を深く信頼する

紳士的な男性は、相手を1人の人間として認め、その人格を大切にします。

彼女がほかの男性と親しくしている場面を目撃したとしても、何もうるさいことを言いません。

それは彼女の意思で取られた行動であり、彼女以外の人間が口をはさむべきことではないからです。

1人の生きている人間として、女性を愛してくれる人です。

嫉妬深い男性なら、自分以外の男に対してなれなれしくしないで欲しいと言いたくなるところですね。

浮気をしているのではないかと疑ってしまうのが普通でしょう。

でも紳士の場合、それは彼女の人格を侵害する行為だと考えるのです。

自分が愛した女性を深く信頼できるのが、紳士的な男性の魅力のひとつでしょう。

相手を信頼しているからこそ、決して自分を裏切ることはないと確信し、穏やかな広い心で見守ってくれますよ。

話をきちんと聞いてアドバイスをしてくれる

紳士的な男性は、自分の言いたいことを相手に押し付けたりはしません。

付き合う前でも後でも、女性の話にしっかりと耳を傾けます。

真っすぐ目を見つめて、女性の想いを共有しているような話の聞き方をします。

ですから、「この人は、私のことを一番わかってくれている」と女性が感じるのです。

話の途中で話をさえぎったり、批判をぶつけたりということもありません。

相手が「どう思う?」とアドバイスを求めてきた場合には、女性の考えを認めた上でアドバイスします。

だからといって、優しいだけの男性ではありません。

女性のためになると思えば、多少厳しい意見も言ってくれます。

例えば、仕事で大きな失敗をして、もう辞めたいと相談したときはどうでしょう。

もちろん、ミスした彼女を責めることは決してしません。

彼女が深く反省し苦悩する気持ちを自分のことのように受け止め、仕事を続けるべきか辞めるべきか親身になって考えてくれるでしょう。

そのときは厳しい意見に思えても、後になって必ず「彼に相談してよかった」と思ってしまう、そんな相手です。

映画のヒロインになった気分にしてくれる

紳士的な男性は、映画のヒロインが受けるような素敵なエスコートをしてくれることが多いもの。

例えば、記念日でも何でもない日であっても、サプライズでメッセージカードや花束のプレゼントを贈るなど、意外な喜びを与えてくれます。

また、マンネリデートにならないよう、いろいろなプランを打ち出してきます。

レストランやディナーで大人向けのデートをしたかと思ったら、今日は昼間の公園で待ち合わせ。

「たまには森林浴したいって言ってただろ?」

そんな台詞で、彼女の言葉をしっかり聞いていることをアピールする心憎さです

車道を歩いたり、歩くスピードを合わせてくれたり、そんな気づかいを自然にできるのも紳士の特長。

意外に手をつなぐのが好きな女性に対し、さりげなく望みをかなえてくれるのも魅力ですね。

未練がましいことはしない

常に相手のことを優先し、相手の気持ちを考える紳士的な人は、女性から振られた時、淡泊な反応をします。

たとえば、長年つきあっている女性から、突然振られたとしましょう。

「気持ちが冷めたから、別れて」と言われたとします。

彼女のことを愛していれば、当然、心は傷つき、「別れたくない」と思うにちがいありません。

未練がましい男性は、そんな時、女性に「別れないでくれ」と泣きついたり、しつこく連絡を取ろうとするものでしょう。

それは別れたいと思っている女性にとって大変迷惑なことです。

紳士的な人は相手にそのような迷惑をかけることを嫌いますから、心の中で「別れたくない」と思っていても、それを表には決して出しません。

彼女の気持ちを尊重し、あっさり引き下がることができるのです。

振られた時に未練がましい言動をしないというのが、紳士的な人の恋愛傾向ということになるでしょう。

紳士的な人の仕事のやり方とは

どんな立場の人でも態度が変わらない

紳士的な人は相手の立場によって態度を変えることをしません。

相手の地位に関わらず常に一定の対応をするのが、紳士な人の仕事のやり方です。

例え自分よりも立場が下の人であっても、礼儀正しさを失わず、丁寧な言葉遣いを崩しません。

変に相手に合わせて自分を下げることもせず、常にマイペース。

話題が豊富なため、誰とでも合わせることができるのです。

立場が自分より上の人と対応する場合も、へりくだったり、逆に舐められないように尊大に振る舞ったりもしません。

自分というものが確立しているので、相手の立場によって態度を変える必要がないのです。

気分にムラがないのも、紳士的な人の特徴で、どんなに仕事が忙しい時であっても態度がブレません。

感情の動きを言葉や態度に出さないので、余裕を感じさせます。

こういった余裕は信頼を得やすく、紳士的な人の周りには自然と人が集まってきます。

お礼を欠かさない

紳士的な人は感謝の気持ちを常に忘れず持っています。

人に何かお願いごとをした時、上司からごちそうになった時など、何かしてもらったらお礼を欠かしません。

「ありがとう」という感謝の気持ちを素直に伝えられます。

その場でもお礼を言い、後日にも改めてお礼の気持ちを伝える、という、丁寧な方法を使うのも特徴的です。

最近はビジネスシーンでメールがよく使われていますが、メールや電話は手軽に使えられる一方、相手への気持ちが伝わりにくい手法です。

紳士的な人は、お礼状を出すという手間がかかる方法を好んで使う人が多く見られます。

場合によっては、相手へ負担にならない程度のプレゼントを渡すことで、感謝の気持ちを伝えることもあります。

お礼の仕方もスマートで、わざとらしさはありません。

過不足なくお礼ができ、バランス感覚にも優れています。

下ネタを使わない

下ネタをビジネスの場でもコミュニケーションの一つとして活用する人は少なくありません。

下ネタは一部の人間には盛り上がるネタですが、不快な思いをする人が多いのも事実です。

特に女性の場合はその割合が多いのですが、ビジネスシーンでは面と向かって嫌だと伝えるのは困難です。

紳士的な人は空気を読むのがうまく、周囲に細かい気配りをすることができるので、下ネタで不穏な空気が漂ってきた時に、きちんと対応してその場をうまく収められます。

軽度の場合はハッキリとたしなめると、逆恨みを買ったり、その場にいる他の人がとばっちりを受けることがあります。

やんわりと話の方向を変えることで、その場の雰囲気を壊すことなく、さらっとかわします。

誰もが悪い気分にならないように柔軟に対応できるのが、紳士的な人の特徴です。

ですが、悪ノリがひどい場合には、パワハラやセクハラであることを指摘し、改善を促せる芯の強さも持ち合わせています。

仕事道具にこだわる

仕事において紳士的な人というのは、ただ仕事がデキるというだけではありません。

効率よく仕事をこなすために、使用する道具ひとつひとつの管理が行き届いています。

たとえば、重要でないけれど保管しておかなければいけないファイルがあった場合、大抵の人は「だいたいここら辺で」くらいの認識で仕舞うでしょう。

ですがいざそれが必要だ、となったときに重要でないからと雑な保管をしてしまうと、場所がわからず大きなタイムロスとなります。

また、紳士的な人は自分だけが扱いやすければそれでいい、という利己的な考えではありません。

使った仕事道具は他の人にも扱いやすいように、気配りを持って配置したりまとめたりしています。

とても細かいことではありますが、結果的にそういった気配りが全体の効率の良さへと繋がっているのです。

コミュニケーションを重視する

例外はありますが一般的に、ある程度の会話が成り立ち、それなりの意志を持っていればだいたいの仕事をこなすことが出来ます。

ですが紳士的な人というのは、そういった点でも手を抜きません。

一度会った相手の名前と顔はしっかりと記憶していますし、名刺とメモをファイリングしてずらって記帳している人もいます。

話し上手・聞き上手でもあるので、ビジネスパートナーとの良好な関係を築き上げることに非常に長けています。

知識のない相手に対して専門用語を振りかざすのではなく、相手が理解できる水準での言葉選びをすることも得意です。

そしてそのどれもが、縁を結んだ相手との関係を大切にして、思いやりを持っているからこそ出来ることなのです。

才能だから、ではなく相手への心遣いのために一見不要に思われるような努力も誠心誠意こなしています。

ビジネスパートナーへの日々の声掛けといった、細やかなコミュニケーションを大切に出来ることもまた紳士的な人の魅力です。

聞き上手とは|特徴・長所・恋愛・仕事や聞き上手になるコツを解説!

身なりに気を配る

紳士的、というのは主に言動や振る舞い、そしてその容姿から浮かび上がるイメージの言葉でしょう。

言葉遣いが丁寧である・所作が美しいものであることは、仕事においてもちろん重要です。

そういった人の仕事はいつだって、丁寧で行き届いたクオリティの高いものだからです。

ですが、紳士的に仕事をこなし成功している人というのは、その容姿にも十分に気を遣っています。

高級な衣服を身に着ければ良い、という意味ではありませんがビジネス面で自信を持てる服というのはどうしてもお値段が張ります。

服にお金をかけるなんて、最低限仕事がこなせてだらしなくないならそれでいいよ、という人も少なくありません。

でも紳士的な人は何より心の余裕があるため、これは大事な仕事だからきちんと身なりを整えよう、といった発想が持てるのです。

余裕がなければ人は最低限の目標を掲げがちですが、そこからさらに一歩踏み出すことで一味違う、仕事の出来る紳士的な大人となれるでしょう。

デート中の紳士的な振る舞いとは

重たい荷物を持ってくれる

女性は小さな気配りができる男性を紳士的だと感じます。

買い物をして荷物ができた時に、代わりに持ってくれると、自分を大切にしてくれているんだ、と嬉しく思います。

それほど重たくなく、女性が持てるものであっても、気を遣って持ってくれることが大事なのです。

女性が持って欲しいとお願いをする前に、さりげなく代わって持ってあげると、より紳士的です。

また、荷物だけでなく重たいドアを開いて待ってあげるのも、好印象です。

自分に対してだけでなく、年配の人やベビーカーを押している人にも同じように行っていると、周囲に気配りができる紳士的な人だと思われます。

人に気遣いができるこういった行動を、「当たり前に」「自然に」行うのがポイントです。

やってあげている感が出ると、逆に評価は下がってしまいます。

テーブルの座る位置を考えてくれる

対面式のテーブルに座る場合、女性を奥の上座の席に座らせるのが、紳士的な振る舞いの基本です。

ですが、上級者になると、その場に応じて座る場所を考えることができます。

席の場所によっては、上座が女性にとって嬉しくない場合があります。

上座の方が喫煙席が近い場合や、冷暖房がキツい場合などです。

こういった環境の場合は、席を逆にした方が女性から喜ばれます。

また、夜景が見えるレストランの場合は、景色がきれいに見える方の席を勧めるのも、女性は嬉しいと感じます。

ある程度の気遣いができる男性は増えていますが、ここまでできる男性は少数です。

人とは違う細かい視点を持っていて気遣いができる男性に、女性はぐっときます。

いつも同じ対応をするのではなく、その場の状況を見て判断して柔軟に対応できるのが、上級者なのです。

会計をスマートに済ませる

一緒に食事をした時にスマートに会計を済ませられる男性は、女性から好意的に思われます。

よく挙げられるケースが、女性がお手洗いに立った間に会計を済ませていること。

何も言わずさりげなく会計を済ませる行為は、経済的にも精神的にも余裕を感じさせます。

女性はごちそうしてもらえると嬉しいものですが、会計方法もスマートにさらっとしてくれると、より紳士的だと感じます。

最近は割り勘の場合も増えていますが、この時でもレジ前で負担する割合を相談するのは見栄えが悪いもの。

支払いを立て替えておき、女性には「都合が良い時で良いから」と伝えるとスマートに会計できます。

金額も1円単位で割り勘にすると、ケチな男だと思われてしまいます。

ざっくりと1,000円単位で割り勘にし、食事量が多い男性が多めに負担するようにすると、良い印象が持たれます。

紳士的な服装とは

ネイビーを着こなす

カラーから見ていくと、落ち着いた色合いかつ様々なファッションに合わせやすいネイビーカラーの服装は紳士的なファッションの基本となります。

特にネイビーのポロシャツは、暑い夏場でもシンプルながら爽やかかつ大人びた印象を他人に与えます。

全身をブルーで固めることも可能であり、ネイビーカラーの濃淡で前進をコーディネートすることで上品な紳士的服装をアピールできます。

また、ネイビーのアイテムを取り入れることで、例えネイビーのファッションを着ていないにしてもどことなく紳士的な雰囲気を醸し出せます。

紳士的な服装の代表格でもあるスーツとの相性も良い色なので、紳士的なファッションを目指すのなら一着はネイビーの何かを持っておくと便利ですし、また各ファッションと合わせやすいことから着回し力も増します。

清潔感と装飾品

紳士的な服装として腕時計などの装飾品を身に着けている方もいますが、やり過ぎると嫌らしい印象を相手に与えてしまいます。

より紳士的な服装を目指すためには、さり気ないアピールが最も効果的であり、全体をシンプルに纏めながらもどこか光る装飾品を一点身に着けているくらいがちょうどよいでしょう。

また、清潔感も非常に重要であり、清潔感のないだらしない格好は紳士的な服装とは真逆の印象を与えます。

清潔感のなさは何も汚れやシミだけに現れているのではなく、サイズがいまいち合っていなかったり、きちんとシワを伸ばしていないことで年齢相応のおじさんに見えてしまいます。

例え立ち居振る舞いがきちんとしていても、清潔感がなく装飾品が派手な男性は紳士観から遠ざかってしまうため、スッキリとしたファッションがポイントです。

靴にこだわる

ビジネスでもそれ以外でも、靴へのこだわりは想像以上に他人への印象に影響を与えており、こだわりのある革靴を履いている男性はそれだけで紳士的に見えてきます。

靴はスーツと比較しても高価な品物であり、またスーツよりも小さいことから何となくコストパフォーマンスが悪いように思いがちですが、その人の人柄を見る時に靴をチェックする女性は少なくありません。

紳士的かつ高級な革靴は足先まで妥協していないイメージを与え、ビジネスも卒なくこなす男性という印象に繋がります。

また、靴は手入れ次第で十年単位で長持ちするため、今は高くても後々を考えるとお得な買い物ともいえます。

革靴の色に悩みがちな男性は、迷った時には定番のブラックやダークブラウンを購入し、少し冒険したい時にはブラウンを購入してみましょう。