繊細な女性の特徴や心理|繊細な女性をかわいいと思う男性心理とは

繊細な女性について、紹介します。
あなたの周りにも、繊細な女性はいませんか。
傷つきやすいイメージのある繊細な女性ですが、一体どんな人のことを言うのでしょうか。
ここでは、そんな繊細な女性の特徴や心理、恋愛傾向などを見ていきたいと思います。
繊細な女性に対する男性心理や合う男性の特徴、繊細な女性への接し方についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

繊細な女性の意味とは

まずは、「繊細な女性」の意味から紹介します。
「繊細」を辞書で引くと、以下のような意味がありました。
物の形が細くて小さいこと
感情や感覚が敏感で感じやすいこと
このことから、繊細な女性とは見た目がほっそりしており、弱々しい印象を与える人、だと言えるでしょう。
小さなことでも必要以上に気にしてしまい、落ち込みやすく、尚且つ立ち直るまでに時間がかかります。
繊細な女性は、傷つきやすい女性、と言い換えることもできますね。

繊細な女性の特徴

続いて、繊細な女性の特徴について紹介します。
繊細な女性には「感情や感覚が敏感で感じやすい」という意味があることが分かりましたが、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。
繊細な女性の特徴は、こちらです。

感受性が強い

繊細な女性の特徴には、感受性が強いことが挙げられます。
繊細な女性は人の気持ちを深読みしてしまったり、言葉の裏を考えてしまうなどとにかく感受性が強いのが特徴です。
映画やドラマで感情移入してしまうのは、もはや日常茶飯事。
相手の気持ちを考えられる、とも言い換えることができますね。

誰に対しても優しい

繊細な女性の特徴には、誰に対しても優しいことが挙げられます。
繊細な女性は、人を傷つけるようなことはしません。
誰に対してでも、平等かつ優しく接することができます。
自分が言われたら嫌なことは言わないので、悪口や差別的な発言をすることもないでしょう。

臆病な性格

繊細な女性の特徴には、臆病な性格であることが挙げられます。
繊細な女性は、臆病であるためなかなか一歩を踏み出すことができません。
新しいことにチャレンジするときなどは、不安しかないため誰かが先にやるのを待っているタイプですね。
そして、誰かがやって安全が確認されてから、自分も動き出すのです。

行動力がない

繊細な女性の特徴には、行動力がないことが挙げられます。
先程も触れたように、繊細な女性は臆病な性格をしています。
そのため、自ら率先して動き出すことはほとんどありません。
もしものことを考えて優柔不断になり、決断することができないので、必然的に行動力もないのです。

細身の体型

繊細な女性の特徴には、細身の体型であることが挙げられます。
繊細な女性は、どちらかというと細身の体型をしていることが多いです。
特に、第一印象で繊細そうだと思われる女性の大半は、細身で痩せ型だと言えるでしょう。
細身の体型だからこそ、弱々しい印象を与えるのです。

繊細な女性の心理

続いて、繊細な女性の心理について紹介します。
繊細な女性の特徴については先程紹介したとおりですが、繊細な女性はどんなことを考えているのでしょうか。
繊細な女性について知るためにも、その心理を紐解いていきましょう。

ネガティブ

繊細な女性の心理には、ネガティブなことが挙げられます。
繊細な女性は、物事をポジティブに考えることができません。
何でもかんでも悪い方にばかり考えてしまうのは、ネガティブな心理をしているから。
しかも一度ネガティブ思考に走り出すと止まらなくなるのが、非常に厄介なところです。

落ち込みやすい

繊細な女性の心理には、落ち込みやすいことが挙げられます。
繊細な女性は、小さなミスや失敗も必要以上に落ち込んでしまいます。
「また迷惑をかけてしまった」「どうして私は何をしてもダメなんだろう」と、自分を卑下することばかり考えては、落ち込んでしまうのです。

心配性

繊細な女性の心理には、心配性であることが挙げられます。
繊細な女性は、とにかく心配性だといえます。
一度気になると止まらなくなるタイプで、色々なことを考えすぎては心配になってたまりません。
たとえば、家の鍵を閉め忘れた気がする、と心配になったり、LINEの返事が来ないと変なことを言ってしまったかも、と心配するのです。

傷つくのが怖い

繊細な女性の心理には、傷つくのが怖いことが挙げられます。
繊細な女性は自分に自信がないので、何かあったときに傷つくのが怖くてたまりません。
傷つくのが怖く、その恐怖から自分を守るために、周りの空気を読んだり人に合わせたりしているのです。
一種の自己防衛ですね。

決められない

繊細な女性の心理には、決められないというものが挙げられます。
繊細な女性は、物事を自分で決めることができません。
Aを選べばBが悲しむ、などと考えたり、もしAが正解じゃなかったら…などとリスクを考えすぎてしまうため、悩んだ挙句に決められないということが少なくありません。

繊細な女性の恋愛傾向

ではここで、繊細な女性の恋愛傾向について紹介します。
繊細な女性はネガティブで落ち込みやすい性格をしていますが、一体どんな恋愛をするのでしょうか。
好きな人が繊細な女性だった、という人は特に、繊細な女性の恋愛傾向について理解しておきましょう。

経験が少ない

繊細な女性の恋愛傾向には、経験が少ないことが挙げられます。
繊細な女性は恋愛に関して奥手なのは言うまでもありませんが、同じ年頃の女性と比べて恋愛経験はかなり少なめ。
彼氏がいたことがない、という人も珍しくありません。
恋愛に興味はあるものの、踏み出せないのは単純に経験不足からきているのかもしれませんね。

アプローチできない

繊細な女性の恋愛傾向には、アプローチできないことが挙げられます。
繊細な女性は臆病な性格であるため、恋愛においても自分から積極的にアプローチすることができません。
いいなと思っても、自分から声をかけることすらままならないでしょう。
そのため、好きな人ができても、ただ見ているだけということが多いです。

好きになったら一途

繊細な女性の恋愛傾向には、好きになったら一途であることが挙げられます。
繊細な女性は、好きな人ができたら一途に思い続けることができます。
彼氏ができたら、尚更でしょう。
浮気をすることは、まず考えられません。
恋愛経験が少なく奥手な分、一度好きになったら簡単にはその熱は冷めないのです。

進展までに時間を要する

繊細な女性の恋愛傾向には、進展までに時間を要することが挙げられます。
繊細な女性は、一歩一歩階段を上っていくように恋人との関係を進めていくので、いきなり関係が進展することはありません。
エレベーターに乗ったときのような急展開は、繊細な女性との恋愛ではありえないと覚えておきましょう。

失恋したら引きずる

繊細な女性の恋愛傾向には、失恋したら引きずることが挙げられます。
繊細な女性は傷つきやすいので、失恋したら周りが引くほどに落ち込むことも少なくありません。
元カレのことをいつまでも引きずっていたり、失恋した経験から更に恋愛に臆病になることもあるでしょう。

繊細な女性をかわいいと思う男性心理

続いて、繊細な女性をかわいいと思う男性心理について紹介します。
繊細な女性は男性から見るとかわいいと思われやすく、恋愛に奥手な本人とは裏腹に男性からはモテることが多いです。
なぜ繊細な女性はモテるのか、かわいいと思う男性心理を見ていきましょう。

守ってあげたい

繊細な女性をかわいいと思う男性心理には、守ってあげたいというものが挙げられます。
繊細な女性は細身で弱々しい印象を与えるので、男性から見ると「すぐに壊れてしまいそう」なのだとか。
だからこそ、男である自分が彼女をまもってあげないと、という気持ちになるのでしょうね。

一途だから

繊細な女性をかわいいと思う男性心理には、一途だからというものが挙げられます。
繊細な女性は、一度好きになったらいつまでも一途に好きでいてくれます。
浮気をすることはないので、男性からすると「自分のことだけを見てくれる女性」なわけです。
それをかわいいと思わないはずがありませんね。

頼ってくれるから

繊細な女性をかわいいと思う男性心理には、頼ってくれるからいいというものが挙げられます。
繊細な女性は、臆病でなかなか一歩を踏み出すことができません。
あれこれ考えすぎてしまうのは問題ではありますが、男性は「自分を頼ってくれる彼女」が嬉しくて、かわいくてたまらないのです。

思いやりがあるから

繊細な女性をかわいいと思う男性心理には、思いやりがあるからいいというものが挙げられます。
繊細な女性は感受性が強いですが、それは言い換えれば人の気持ちが分かり、思いやりがあるということ。
自分のことを大切にしてくれている、という様子が繊細な女性は一目瞭然なので、男性はより惹かれていくのでしょうね。

話を聞いてくれるから

繊細な女性をかわいいと思う男性心理には、話を聞いてくれるからいいというものが挙げられます。
繊細な女性は自分から話すのは苦手である分、人の話を聞くのは得意分野。
男性と話すときも、基本的には聞き役に徹することが多いでしょう。
男性は自分の話をしたいというタイプが多いですから、話を聞いてくれる女性を良いと感じるのです。

繊細な女性と合う男性の特徴

続いて、繊細な女性と合う男性の特徴について紹介します。
繊細な女性は傷つきやすく、人の気持ちを過剰に感じ取ってしまうという傾向があるため、相性は非常に重要だといえます。
そんな繊細な女性と合う男性には、以下のような特徴が挙げられます。

包容力がある

繊細な女性と合う男性の特徴には、包容力があることが挙げられます。
繊細な女性は周りに気を遣いすぎる性格であることから、自分の意見を言うのが苦手です。
だからこそ、おすすめなのは包容力がある男性。
何があっても包み込んでくれるような優しさのある男性は、繊細な女性にもピッタリです。

褒め上手

繊細な女性と合う男性の特徴には、褒め上手であることが挙げられます。
繊細な女性は自信がなく、相手にどう見られているかが気になってたまりません。
ですから、些細なことでも褒めてくれる男性が良いでしょう。
デートのときの服装や髪型などを、サラッと褒めてくれる人がおすすめです。

安心感がある

繊細な女性と合う男性の特徴には、安心感がある人が挙げられます。
繊細な女性は傷つきやすく、相手の発言などを深読みしてしまうところがあるので、付き合うなら安心感のある男性がマスト。
見た目やスペックではなく、一緒にいて落ち着ける人が一番良い関係を築いていけるはずです。

感情の波が緩やか

繊細な女性と合う男性の特徴には、感情の波が緩やかであることが挙げられます。
繊細な女性は相手の発言などを深読みし、必要以上に考えすぎてしまうので、感情の波が緩やかな大人の男性が合うといえます。
些細なことで怒ったり不機嫌になるような子供っぽい男性は、付き合うと振り回されて疲れてしまいますよ。

相手のペースに合わせられる

繊細な女性と合う男性の特徴には、相手のペースに合わせられることが挙げられます。
繊細な女性は人と話すのが苦手であったり、なかなか結論を出せないなど、何をするにも「ゆっくり」なことが多いです。
そういう様子にイライラしたり、結論を急ぐタイプの男性とは、うまくいくことはありません。
繊細な女性のペースに合わせられる男性となら、うまくいく可能性も高いでしょう。

繊細な女性との接し方

最後に、繊細な女性との接し方について紹介します。
職場など身近に繊細な女性がいると、接し方に迷うこともありますよね。
勝手に重く受け止められたり、必要以上に落ち込まれることもあるためなかなか難しいのですが、繊細な女性へは以下のように接していきましょう。

相手のことを理解する

繊細な女性との接し方には、相手のことを理解することが挙げられます。
繊細な女性と上手に付き合っていくためには、相手のことを理解するのが必要不可欠。
よく知らない人と上手く付き合っていくことはできませんから、まずはじっくりと相手を理解することから始めましょう。

否定しない

繊細な女性との接し方には、否定しないことが挙げられます。
繊細な女性は、軽い否定をされただけでも「嫌われたかも」と感じてしまいます。
ちょっとめんどくさいですが、繊細な女性の言動は基本的に否定しないことをおすすめします。
「何それ、意味わからない」と言うのではなく、「え、それって○○ってこと?」と言い換えるのがおすすめです。

信頼関係を築く

繊細な女性との接し方には、信頼関係を築くことが挙げられます。
繊細な女性は、心を開くまでに時間がかかります。
しかし、焦ってはいけません。
心を開くまでは時間がかかりますが、一度心を開いてしまえば、しっかりとした信頼関係が築けるもの。
時間をかけて相手を知り、信頼関係を築いていきましょう。

話を最後まで聞く

繊細な女性との接し方には、話を最後まで聞くことが挙げられます。
繊細な女性はなかなか決断できないため、話もダラダラしてしまいがち。
時系列がズレていることもありますが、話を最後まで聞くことが大切です。
結論を先走ったり、食い気味に話すことのないように気をつけてください。

距離を詰めすぎない

繊細な女性との接し方には、距離を詰めすぎないことが挙げられます。
繊細な女性は、他の人よりパーソナルスペースが広いことが多く、人と近づきすぎることを恐れています。
信頼関係を築くまでは、むやみに距離を詰めるべきではありません。
相手が心地よいと思える距離を保ち、徐々に近づくようにしていきましょう。

まとめ:繊細な女性はモテる!良さを活かしていこう

繊細な女性の特徴や心理、恋愛傾向、繊細な女性をかわいいと思う男性心理、繊細な女性と合う男性の特徴、そして繊細な女性との接し方について紹介しました。
繊細な女性は相手の気持ちを受け取りやすく、人間関係がうまくいかないと悩むこともあるでしょう。
しかし繊細な女性は男性からの人気が高く、感受性が強いのも「人の気持ちに寄り添える」ということ。
自分の良さを活かして、人間関係を築いていけるといいですね。