世間体が気になって離婚できない人の特徴や心理|離婚したいけど世間体が気になる時の対処法とは

世間体が気になって離婚できない人について、紹介します。

今や結婚した夫婦の3組に1組が離婚する時代とも言われていますが、世間体が気になってなかなか離婚に踏み出せない人もいますよね。

夫婦仲が冷えきっているのに、なぜ離婚しないのでしょうか。

ここでは、世間体が気になって離婚できない人の特徴や心理、対処法について詳しく見ていきたいと思います。

ぜひ、最後まで読み進めてみてください。

世間体が気になって離婚できない人の特徴

まずは、世間体が気になって離婚できない人の特徴から紹介します。

結婚や離婚は当人たちの問題ではありますが、中には「世間体」が気になってなかなか離婚できないという人もいますよね。

世間体が気になって離婚できない人には、以下のような特徴があります。

自信が無い

世間体が気になって離婚できない人の特徴には、自信が無いことが挙げられます。

世間体が気になって離婚できない人は、基本的に自信がありません。

だからこそ、もし離婚した場合に周りから色々言われるかも…と思ったり、離婚したら自分なんて一生独りかもしれないと思ってしまうのです。

見栄っ張り

世間体が気になって離婚できない人の特徴には、見栄っ張りなことが挙げられます。

世間体が気になって離婚できない人は見栄っ張りなので、離婚したことで周りからあれこれ詮索されることに耐えられません。

離婚するということは、あなたかパートナーのどちらかに問題があったということなので、それにより自分の評価が下がることを懸念しているのです。

仮面夫婦

世間体が気になって離婚できない人の特徴には、仮面夫婦であることが挙げられます。

あなたが本音では離婚したいと思っていることは、間違いなくパートナーも気づいていることでしょう。

本心を知りながら、愛情がないことを認識しながら一緒にいるわけですから、仮面夫婦以外の何者でもありませんね。

ストレスが溜まっている

世間体が気になって離婚できない人の特徴には、ストレスが溜まっていることが挙げられます。

恐らく今のあなたは、「世間体」と「自由」という2つの状況の板挟みになっていることでしょう。

こういう状態が続けば、ストレスが溜まるのも無理はありません。

自分で思っている以上に、ストレスが溜まっているはずです。

自分の意見が言えない

世間体が気になって離婚できない人の特徴には、自分の意見が言えないことが挙げられます。

世間体が気になって離婚できない人というのは、どちらかと言うと大人しい性格で、自己主張が苦手な傾向にあります。

離婚したいという気持ちも、はっきりとパートナーに伝えたことはないのではないでしょうか。

世間体が気になって離婚できない人の心理

続いて、世間体が気になって離婚できない人の心理について、紹介します。

なぜ、夫婦仲が冷えきっていたりパートナーに対して愛情がないにも関わらず、世間体を理由に離婚できないのでしょうか。

その心理を、紐解いていきましょう。

周りから言われるのが怖い

世間体が気になって離婚できない人の心理には、周りから言われるのが怖いというものが挙げられます。

世間体が気になって離婚できない人は、離婚したことによって周りの人(近所、職場など)にあれこれ言われるのが怖くてたまりません。

プライベートを詮索されることに恐怖を覚え、離婚に踏み出せないのでしょう。

周りの目が気になる

世間体が気になって離婚できない人の心理には、周りの目が気になるというものが挙げられます。

今や離婚も珍しいものでは無いとはいえ、やはり「離婚」にネガティブなイメージを持っている人も少なくありません。

離婚したことで、自分を見る周りの目が変わるのでは…と心配でたまらないのです。

噂されそう

世間体が気になって離婚できない人の心理には、噂されそうというものが挙げられます。

特に田舎の場合、誰々が結婚したとか離婚したとかいう話は、あっという間に広がってしまうもの。

面白半分で聞きに来る人も、いるかもしれません。

どこに行っても噂の対象になっていると思ったら、確かに離婚も踏みとどまってしまいますね。

恥ずかしい

世間体が気になって離婚できない人の心理には、恥ずかしいというものが挙げられます。

昔の風習が根強い地域では、特に離婚した女性は「ダメな人」「妻失格」などというレッテルを貼られてしまいがち。

男女平等とはいえ、離婚の原因は女性にあると考える人は一定数いますからね。

たとえば「浮気された女」「家事のできない女」などと言われるのが恥ずかしくて、離婚することができません。

子供のことが心配

世間体が気になって離婚できない人の心理には、子供のことが心配というものが挙げられます。

離婚して母親が子供を引き取るとなると、子供の名字が変わるという問題が出てきます。

そうなったとき、子供が色々言われないか、いじめられないかなどが気になり、離婚できない人は多いのではないでしょうか。

離婚したいけど世間体が気になる時の対処法

最後に、離婚したいけど世間体が気になるときの対処法について紹介します。

離婚したいと思うものの、世間体が気になって離婚できないときは、どうすれば良いのでしょうか。

結局のところ、世間体云々に関係なく、離婚するかどうかを決めるのはあなたの気持ちなのです。

自分の気持ちに向き合う

離婚したいけど世間体が気になるときの対処法には、自分の気持ちに向き合うことが挙げられます。

離婚するかどうかを決めるのは、あなたとパートナーであり、第三者ではありません。

まずは、自分の気持ちにじっくりと向き合ってみてください。

世間体云々ではなく、「あなたの」気持ちと向き合うことが大切です。

メリット、デメリットを考える

離婚したいけど世間体が気になるときの対処法には、メリットとデメリットを考えることが挙げられます。

今、自分の本音に従って離婚するメリットとデメリットを、自分なりにまとめてみましょう。

同時に、離婚しないメリットとデメリットも考えてみてください。

あなたにとってどちらがメリットが多いのかが分かれば、自ずと答えも見えてくるはずですよ。

自信をつける

離婚したいけど世間体が気になるときの対処法には、自信をつけることが挙げられます。

自信がないことも、世間体を理由に離婚に踏み出せない理由だという話をしましたね。

1人でも生きていける、と思えるだけの自信をつけましょう。

離婚して色々言われたとしても、堂々としていれば意外と怖くないものですよ。

引越しを視野に入れる

離婚したいけど世間体が気になるときの対処法には、引越しを視野に入れることが挙げられます。

田舎などで噂が絶えないような場合は、思い切って引越しを考えるのも1つの手。

離婚をきっかけに、新しい土地でやっていくというのも、案外悪くないかもしれませんよ。

自分は自分と割り切る

離婚したいけど世間体が気になるときの対処法には、自分は自分と割り切ることが挙げられます。

何を言われても構わない、という強い意志のある人は、自分は自分だと割り切っており、他人と比べることをしません。

世間体が気になる気持ちも分かりますが、自分は自分と割り切って考えてみると、どういう結論を出すのが最善なのかがわかってくるのではないでしょうか。

まとめ:人生一度きり、悔いのないようにしよう

世間体が気になって離婚できない人の特徴や心理、離婚したいときの対処法について紹介しました。

世間体は確かに重要ですが、一度きりの人生を棒に振ってまで守る価値のあるもの、とは思いません。

もちろん、世間体を重視して離婚せず、我慢し続ける道を選ぶならそれもあり。

あなたの人生ですから、後悔のないように自分の気持ちに向き合ってみてくださいね。