生活音がうるさい男の特徴や心理|生活音がうるさい男への対処法とは

人のドアを締める音・歩く音といった生活音が気になってしまった経験はありませんか?誰でも1度は人の生活音をうるさいと感じたことがあるでしょう。特に男性は体が大きく力が強いこともあり、生活音が大きくなりがちです。

今回は生活音がうるさい男性について紹介していきます。生活音がうるさい男の特徴を初めとする、原因や心理・対処法など、様々な点から紹介していきます。

生活音がうるさい男の特徴

生活音がうるさい男は、どのような印象を持ちますか?ここでは生活音がうるさい男の特徴を紹介します。

ぜひ参考にして、自分自身または周りの人で当てはまる項目がないかを見比べ、生活音がうるさい男がどのような人なのかを知りましょう。

ジッとしていられない

生活音がうるさい人は、ジッとしていられないという特徴が見られます。動き回ることが多いので、その分人より音を立ててしまうこともあり、生活音がうるさいと感じてしまうのかもしれません。

何度もドアを開け閉めして出入りが多かったり、椅子に立ったり座ったりすることが多かったり、音が気になってしまいます。

がさつ

がさつな人は基本的に生活音が大きくなりがちです。丁寧にものを扱うということができないのでしょう。ものを置くのではなく投げてしまったり、ドアを閉じるのではなく勢いよく力任せに締めるなど、適当なのです。

自己中心的

自分のことしか考えていない自己中心的な人は、生活音がうるさくなりがちです。静かにしないと人に迷惑がかかるという考えがないので、生活音がうるさくても気にしません。

自分の生活音がうるさいと感じる人はいません。自己中心的な人は自分が良ければ問題ないので、生活音に気を使うということはないのです。

せっかち

生活音がうるさい男はせっかちな特徴をもちます。丁寧な行動よりも、いかに効率的に物事を進めるか、時間を有意義に使うかに意識を向けているので、多少荒い扱いをしても仕方がないと考えているのです。

歩いても間に合う所を小走りをして足音を立てたり、早打ちをするために勢いよくキーボードを叩くなど、音は大きめです。

力加減が出来ていない

力加減が出来ていないことがあげられるでしょう。男性はもともと女性に比べ力が強いこともあり、生活音は大きめです。また体も大きいので体重がかかり大きな音を立ててしまうこともあります。

自宅では階段の上り下りの音で誰か分かるというエピソードも多く聞かれることです。また家に近づく足音で夫の帰りが分かるという女性もいるでしょう。

生活音がうるさい男の心理

生活音のうるさい人を見て、なぜそんなに生活音が大きくなってしまうのか、疑問に感じたことはありませんか?生活音がうるさいのは理由があります。

ここでは生活音がうるさい男の心理を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

イライラしている

その時の精神状態は、行動に表れます。特にイライラしているときは、その感情を抑える為に必要以上に力が入ってしまうものです。感情が高まりものに当たってしまうので、生活音がうるさくなってしまうのです。

ものに当たってイライラを解消しようとしているのかもしれません。

存在をアピールしている

生活音をうるさくして、自分の存在をアピールする人もいます。かまってほしい・目立ちたいという男性は多くいます。しかし常に誰かに話しかけてかまってもらう事はできません。

特に仕事をしているときは、業務に集中していなければ怒られてしまいます。生活音がうるさい男は、大きな音を立てることで、自分の存在に気が付いてほしいと思っているのです。

環境

生活音を気にする環境に育っていなければ、生活音が人より大きくても気にすることはないでしょう。むしろ生活音がうるさいのはいつものことなので、何の疑問も抱きません。

生活音の音は誰かに指摘されなければ、気が付くことができないことなのです。

焦っている

急いでいるときに、生活音に気を使い行動できる人はいません。特に仕事で時間に追われ焦っている人は、生活音を気にする余裕がないのです。

行動一つ一つが早く終わることだけを考えています。

言いたいことがある

生活音を大きくすることは、口には出していませんが何か気が付いてほしいことがあるのです。これは会社の上司に見られる行動ですが、新人が自ら気が付かなければいけないことを、音で気が付くように促しているのです。成長させるための手段として使っているのでしょう。

生活音がうるさい男への対処法

人の生活音は気になって仕方がなくなります。特に生活音がうるさい人には不快感を持ってしまうでしょう。

生活音がうるさく堪えられないという人に、対処法を紹介します。参考にし、できることから少しずつ対処してみましょう。

指摘する

生活音は自分では気づきにくく、人に指摘されて初めて自分の生活音のうるささに気が付いたという人は少なくありません。生活音がうるさい音のへの対処法を考えた時、一番最初に思いつく方法と言えるでしょう。

しかし指摘することで相手を傷つけてしまう可能性もないとは言えないため、言い方に注意しましょう。

気にしない

生活音は1度気になったら気にしないようにするのは難しいです。しかしいちいち気にしていたらストレスが溜まってしまいます。

生活音に慣れ、「いつものこと」と気にしないようにしましょう。

原因を探す

急に生活音がうるさくなったら、何か原因があるはずです。本人に何かあったか聞き、その原因となることを解決する必要があります。

急いで終えなければならない仕事がある、上司や同僚などに不満があるなど、原因は意外と身近にあるのではないでしょうか。

使うものを変える

音を軽減するための道具は数多くあります。椅子の下にマットを引く、ドアをゆっくり閉まるものに変えるなど、意識しても音が小さくならないのであれば、使用する物を変えてしまえば良いのです。

また部屋によってものの配置を変えることで、音の響きを軽減することも可能です。

離れる

席が近い人が生活音がうるさいと、気にしないというのは難しいでしょう。なるべく遠い場所に席を設けてもらえるように、相談してみるのも一つの手です。同じ事務所内では変わらないと思うかもしれませんが、隣でうるさくされるのと少し離れた場所でうるさくされるのでは全く違います。

生活音を気にしない方法とは

生活音は気にしなければよいと言う人がいますが、気にしないと決めたからと言ってすぐに実行できるものでもありません。どうしたらよいのか分からないという人の為に、ここでは生活音を気にしない方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

耳栓をする

耳栓は耳に装着することで、音を聞き取りづらくすることができる便利なアイテムです。何かに集中したいときや、うるさい場所で仮眠をする時などに使用する人は多いでしょう。

生活音が気になるときには、耳栓を使用し気になる音をシャットアウトしてしまえばよいのです。しかし他の音も同時に聞きづらくなってしまうので、気を付けなければなりません。

音楽を聴く

音楽でうるさい生活音を紛らわせるのも良い方法です。自分の好きな音楽や、リラックス効果の高い音楽を選び聞くことで、イライラも治めることができます。

部屋全体にながすことができないのであれば、イヤホンを使って音楽を聴いても良いでしょう。

集中する

人は何かに集中していると、極端に大きな音以外気が付かないということがあります。仕事でも趣味でも何でも良いので、集中することを心がけましょう。

生活音が気にならなくなるだけでなく、仕事がはかどったり趣味をめいいっぱい楽しむことができます。

外出する

生活音が気になり始めたら、一度その場を離れてみましょう。離れて別のことを考えることで、頭の中をリセットすることができます。

もちろんその場に戻れば、またうるさい生活音を聞かなければならなくなりますが、気持ちを落ち着かせてからなので、辛さは半減することができます。

手先を動かす

手先を動かすことは集中することができ、生活音から紛らわす良い方法です。無意識にペンをカチカチさせたり、指先で机をたたいたりした経験はありませんか?

指先を動かすことで気持ちを落ち着かせることもできるのです。

自分の生活音を確認しよう

自分の生活音の大きさに気が付く人は少なく、知らず知らずのうちに人に迷惑をかけてしまっているということも考えられます。身近な人に生活音がうるさくないか確認してもらうと良いでしょう。

またその時の感情で生活音が大きくなってしまうこともあるので、自分が物に当たってしまっていないか思い返してみるのも良いと言えます。