専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由は?離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきこと

専業主婦の離婚は悲惨なのか?について、紹介していきます。

現代は、3組に1組が離婚する時代とも言われており、離婚自体は決して珍しいものではありません。

しかし、専業主婦の離婚は悲惨だと言われることも多いですよね。

ここでは、専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由や離婚して後悔している人の特徴、年金問題、専業主婦が離婚したいと言われたときにやるべきことについて、詳しく見ていきたいと思います。

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由

まずは、専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由について紹介します。

離婚は決して珍しいものではない、と言いましたが、専業主婦の離婚は世間からも悲惨だと言われていますよね。

なぜ、専業主婦の離婚は悲惨だと言われるのでしょうか。

その理由には、以下のものがあります。

貧困問題

専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由には、貧困問題が挙げられます。

やはり専業主婦の離婚が悲惨だと言われる一番の理由が、貧困問題に該当することでしょう。

夫の収入がなくなり、貯金を崩して生活していかなくてはならないのは、悲惨だと言われても仕方がありませんね。

仕事が見つからない

専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由には、仕事が見つからないことが挙げられます。

専業主婦だったということは、結婚している間は仕事はしていなかった、ということ。

独身時代に働いていた経験があっても、長期間のブランクがあることは否めません。

専業主婦が仕事のないまま離婚すると、仕事が見つからないということもあるのです。

住む場所がなくなる

専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由には、住む場所がなくなることが挙げられます。

離婚するということは、別々に暮らすということ。

大抵の場合、女性が今住んでいる家を出ていくことになるでしょう。

そうなると、住む場所を探すところから始めなくてはならないので、悲惨だと言われてしまうのです。

孤独感が強まる

専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由には、孤独感が強まることが挙げられます。

専業主婦は外で働いておらず、家の中のことばかりしてきました。

家族以外と関わることがほとんどなかった人の場合、離婚して一人暮らしを始めることで、より孤独感が強まる恐れがあるでしょう。

頼れる人がいないという状況が、悲惨だと言われる原因です。

社会常識を知らない

専業主婦の離婚が悲惨だと言われる理由には、社会常識を知らないことが挙げられます。

専業主婦の期間が長かった人ほど、社会に出て人と関わるということから遠ざかっていました。

社会常識を知らない、というのは、今後社会に出て働くことになったとき、致命的になりかねません。

常識を知らないまま社会に放り出されたら、確かに悲惨ですね。

専業主婦で離婚して後悔している人の特徴

続いて、専業主婦で離婚して後悔している人の特徴について紹介します。

専業主婦で離婚したものの、「離婚しなければ良かった…」と後悔している人も少なくありません。

専業主婦で離婚して後悔する人には、以下のような特徴があります。

詳しく見ていきましょう。

勢いで離婚した

専業主婦で離婚して後悔している人の特徴には、勢いで離婚したことが挙げられます。

たとえば喧嘩した勢いで離婚してしまった、感情的になってしまって離婚してしまったという場合、冷静に話し合えば良かった…と後悔することになるでしょう。

その場の勢いで離婚してしまうと、多くの人が離婚したことを後悔してしまいます。

養育費をあてにしていた

専業主婦で離婚して後悔している人の特徴には、養育費をあてにしていたことが挙げられます。

子供がいて離婚する場合、子供のための費用として養育費を別れた夫から貰うことができます。

しかし、夫に資産がなければ養育費を貰うことはできませんし、そもそも養育費は子供のためのお金なので、あてにしていると痛い目を見るでしょう。

財産分与をあてにしていた

専業主婦で離婚して後悔している人の特徴には、財産分与をあてにしていたというものが挙げられます。

財産分与は、結婚生活で得た財産を平等に分ける手続きのこと。

専業主婦で直接的な稼ぎがなくても、財産分与を受けることは可能です。

しかし結婚期間が短かったり分ける財産がそもそも少ない場合は、当然ですが受け取るものも少なくなるので、あてにしていると「こんなはずじゃなかった…」となるのです。

収入が少なく厳しい

専業主婦で離婚して後悔している人の特徴には、収入が少なく厳しいことが挙げられます。

専業主婦が離婚して自分でお金を稼ぐというのは、口で言うほど簡単なことではありません。

働いてみたら大変だった、収入が少なくて食事すらままならなかったなど、厳しいと感じることもあるでしょう。

生活が苦しい

専業主婦で離婚して後悔している人の特徴には、生活が苦しいことが挙げられます。

収入のことを筆頭に、住むところなども含めて生活が苦しいと感じるとき、離婚するべきじゃなかった…と後悔する人が多いです。

今までよりも明らかに生活レベルを下げることになると、どうしても「後悔」の2文字が頭をよぎることになるでしょう。

専業主婦が離婚したら年金はどうなる?

ではここで、専業主婦が離婚したら年金はどうなるのか?について、お話します。

通常、会社員の夫を持つ専業主婦は、国民年金(第3号被保険者)の扱いで、夫の年金制度から負担されています。

こちらは夫の扶養であることが加入条件ですから、離婚したら加入し続けることはできません。

離婚後は、国民年金もしくは厚生年金に加入し、自分自身で年金を支払うことになります。

また、婚姻期間中の年金に関しては、「年金分割」を利用すれば専業主婦であった期間の年金を分割して受け取ることが可能です。

ただし、年金分割で受け取れるのは婚姻期間中の厚生年金記録のみとなりますので、婚姻期間が短かった場合、専業主婦の期間が短かった場合は受け取れる金額も少なくなるのでご注意ください。

専業主婦の人が突然離婚したいと言われたらどうするべき?

続いて、専業主婦の人が突然離婚したいと言われたらどうするべきなのか?について、お話していきたいと思います。

専業主婦の離婚は、経済的理由から不安なことも多く、悲惨な末路を辿ることも少なくありません。

そうならないためにも、もし夫から突然離婚したいと言われたら、以下のことを実施してみてください。

理由を聞く

専業主婦の人が突然離婚したいと言われたらどうするべきか?には、理由を聞くことが挙げられます。

身に覚えがないのに突然夫から離婚したいと言われたら、まずは理由を聞きましょう。

理由が分からないことには、離婚に応じることも何もできません。

理由を聞くのは怖いかもしれませんが、まずは理由を聞くことから始めましょう。

しっかり話し合う

専業主婦の人が突然離婚したいと言われたらどうするべきか?には、しっかり話し合うことが挙げられます。

理由を聞き、離婚したくないと思ったのであれば、きちんと話し合いをしましょう。

感情的になったら負けなので、感情的にならずに冷静な話し合いを心がけてください。

冷静さを失いそうなときには、第三者に間に入ってもらうこともおすすめです。

条件について専門家に相談

専業主婦の人が突然離婚したいと言われたらどうするべきか?には、条件について専門家に相談することが挙げられます。

離婚は避けられないと感じたら、少しでも良い条件で離婚できるよう、条件について専門家に相談しましょう。

専業主婦が離婚すると、経済的な不安が生じるのは避けられないので、少しでも良い条件で離婚することが大切です。

自分の本心を整理する

専業主婦の人が突然離婚したいと言われたらどうするべきか?には、自分の本心を整理することが挙げられます。

突然夫から離婚したいと言われ、あなたはどう思いましたか?

自分の気持ちは、あなたにしか分かりません。

一度冷静に自分自身に問いかけてみて、自分の本心を整理してください。

円満な離婚を目指す

専業主婦の人が突然離婚したいと言われたらどうするべきか?には、円満な離婚を目指すことが挙げられます。

専業主婦が離婚することになったら、やはり円満離婚を目指すべき。

泥沼離婚になってしまうと、離婚したあとにみじめな生活をすることになりかねません。

できるだけ冷静に、かつ円満な離婚を目指すべきです。

専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきこと

最後に、専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきことについて、お話します。

専業主婦が離婚しても、周りからみじめだと思われないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。

一番の不安は経済的なものなので、それらの不安を払拭しておかなくてはなりません。

資格を取る

専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきことには、資格を取ることが挙げられます。

専業主婦が離婚したあと、一番困るのは就職先が見つからないこと。

専門的な資格を持っていれば、就職先に困ることはありません。

就職に役立つ資格を、離婚前から取得しておきましょう。

安定した収入を確保

専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきことには、安定した収入を確保することが挙げられます。

離婚してみじめだと思われるのは、離婚した後に収入が明らかに減り、生活が苦しくなるため。

ですから、そうならないように離婚前から安定した収入源を確保しておくことが大切です。

頼れる人を探しておく

専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきことには、頼れる人を探しておくことが挙げられます。

専業主婦は今まで社会に出て働いていなかった分、離婚すると頼れる人が誰もいない…という状況になりがち。

それを避けるためにも、いざというときに頼れる人を探しておきましょう。

資産運用を学んでおく

専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきことには、資産運用を学んでおくことが挙げられます。

資産運用は、現在はやっている人も多いですよね。

FXや株など、資産運用は学んでおいて損はありません。

限られた収入で今後も生きていくためにも、資産運用を学んでおくことはおすすめですよ。

後悔しない離婚をする

専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやっておくべきことには、後悔しない離婚をすることが挙げられます。

離婚後に後悔してネガティブになっている人は、他人から見てもみじめそのもの。

しかし、前向きな離婚だったらみじめには見えません。

自分が後悔しないよう、お互いにとって前向きな離婚をすることが大切です。

まとめ:専業主婦の離婚は経済的不安を解決してからにしよう

専業主婦の離婚は悲惨だと言われる理由や、離婚して後悔している人の特徴、年金問題、夫から突然離婚したいと言われたらどうするか、そして専業主婦が離婚してみじめだと思われないためにやるべきことを紹介しました。

専業主婦の離婚において、一番の不安は経済的な問題であることに違いありません。

専業主婦が離婚する場合は、勢い任せで離婚するのではなく、きちんと経済的問題を解決してからにしましょうね。