管理職になってはいけない人の特徴や性格は?なってはいけない人が管理職になった時の対処法も!

組織や部下の指揮、業務の管理などの複雑な仕事をこなさなければならない管理職。

管理職は組織を成長させる大きな役割をになっていますが、中には明らかにむいていない人っていますよね。

今回は、そんな管理職になってはいけない人の特徴や性格についてご紹介します。

管理職になってはいけない人が管理職になった場合の対処法もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

管理職になってはいけない人の特徴

何かと苦労が多い管理職。

そんな苦労が多く大変な管理職に、なってはいけない人と言うのが一定数存在します。

そこで、ここでは管理職になってはいけない人の特徴をご紹介します。

気になる人は、自分自身や職場の人に当てはめながら読んでみてくださいね。

経験不足

管理職になってはいけない人の特徴として、経験不足なことが挙げられます。

管理職は全体の仕事内容を把握し、人を上手く動かすと言う高度なスキルが求められます。

最初から上手くできる人もいますが、経験不足の場合はとても難しいです。

基本的に、経験が少ない人には管理職はむいていません。

仕事が出来ない

管理職になってはいけない人の特徴として、仕事が出来ないことが挙げられます。

仕事が出来ない人が管理職になるとしたら、実際の実力よりも評価が著しく高いためです。

このような見せかけだけの人は管理職に向いておらず、部下はもちろんのこと自分自身も苦労します。

人の気持ちが分からない

管理職になってはいけない人の特徴として、人の気持ちが分からないことが挙げられます。

人の気持ちがわからないタイプは、職場のトラブルを解決したり、人を上手く動かしたりすることは出来ません。

このタイプが管理職になると、職場の空気が悪くなるばかりか、業務上のトラブルが頻発します。

業務全体が俯瞰できない

管理職になってはいけない人の特徴として、業務全体が俯瞰できないことが挙げられます。

今日も全体が俯瞰できていないと、自分の目に付いたところばかり意識してしまい、仕事をスムーズに進めることが難しいです。

頭でっかちで、現実的ではない無茶苦茶な指示をしてしまうことも多いです。

相談相手がいない

管理職になってはいけない人の特徴として、相談相手がいないことが挙げられます。

たとえ能力が高くても、相談相手がいない人は管理職には向いていません。

相談相手がいない人が管理職になると、トラブルが起きた際に対応しきれなくなり、業務に支障が出やすいです。

管理職になってはいけない人の性格

管理職になってはいけない人には、内面的にも要因があります。

この項目では、管理職になってはいけない人の性格について解説していきます。

管理職になってはいけない性格がどんなものなのか、気になる人はぜひチェックしてください。

キャパシティが小さい

管理職になってはいけない人の性格として、キャパシティが小さいことが挙げられます。

キャパシティが小さい人は、忙しくなると途端にパニックになったり感情的になったりして、管理職の役割を果たせません。

頭でっかちなタイプもキャパシティが小さく、管理職の器じゃないと言えます。

穏やか過ぎる

管理職になってはいけない人の性格として、穏やか過ぎることが挙げられます。

管理職は、時には人を叱ったり注意したりしなければいけない立場です。

しかし、あまりにも穏やか過ぎる性格だと強いリーダーシップを取るのが難しく、人や組織の管理が出来ません。

真面目過ぎる

管理職になってはいけない人の性格として、真面目過ぎることが挙げられます。

真面目さも重要ですが、行き過ぎると管理職は勤まりません。

管理職は難しい判断を任されるばかりか、仕事量も増えます。

真面目過ぎる人は完璧にこなそうとするあまり、精神的に辛くなってしまうのです。

自己中心的

管理職になってはいけない人の性格として、自己中心的なことが挙げられます。

業務全体を見渡して指示をし、仕事を進めるのが管理職の仕事です。

しかし、自己中心的な性格の人は自分の都合ばかり考えてしまいます。

結果的にどこかにしわ寄せが発生し、仕事が上手く回らなくなるのです。

無責任

管理職になってはいけない人の性格として、無責任なことが挙げられます。

管理職は部下や仕事を調整し、しっかりと管理することが求められます。

しかし、無責任な人はトラブルが起きても何もせず人のせいにするだけで、解決するどころか現場の負担を増やしてしまうのです。

なってはいけない人が管理職になった時の対処法

最後の項目では、なってはいけない人が管理職になった時の対処法をご紹介します。

「なぜこんな人が管理職に…」そんな人がその立場につくと、スムーズに仕事が進みませんよね。

そんな時に使える実践的な方法をご紹介しますので、困っている人は参考にしてみてくださいね。

管理職の上の上司と緊密にやり取りする

なってはいけない人が管理職になった時の対処法として、管理職の上の上司と緊密にやり取りするのが効果的です。

管理職が役割を果たさない場合、仕事上のトラブルや相談事はさらに上の上司を頼る他ありません。

現場の現状を伝えるためにも、なるべく緊密にやり取りしましょう。

論理的に話す

論理的に話すのも、なってはいけない人が管理職になった時の有効な対処法です。

管理職にむかない人は話が通じないタイプが多く、意志疎通が困難です。

しかし、論理的に話せば話の内容が伝わりやすくなり、時間のロスを減らせます。

あらゆる場面で役立つので、ぜひ意識してみてください。

相談相手を見つける

なってはいけない人が管理職になった時の対処法として、相談相手を見つけることが重要です。

管理職の人が能力不足だと、トラブルが起きても自分で動くしかありません。

しかし、一人でやれることは限られていますよね。

このようなトラブルに備えて、力になってくれる相談相手を見つけておきましょう。

まめにコミュニケーションをとる

なってはいけない人が管理職になった時の対処法として、まめにコミュニケーションをとるのもおすすめです。

管理職に向かない人はコミュニケーションに難がある場合が多いです。

しかし、こちらからまめにコミュニケーションを取っていれば、案外スムーズに仕事が進められます。

極力悪口を言わない

なってはいけない人が管理職になった時の対処法として、極力悪口を言わないことが鍵です。

いくら管理職にむいていなくても、悪口を言えばトラブルが増えるだけです。

悪口がきっかけで嫌がらせや仕事の邪魔をされる場合もあるので、グッと堪えて穏便に仕事に打ち込みましょう。

時には妥協も必要!ポイントを抑えて上手く対処しよう

今回は、なってはいけない人が管理職になったケースについて詳しくお伝えしました。

むいていない人が管理職のポジションにつくと、本人だけでなく、同僚や部下もとても苦労しますよね。

しかし会社が決めたことに逆らうのはとても難しいので、時には妥協しつつポイントを抑えて上手に対処しましょう。

具体的にどう動けばいいか分からない時は、今回ご紹介した対処法を参考にしてみてください。