雑談が苦手な女性の特徴や心理|雑談が苦手な女性が今すぐ使える雑談ネタを紹介!

女性はお喋りな人が多く、職場では仕事そっちのけで同僚との雑談に夢中になってしまう人も少なくはありません。反対に、女性であっても人と他愛もない会話をすることが苦手という人も存在します。
今回は、雑談が苦手な女性について紹介していきます。
雑談が苦手な女性の特徴・心理や、雑談が苦手な女性向けのトレーニング方法など、会話上手になりたい方は必見の情報を紹介していきます。

雑談が苦手な女性の特徴

とりとめのない話をするのが不得意な女性は、周りの人から見ても話しかけづらいオーラを放っていることが特徴的です。基本的に人と群れることを好まず、また、自分の感情を表現するのが苦手です。
ここでは、雑談が苦手な女性の特徴を詳しく紹介していきます。

一人行動が好き

雑談が苦手な女性は、基本的に集団行動を苦手とし、一人行動を好む傾向があります。
一人でいるのが好きなのは、人と一緒にいると気を使う・会話が面倒など様々な理由があります。そのため、職場でも必要以上に慣れ合おうとはせず、周りからもどこか近寄り難い存在と思われがちです。

冷静沈着

冷静沈着なタイプの女性は、仕事の業務内容を人に説明することなどは得意ですが、雑談となると会話に入っていけないことが特徴的です。
女性同士の雑談は、お互いの感情をただたださらけ出すだけで内容がない場合がほとんどです。冷静沈着な人は、自分の思いを他者に伝えることがとても苦手なので、会話を続けることができません。

ミステリアス

雑談に参加しない女性は、周りの人から「ミステリアス」と思われがちです。
「女性はお喋り」と思い込んでる人は非常に多く、あまり喋らない女性を「何を考えているか分からない」「不思議な人」と決めつけてしまいます。
また、雑談しないことにプラスして見た目が美人である場合は、より一層ミステリアスに見えます。

内向的

雑談が苦手な女性には、内向的な性格の人も非常に多いです。
内向的な人は基本的に人とのコミュニケーションが非常に不得意で、特に雑談なんて最も避けて通りたい分野なのです。初対面の人には人見知りをし、職場で毎日会う人であってもなかなか心を開けない…本人もそれがコンプレックスで、悩んでいる場合もあります。

繊細で傷つきやすい

繊細で傷つきやすく、人が何気なく放った一言を異常に気にしてしまう…それが原因で、雑談に恐怖心を持っているタイプも存在します。
このタイプは、どんな話でも一語一句真剣に聞き過ぎてしまう傾向があります。女性同士の雑談は、お互いに相手の話をあまり聞いていない・ただ喋りたいだけという場合がほとんどです。それができず、何気ない一言で「嫌われてるのかな?」と考えたり、相手は何とも思っていなくても「変なことを言ってしまった」と自分の言った事を思い返し後悔することもあります。

職場での雑談が苦手な女性の心理

女性同士は職場であっても井戸端会議を始めたり、お喋りに夢中になってしまいがちです。周りの人への興味関心が強く、噂好きな人は特にそのような傾向が目立ちます。雑談が大好きな女性達は、あまり会話に参加してこない女性に対して「一体何を考えているのか?」と疑問を感じ、時には「感じが悪い」とさえ思うこともあるでしょう。
そこで、ここでは職場での雑談が苦手な女性の心理を詳しく紹介していきます。

人に興味がない

職場の人に興味がない場合、雑談に参加しようとは思わないものです。
また、興味がないだけでなく「嫌い」とまで思っているケースもあります。例え職場の人であっても、好きじゃない相手と笑い合って話すことが困難な、かなり自分の気持ちに正直なタイプの女性も存在するのです。

自分の話に自信がない

職場での雑談が苦手な女性の中には、自分の話に自信が持てないというネガティブな気持ちを抱えている人もいます。
「自分なんて何も面白い話ができない」そう思い込んでいるため、初めから会話に参加しようともしません。このような気持ちを持つ人は、いつも楽しそうに笑って雑談している同僚達をとても羨ましく思っています。

相手の反応が怖い

相手の反応が怖くて、気軽に雑談できない人もいます。
このような心理状態に陥る人は、自意識過剰なタイプと言えるでしょう。他者が自分をどう見ているのかが常に気になってしまうのです。
そのため、自分が話しているとき少しでも相手につまらなそうな反応をされたら、深く傷ついてしまいます。

人付き合いがめんどくさい

わきあいあいとした雑談をいつも完全にスルーしている女性は、職場での人付き合いをめんどくさいと思っているのでしょう。
特に、職場の女性同士の付き合いは、馴れ合い過ぎると重荷になってしまうケースがあります。人の悪口を言い始めたり、いい大人が仲間はずれをし始めるなど、仲良くなり過ぎるとろくなことがないというのはあながち間違いではありません。そうなることを見越して、一切雑談には参加しない女性もいます。

オンオフをしっかり分けたい

仕事とプライベート、オンとオフをしっかり分けたいと考えている人にとっては、雑談はかなり無駄で不用なことです。
このタイプの女性は、会社ではクールだけど、実は友人が多く明るく楽しい女性であるなど、私生活と職場では全く違った一面を持っている場合が多いです。
また、会社での人間関係を全く重要視していないので、会話に参加しないことで「感じが悪い」と噂されても平気なのです。

雑談力がある人の特徴

雑談が得意な人は、単に話し上手というだけでなく、相手から話題を引き出すことが上手かったり、人を引きつける魅力があることが特徴的です。
では、具体的に雑談力がある人の特徴を紹介していきます。雑談が苦手な人は、ぜひ真似してみると良いでしょう。

聞き上手

雑談力がある人はトークのスキルが高い‥そのようなイメージを持つ人は多いでしょう。しかし、話しが上手いというよりは、どちらかというと聞き上手な人の方が多いのです。
聞き上手な人は、相手に「話を聞いてくれる」という安心感を与えることができます。なので、自分から積極的に話題をふらなくても、相手が勝手に自分の話をしてくれるので、会話に間が生まれることがないのです。

周りの人への関心が強い

雑談力がある人は、周りの人への関心が強いことも特徴の一つです。
興味が全くない相手との会話は、基本的に盛り上がらないしつまらないものです。しかし、誰にでも関心を持てる人は、誰と話していても楽しむことができ、相手も興味を持たれていることに悪い気はしないので、自然と会話が盛り上がります。

物怖じしない

誰にでも物怖じすることなく積極的に話しかけていくことができる人は、やはり雑談力に長けています。
積極的だからといって、相手の心に土足で入っていくことはなく、程よい距離感を持つのが上手いというのも特徴的です。
立場や性別などに関係なく誰にでも平等に接するので、人から好かれやすい性質でもあります。

自分をさらけ出すことができる

雑談力がある人は、誰にでも自分をさらけ出すことができます。
内向的な人やプライドが高い人は、自分をさらけ出すことに抵抗を感じます。本来の姿を見せて「変な人」と思われるのが怖かったり、見下されることを恐れているからです。
しかし、自分を簡単にさらけ出すことができる人は、他者からどう思われるかをあまり気にしません。そのため、失敗談を話すなど、自虐で周りを和ませることができ、周りの人達から愛されます。

常に笑顔で愛嬌がある

雑談力がある人の多くは、常に笑顔で愛嬌があります。
表情が固い人は、いくら話が上手くてもどこかとっつきにくい印象を人に与えます。いつも笑っていて、自然体で、人の話に耳を傾けることができる‥それらの要素を兼ね備えている人が、雑談力があると言えるのです。

雑談力が上がる話し方とは

雑談力が高い人は、沢山の話題を事前に用意していたり、相手が話していて心地よくなるような聞き方をすることができます。
では、雑談力が上がる話し方とは具体的にはどのようなものなのか、詳しく紹介していきます。

上手く相槌を打つ

相手が話している時、上手く相槌を打つことが話し方の一つ目のポイントです。
相槌を打つ時は、さりげなく相手を褒める言葉を織り交ぜるようにすると良いです。「すごいですね」「さすがです」などと言うことで、相手は気分を良くしてどんどん自分から話題を出してきます。
ただ、褒めすぎるとわざとらしくなり、不信感を与えてしまう危険性があるので注意しましょう。

相手が話すよう仕向ける

自分から話題を提供しようとすると、話すことがどんどんなくなり会話に行き詰まってしまう傾向があります。相手が話すように仕向けて、基本的には聞き手に徹するようにすると、会話は盛り上がりやすくなります。
意図的に聞き手にまわるためには、相手に質問を沢山投げかけることがポイントです。例えば、今朝の朝食は何を食べたかと言う話題に「パン」という答えが返ってきたら、オススメのパン屋はどこかと質問を投げかける‥という風に、答えに関連した質問をどんどん投げかけていくと良いでしょう。

事前に話題を用意しておく

雑談力を上げるためには、事前にいくつか話題を用意しておくこともポイントです。
天候などの他愛のない会話から、相手の趣味趣向に関連する深い内容の話まで、様々なバリエーションの話題を用意しておくと良いでしょう。事前準備をしっかりすることで、当然ですが話題に困ることはなくなり、テンポ良く会話を進めることができます。

共通の話題を見つけ出す

相手との共通の話題を見つけ出すことで、無理なく雑談を盛り上げることができます。
趣味が同じであったり、地元が一緒など、会話をしていく中で共通点は自然と見つけられるものです。また、会話が弾むだけでなく相手との距離感がグッと縮まることも利点と言えます。

話にオチをつけようとしない

会話には起承転結が必ず必要であると考えている人は少なくありません。しかし、絶対にオチをつけないといけないと思うとそれがプレッシャーになり、かえって話が全く盛り上がらないということもありがちです。
雑談ではオチは必要なく、いかに沢山の話題をテンポよく話せるかの方が重要なのです。

雑談が苦手な女性向けのトレーニング方法

仕事の話など必要なことならスラスラと伝えることができるのに、他愛もない話となると急に口ごもってしまう…そんな自分に嫌気がさしているという女性もいることでしょう。
ここでは、雑談が苦手な女性に向けて、雑談上手になるためのトレーニング方法を紹介していきます。

興味の幅を広げる

どんな人とも上手く雑談できるように、自分自身の興味の幅を広げておきましょう。
普段からニュースに目を通しておくようにしたり、本を沢山読むなど、意識的に様々なことに興味を持つようにして話題を豊富に持っておくようにしましょう。そうすることで、会話に困ったときに必ず役立つ時がやってきます。

自分の気持ちを言葉にする

自分の気持ちを言葉にすることも、雑談上手になるための効果的なトレーニング法の一つです。
会話が苦手な人は、自分の感情を他者に話すのが不得意である傾向があります。しかし、雑談するにあたって何気ない感情を話せることはかなり重要です。「お腹すいた」「眠い」といった呟きから、どんどん話題が広がるものなのです。

自ら積極的に人と話す

内向的で人見知り‥そんな人は、今まで以上に自ら積極的に人と話すようにしましょう。
雑談上手になるためには、まず人と会話することに慣れる必要があります。最初は自分から声をかけることを躊躇するでしょうが、続けていくうちに必ず慣れて平気になっていきます。

雑談上手な人を真似る

雑談上手な人がどのように周りの人と会話をしているのかを、よく観察して真似るのも良いでしょう。
参考にすべきは、お喋りが上手な人よりもやはり聞き上手な人です。相槌のタイミングや、相手への質問の投げかけ方に注目し、どんどん取り入れていきましょう。

挨拶に一言・二言付け加える

雑談に強い苦手意識を持っている方は、まず挨拶に一言・二言付け加えることから始めてみましょう。
例えば、「おはようございます」の後に、「今日は暑いですね」と、簡単な言葉を一言添えるだけで良いです。短い言葉でも会話が広がるきっかけとなります。それを続けていくうち、徐々に人との対話に慣れていくことができます。

今すぐ使える雑談ネタ

気軽に人と雑談するためには、ある程度ネタを用意しておくととても便利です。専門的な話や難しい会話は、あまり盛り上がらない可能性が高いので、誰とでも分かち合える簡単な題材を頭に入れておきましょう。
では、今すぐ使える雑談ネタを5つ紹介していきます。

職場の近くのお店について

職場での雑談で盛り上がりやすいのは、会社周辺の飲食店やパン屋さんなどについての話題です。
余程興味がない人以外は、会社の近辺の飲食店やパン屋さんの情報を知っておきたいと思うものです。昼休憩の時に外で食事を済ます人なら尚更です。感想を言い合ったり、おすすめのお店があれば紹介してもらうなど、お互いにとって有益な雑談となります。

仕事での失敗談

仕事での失敗談を話すことで、周りの雰囲気を和ませることができます。
ただ、神妙な面持ちで自分が起こした失敗について話すと、空気が重くなってしまう危険性があるので注意が必要です。ライトな失敗談について、笑いながら話すのがポイントです。そうすることでお互いに励まし合ったり、共感したりして、関係性を深めることができます。

家事・育児の話

主婦同士の会話なら、家事・育児ネタを話すことでお互いの距離感が縮まりやすいです。
家事や育児は人それぞれにこだわりがあるものです。ただの雑談なのに激しく意見がぶつかり合い、仲違いしてしまう危険性もあります。あくまで相手に「教えてもらう」という姿勢で、質問を投げかけることがポイントです。そうすれば気分よく話してくれて、会話に間が生まれることもありません。

地元についての話

地元についての話は、例え同郷ではなくても盛り上がりやすいです。
あまり知らない土地の観光スポットや名産品などの話は、聞いているだけで旅行気分に浸れて楽しいものです。また、地元が同じであればかなりディープな話で盛り上がり、仲良くなれる可能性もあります。

持ち物やファッションの話

女性であれば、持ち物やファッションの話も雑談に最適です。
相手がいつも持っているバッグや、身に付けているファションアイテムについて、「それかわいいね、どこのブランド?」と聞くだけで話が広がります。
また、女性は基本的に自分の持ち物を褒められると、自分自身も肯定されたような気がして嬉しいものです。相手を喜ばせることができ、またあなたの印象が良くなることも間違いないでしょう。

雑談は大切なコミュニケーションの一つ

雑談を「無駄」と考える人は少なくないでしょう。しかし、職場や近所付き合い・ママ友同士の関係性など、あらゆる場面で雑談は人間関係を円滑にするために必要不可欠なコミュニケーションの一つであると考えられます。
また、人間関係を良好にするだけでなく、他愛もない会話を楽しめることで自分自身も適度にストレスを発散することができます。
ただ、人の悪口や愚痴・文句などは、空気を悪くするだけでなく相手に不信感を与えてしまう危険性があるのでやめておきましょう。程よい距離感で心地良い会話を心掛けることがポイントです。