管理職になりたくない女性の理由は?なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法

男女平等の現代社会でも、管理職を望まない女性は案外多いですよね。

出世したり給料が上がったりとメリットが多いにもかかわらず、なぜ女性たちは管理職を望まないのでしょうか。

そこで今回は、そんな管理職になりたくない女性について詳しくご紹介します。

管理職になりたくない理由や、なりたくないのに管理職にされそうな時の対処法もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

管理職になりたくない女性の理由

責任重大ですが、その反面様々なメリットがある管理職。

たくさんのメリットがあるのに、なぜか管理職になりたくない女性は多いものです。

この項目では、そんな管理職になりたくない女性の理由についてご紹介します。

理由が気になる人は、ぜひご覧ください。

体力的な問題

管理職になりたくない女性の理由に、体力的な問題が挙げられます。

管理職になると、残業が増えたり忙しくなったりして、たとえ男性であっても体力的にキツくなります。

男性よりも体力がない女性や健康に自信がない人は、ハードワークに耐えられないと判断して管理職を敬遠する傾向があります。

理想像とかけはなれている

管理職になりたくない女性の理由に、理想像とかけはなれていることが挙げられます。

プライベートや結婚・出産を犠牲にしなければ勤まらないほど、ハードな仕事を任されている女性管理職。

そんな女性管理職の現実を知ってしまうと、どうしても理想的な姿だとは思えず、尻込みしてしまう女性は多いのです。

名ばかり管理職になりたくない

管理職になりたくない女性の理由に、名ばかり管理職になりたくないことが挙げられます。

昇進と見せかけて、仕事が大変になるだけで給料がほとんど上がらないケースもあります。

負担だけが増える名ばかり管理職になりたくなくて、管理職を避けている女性は多いです。

家事・育児の両立が難しい

管理職になりたくない女性の理由に、家事・育児の両立が難しいことが挙げられます。

家事や育児と仕事の両立は難しいと感じる女性は多いです。

未婚の若い世代でも、同棲中の女性は家事を担っているケースが大半を占めており、ハードな管理職を避ける理由の1つになっています。

重圧に耐えきれない

管理職になりたくない女性の理由に、重圧に耐えきれないことが挙げられます。

管理職になって責任ある立場になれば、その重圧も相当なものになります。

重圧を感じながら出世するよりも、人の下について仕事をする方がいいと考えて、女性管理職になりたがらない人も多いのです。

管理職になりたくない女性の働き方

どんなに会社から管理職になってくれと頼まれても、絶対にやりたくないと考える女性は多いことでしょう。

ここでは、そんな管理職になりたくない女性の働き方を解説します。

管理職になりたくない人は、参考にしてみてくださいね。

なるべく残業しない

管理職になりたくない女性の働き方に、なるべく残業しないことが挙げられます。

残業してハードワークをこなしていると、
「この女性なら管理職が務まるだろう」と思われてしまいます。

もし女性管理職になりたくないなら、なるべく残業をせずに効率よく仕事を終わらせるようにしてください。

強すぎる野心を持たない

管理職になりたくない女性の働き方に、強すぎる野心を持たないことが挙げられます。

誰よりも成果を出したい、優秀だと思われたいという野心を持っていると、必然的に出世の話が出てきます。

もし女性管理職になりたくないのなら、あまり強すぎる野心を持たないようにしましょう。

出世を望まない

管理職になりたくない女性の働き方に、出世を望まないことが挙げられます。

「出世したい」と希望を口にしていたら、管理職を任されるのも当然の成り行きですよね。

もし女性管理職になりたくないのなら、出世したいという意思を見せず、あまり目立たない働き方をしましょう。

専門的スキルを磨く

管理職になりたくない女性の働き方に、専門的スキルを磨くことが挙げられます。

管理職を避けていると、誰にでも出来る仕事しか任されず、人材価値が下がってしまう可能性があります。

女性管理職にならずに働き続けたいのなら、専門性の高いスキルを身につけて自らの需要を高める努力をしましょう。

サポートに徹する

管理職になりたくない女性の働き方として、サポートに徹するのがおすすめです。

バリバリ働く人は管理職を任されますが、サポートに徹していると、自然と人の下につけられます。

管理職を望まない女性はサポートに徹して、縁の下の力持ちを目指すのがおすすめです。

なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法

望んでいないのに会社から管理職にさせられそうになり、悩んでいる女性も多いことでしょう。

ここでは、なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法をご紹介します。

管理職にさせられそうになって困っている人は、参考にしてみてくださいね。

管理職になりたくないと伝える

なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法に、管理職になりたくないと伝える方法があります。

管理職になりたくないのなら、まずは自分の意思をはっきり伝えましょう。

管理職を希望していないことがきちんと伝われば、無理に任される可能性を減らせます。

管理職のデメリットを説明する

なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法として、管理職のデメリットを説明するのもおすすめです。

デメリットを突きつけられると、相手も無理強いしにくくなります。

特に、負担が増えるだけの名ばかり管理職にさせられそうな時は、しっかりとデメリットを説明して断りましょう。

転職する

なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法に、転職する方法があります。

女性管理職を断るのが難しい場合は、転職するのも1つです。

管理職になることとキャリアアップは必ずしもセットではありません。

今よりも待遇が良く、キャリアを積める会社を探してみてください。

専門性を磨く

なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法に、専門性を磨く方法があります。

「管理職よりも専門性を生かして仕事をする方が会社の利益になる」と思わせられれば、上手く切り抜けられます。

専門性を磨くと人材価値も高められるため、一石二鳥の方法です。

退職する

なりたくないのに女性管理職にされそうな時の対処法に、退職することが挙げられます。

管理職を断ることで不利な立場に追い込まれそうな場合は、退職も1つです。

次の仕事を見つけて転職するのが理想ですが、どうしても難しい場合は最後の手段として選択肢に入れてみてください。

管理職になるかどうかは慎重に決めよう

今回は管理職になりたくない女性についてご紹介しました。

管理職は責任重大で仕事量も増えるため、「自分には荷が重い」と感じてしまう女性は多いことでしょう。

メリットもありますが、自分の生活や人生設計にも大きな影響が出るため、管理職になるかどうかは慎重に決めるのが大切です。

どちらを選んだとしても、後悔が残らないようにしっかりと考えて決断してください。