自分の欠点を話す男性の心理|自分の欠点を話してくる男性は脈あり?脈なし?

「男性は好きな異性に強さや頼もしさをアピールする」そう思っている女性は多いでしょう。確かにそれは間違いありません。
しかし、実は男性が女性に欠点や弱さを見せることにも深い意味があり、場合によっては相手に恋愛感情を抱いていることもあるのです。
今回は、自分の欠点を話す男性について紹介していきます。
また、自分の欠点を話す男性が脈アリか脈なしかを判断する方法についても解説していきます。

自分の欠点を話す男性の心理

気になる男性から欠点を打ち明けられた時、「どういう心境で自分に話してきたのだろう?」と疑問に思う方は多いでしょう。確かに、男性が自分の弱みを異性に見せるのは、とても珍しい行動です。
ここでは、自分の欠点を話す男性の心理について紹介していきます。

信頼している

男性は基本的に自分から欠点を話そうとはしません。プライドが高く、弱みを見せることは損でしかないと考えているのでしょう。
自分にとってマイナスでしかないのに欠点を話すのは、よほど相手を信頼しているからなのです。「弱みを知ってもこの人なら俺をバカにしない」と考えているので、安心して本来の自分をさらけ出せるのでしょう。

自分のことを知って欲しい

良い所も悪い所も、自分のことを全て知って欲しい…そう考えている場合もあります。
自分のことを知って欲しいというのは、どうでもいい相手には思わないことです。相手に異性として好意を持っているか、もしくは性別を越えた友情を築いていきたいと考えているのでしょう。

慰めて欲しい

甘えん坊な男性は、女性に欠点を見せ慰めてもらうことを期待しています。
自分に自信を持つために、誰かに肯定してもらおうと考えているのでしょう。このように思う男性は、男らしさ・勇ましさに欠けます。女性を守ってあげるのではなく、自分を支えて欲しいと望むタイプです。

長く付き合っていきたい

男性は「これからも長く付き合っていきたい」そう思っている女性には、自ら欠点をさらけ出す傾向があります。この場合、相手のことが本気で好きなのです。
ずっと一緒にいたいから、前もって自分の悪い部分を見せておき、後で幻滅されないように予防線を張っているのです。ただ単にお付き合いを望んでいるだけでなく、結婚も視野に入れていると考えられます。

特に何も考えていない

「男性が欠点を自ら晒す=何か特別な意味がある」そう思われがちですが、本人は特に何も考えていないというケースもあります。
何も考えずに自分の悪い所を異性に言える男性は、かなり素直で無駄なプライドを持たない性格です。自分を取り繕って良く見せようという気が全くないので、さらっと欠点を人に見せることができるのでしょう。

自分の欠点を話す男性は脈アリか判断する方法

「欠点をさらけ出してくるのは、異性として好意を持たれてる証拠?」そう期待する女性も少なくないでしょう。
相手の言動をしっかりと観察することで、あなたへの好意を量ることは可能です。
では、自分の欠点を話す男性は脈アリか?その判断方法を詳しく紹介していきます。

何でも相談してくる

小さなことからディープな悩みまで、昼夜問わず相談してくる‥その場合、かなりあなたに心を許していると考えられます。つまり、完全に脈ありでしょう。
男性は好きな女性に何でも話したくなるものです。また、相談事を連絡を取る口実にして、あなたと繋がりを持とうとも考えているのでしょう。

欠点以外も話してくる

欠点だけでなく、自分の価値観・趣味など、まるで自己紹介かのようにありとあらゆることを話してくる‥この場合も確実に脈ありで、あなたと親密な関係になりたいと強く望んでいます。
更に自分の家族のことまで事細かく説明してくるのなら、あなたとの将来まで真剣に考えていると言えます。お付き合いを始めたら、とんとん拍子に結婚へと進展していくでしょう。

特別扱いしてくる

「きみには何でも言える」「恥ずかしい欠点も見せれる」などと言って、あなたが特別な存在であることを匂わせてくる…その場合も、相手はあなたに完全に好意を持っています。
男性が女性をあからさまに特別扱いするのは、アプローチの手段の一つで、あなたに自分の気持ちに気づいて欲しいという気持ちの表れです。

2人だけの秘密を作りたがる

彼が自分の欠点を打ち明けてきたとき、「誰にも言わないでね」と言ってくるのは、2人だけの秘密を作りたいからです。秘密を共有したいと思うのは、あなたのことが好きだからこそでしょう。
2人だけの秘め事を作るというのは、相手に自分を意識させるための恋愛テクニックの一つなのです。

相手の欠点も知りたがる

自分の欠点を言ったあとに、あなたの欠点も教えて欲しいと言われた場合も、完全に脈ありと言えます。
自分のことを好きな人に知って欲しいという気持ちと同時に、好きな人のことも全て知りたいと誰もが思うものです。良い面も悪い面もお互いに分かり合って、誰よりも絆を深めたい…彼のそんな気持ちが垣間見える行動です。

男性は自分の欠点を話しているけど脈なしと判断する方法

男性が欠点を話してくるからといって、絶対に脈アリとは限りません。あなたのことを異性として全く意識していない場合もあり、またその答えは相手の態度や行動に現れているので、しっかりと観察して見極めましょう。
ここでは、男性が欠点を話しているけど脈なしの場合の判断方法について解説していきます。

誰にでも弱みを見せる

彼があなたにだけでなく誰にでも弱みを見せている場合は、残念ながら脈なしと判断できます。
この場合、自分の欠点を人に晒すことは本人にとって特別なことではないのでしょう。もしくは、たくさんの異性に弱さを見せることで、母性本能をくすぐってモテようという根端の場合もあります。

恋人がいる

男性に恋人がいる場合は、関係が進展することは期待できないでしょう。あなたのことは、友達としてかなり心を許し信頼していると考えられます。
ただこの場合は、彼がもしも恋人と別れた時、あなたのことを異性として意識し始める可能性がゼロではありません。ただ、今の状況が続けば親友の立ち位置からは抜け出せないでしょう。

話す時に目を見ない

彼が自分の欠点を話す時、あなたの目を見ずどこか遠くの方を見つめたり、ずっとスマホを触っている…その場合も、脈なしと言えます。
基本的に好きな人と会話する時は、誰だって無意識に相手の目をジッと見つめるものです。目の前にいるにも関わらず視線が全く合わないのは、完全にあなたに異性としての興味がなく、ただの話し相手と思っているということなのです。

会話が一方的

自分の欠点についてだけ熱弁し、あなたの意見を聞いてきたり、あなたの欠点を教えて欲しいとは言ってこない…そのように会話が一方的な場合も、あなたに対して一切恋愛感情を持っていないと考えられます。
好きな人と会話している時は、普通自分ばかり話してしまわないよう気を配るものです。そのような配慮が全く感じられないのは、あなたを男友達のように思っているからでしょう。

デートには誘ってこない

弱さをさらけ出してくるなど、一見親密な関係であるかのような会話が多いけど、デートに誘ってきたことは一度もない…その場合も、脈なしと考えられます。
例えば相手が職場の同僚であるなら、あなたのことを良い仲間と考えているのでしょう。仲間と思っている相手には熱い話はするけれど、デートに誘うことはありません。異性としては全く意識しておらず、これからも良い相棒的な関係を保っていたいと思っているのでしょう。

欠点を見せるのは心を開いている証拠

男性が女性に欠点を見せるのは、必ずしも相手を異性として意識しているからとは限りません。しかし、異性としての好意はなかったとしても、相手に心を開いているのは確実です。
男女問わずほとんどの人が、自分の欠点・コンプレックスなどの弱い部分を、沢山の人に知って欲しいとは思わないものです。弱点を見せても攻撃されない・バカにされないと信じているからこそ、打ち明けることができるのです。
脈なしだとしても、誰かに信頼してもらえるような人間性であることに誇りを持ってください。