告白させるように仕向ける女性の特徴や心理|告白させようとする女性に対する男性心理

「好きな人に自分から告白できない…でも付き合いたい…」そう思ったとき、様々な手段で男性のほうから告白させるように仕向ける女性は少なくありません。
今回は、告白させるように仕向ける女性について紹介していきます。
告白させるように仕向ける女性の特徴・心理、また、告白させようとする女性に対する男性心理や本音についても解説していきます。

告白させるように仕向ける女性の特徴

自分から好きな男性に告白できる女性は、素直で飾らないまっすぐな人柄であることが特徴的です。告白させるように仕向ける女性は、それとは全く正反対の性質を持っています。
ここでは、告白させるように仕向ける女性の特徴を紹介していきます。

関連記事はこちら▽ 飾らない人の特徴や性格|飾らない生き方をするには 飾らない人の特徴や性格|飾らない生き方をするには

プライドが高い

告白させるように仕向ける女性は、プライドが高いことが特徴の一つです。
プライドが高い女性は、自分から異性に告白することを「恥ずかしい」「かっこ悪い」と思っています。また、自分から告白してもしも振られた場合に、その高すぎるプライドがズタズタに傷ついて立ち直れなくなるのも怖いのです。

自信過剰なナルシスト

告白されるように仕向ける女性の中には、自信過剰なナルシストタイプの人もいます。
自分は女性としてかなり魅力的だという自信があるため、周囲の男性は皆自分に対して異性としての興味があり、好きになった男性からは必ず告白してもらえると思い込んでいるのです。

恋愛経験が豊富

恋愛経験が豊富で男を手のひらで転がすのがうまいのも、告白させるように仕向ける女性の特徴の一つです。
このタイプの女性は男心を熟知しているため、男性側から告白させるように誘導するのがとても上手です。付き合ってからも、自分の思い通りに賢く彼をコントロールします。

劣等感が強い

告白させるように仕向ける女性の中には、とても劣等感が強い人もいます。
劣等感が強い女性は、自分に自信がない反面かなり承認欲求が強く、他者から認めてもらうことで満足感を得ようとする傾向があります。告白されることで「自分には魅力がある」という自信を手に入れようとしているのです。

臆病

臆病で自分からはなかなか告白できないのも、告白させるように仕向ける女性の特徴です。
このタイプは、気になる男性がいても自分から連絡先を聞いたり、デートのお誘いもできません。お互いの気持ちが分かり切っていて、あとはどちらかが告白するだけ…という状況になっても、「フラれるかも」という恐怖心が拭えないのです。

告白させるように仕向ける女性の心理

自分から告白することはなく相手からの告白を望むのは、告白されることで自分の女性としての価値を感じたい気持ちが強いからだと考えられます。また、過去の恋愛での失敗が影響している場合もあります。
ここでは、告白させるように仕向ける女性の心理について紹介していきます。

傷つきたくない

自分から告白して傷つきたくない…そう思う女性は少なくありません。
このような心理になる女性は、かなり仲が深まっている間柄であっても、告白して成功する確率は100%ではないという慎重な考えを持っています。
フラれる可能性が少しでもあると思うと、怖くて自分の気持ちを言えないのです。

優越感に浸りたい

男性から告白されることで、優越感に浸りたいと考えている女性もいます。
このように自分の気持ちを満たすことを重要視している女性は、誰にでも思わせぶりな態度をとる傾向があります。そうして複数の人からのアプローチを受けることで、優越感を得ようと考えているのです。

駆け引きを楽しみたい

告白させるように仕向ける女性の中には、恋愛の駆け引きを楽しみたい気持ちが強い人もいます。
お互いに押したり引いたりしながら思いを確かめ合う…付き合うまでのその過程に何より高揚感を感じるのです。ただこのような心理の女性は、相手からの告白をゴールと考えてしまっているので、付き合っても長続きしません。

男性にリードされたい

男性にリードされたいという思いを持つ女性にとっては、告白は男性からしてくるのが当たり前のことなのです。
男性にリードして欲しいと望む女性は、自分から告白するなんてあり得ないと考えています。告白させるよう仕向けても男性がなかなか行動を起こさない場合は、「頼りない男」と判断して恋人候補から除外してしまいます。

恋愛にトラウマがある

告白させようと仕向ける女性は、過去の恋人にひどい裏切り行為をされた・片思いの相手にフラれてばかり…そのような経験から恋愛にトラウマを抱えている可能性もあります。
恋愛に対しての恐怖心が強い場合、なかなか自分から告白することはできないものです。また、好きな人から告白されることで喜びを感じたいという気持ちも、人一倍強くなっているのでしょう。

告白させようとする女性に対する男性心理や本音

告白を誘導されたとき、男性が抱く感情には様々なものがあります。女性の態度や仕向け方によっては、いくら好きな相手でも気持ちが冷めてしまう場合もあります。
ここでは、告白させようとする女性に対する男性心理や本音を紹介します。

正直めんどくさい

あまりにも告白して欲しいアピールがしつこすぎると、男性は正直めんどくさいと思ってしまいます。
男性は案外女性よりもロマンチックなので、相手を喜ばせるために告白のシチュエーションを自分の中でしっかりと計画している場合があります。それなのに会うたびに告白を急かされると、「めんどくさい女」とげんなりしてしまいます。

必死さがかわいい

告白させようと必死で仕向けてくる女性に対して、かわいいと思う男性もいます。
告白させようとあの手この手を使って頑張っている姿は、「そこまで自分のことが好きなのか…」と愛らしく思えるものです。自分からは「好き」と言えないのに、好意が態度でバレバレなところも、なんだかいじらしくてかわいく感じられるのです。

焦らしたくなる

告白させるように仕向けられると、焦らしたくなってしまう男性もいます。
焦らしたい気持ちに駆られる男性は、恋の駆け引きを楽しむ遊び人タイプと言えるでしょう。もっと自分に夢中にさせたいという気持ちが生まれて、女性側の意に反してなかなか告白しようとしません。

露骨だと冷める

あまりにも露骨に告白待ちされると、冷めてしまうのが男性の本音です。
会うたびに「彼氏欲しい」「私のことどう思ってる?」などとあからさまに告白を誘導するような発言を連発されると、男性は引いてしまいます。ガツガツした女性を好む男性は基本的にいません。

上から目線に思える

自信満々な態度で告白させるように仕向けられると、なんだか上から目線に思えてしまい気分が悪くなります。
自分はモテているというアピールをする・他の男性の存在を匂わす…このような言動をして焦らせて告白させようとする女性からは、プライドの高さが強く感じられます。上から目線でしかアプローチできない女性は、男性を引かせてしまうだけです。

男性任せにし過ぎると上手くいかない場合も

関係の進展を男性に委ねてしまう女性は少なくありませんが、男性任せにし過ぎると進展することなくフェードアウトしてしまう場合も多いです。
相手が恋愛に積極的ないわゆる「肉食系男子」であるなら、告白まで時間がかからずスムーズに恋人同士になれるでしょう。しかし、そのような男性は昨今では非常に少なくなっています。
好きな男性が恋愛に奥手な男性である場合は、女性から告白しない限り何の進展もなく終わってしまいます。恋愛を成就させたいと思うなら、プライドや恐怖心は捨て自分から行動を起こすことも大切です。