付き合う前のキスとは?男女の心理・タイミング・拒否・本気か遊びか判断する方法!

付き合う前のキスとは?男女の心理・タイミング・拒否・本気か遊びか判断する方法!

関連記事

付き合う前に手を繋ぐ心理とは?脈あり脈なしの判断や拒否の理由も紹介! 付き合う前のデート!プラン・場所・会話・服装のポイントをご紹介! 付き合う前の電話!重要な口実・時間帯・頻度・誘い方・脈ありの判断をご紹介!

付き合う前にキスする男性心理とは

好みや興味を持っている女性に射止めたい気持ち

付き合う前にキスをしたいと考えている男性はたくさんいて、その心理は好みや興味を持っている女性を射止めたいと考えています。

もしも付き合う前にキスをすることができれば、ある程度自分に好意を持っていて、その後も付き合える可能性が高まります。

どちらかというとポジティブな男性がこのような行動を取るケースが多く、自分にとってどのような感情を持っているのか見極めるために実施しています。

恋人として獲得したい女性に対し、ちょっとした拒否反応が出た場合には強引にキスをするのではなく、状況を見極めるのも特徴です。

キスという行為は、誰でも行える行為ではなく、好意もしくは好印象を持っていないとできません。

自分が現在どのような立ち位置で、今後も良好な関係を築けるのかどうか確認するために男性が付き合う前にキスをしようと考えています。

体目的で強引なキスを考えている可能性

強引でもキスをしてしまえば、女性によってその場の雰囲気に流されてしまう可能性があります。

男性によってこのように体目的で付き合う前に興味を持っている女性にキスをしようと考えている場合があります。

特に安易なキスを付き合う前から求めてくる男性は、高確率で体目的の可能性があるため、女性にとっては要注意になります。

女性が望んでいる場合は別にいいかもしれませんが望んでいない女性にとって、リスクが非常に大きいです。

特にお酒などが入っている時は、気持ちも緩みがちになり、どうしてもキスがしやすい条件が整います。

興味や関心を持っている男性がそのような行為をしてきた場合はいいかもしれませんがそれ以外の男性の時は、女性として注意することが必要です。

体目的のキスの場合、体がそわそわしていたり、アダルト系の話が増えるなど分かりやすい兆候も見えるのも特徴の一つです。

ある程度自信を持っているために強気のキス

積極的な行動や考え方をあまりしない男性でも状況によっては、付き合う前にキスをする時があります。

要因として、キスをした女性から好意があると薄々感じており、強気の態度を取っているのが要因になります。

あまり行動的ではない男性でも女性からの好意を断定できる時は、積極的な行動を取る時があります。

万が一キスをして、その場の雰囲気が盛り上がらなかったり、嫌な状況になった時は上手くごまかす事も可能です。

逆にどちらも納得できた時は、その後に連絡などがきて、告白や更によい関係を築けるチャンスにもなっています。

特に女性経験が豊富で、これまでたくさんの女性と付き合った経験のある男性は、女性の行動やしぐさに対して敏感に反応し、強気のキスをしてくれる可能性が高くなっています。

女性のしぐさや行動に加えて、言動などによって男性が自信を持っている時、一つの行動として付き合う前にキスをして、その後の態度を確認しています。

付き合う前にキスする女性心理とは

付き合いたいアピール

これは、恋愛経験豊富で、恋愛に積極的な女性に見られる心理ですが、「付き合いたい」という気持ちをダイレクトに男性に伝えるために、キスをするケースが少なくありません。

言葉で「好きです。付き合ってください」と告白するのが一般的でしょう。

しかし、経験豊富な女性の場合、そうした言葉での告白ではなく、キスをすることで思いを伝えるということがあるのです。

言葉で伝えた場合、「ごめんなさい」と断られてしまうリスクは小さくありません。

それに比べて、キスで伝えたほうが、断られる可能性はずっと小さくなります。

というのも、女性からキスをされた男性にとって、女性の気持ちを拒絶することがむずかしいためにほかなりません。

女性からキスをされると、その流れで女性の思いを受け入れてしまうケースが、男性には大変多いのです。

経験上それを知っていて、あえてキスで思いを伝える女性が少なからずいるわけです。

ストレートに交際希望を伝えたいというのが、このケースでの女性心理ということになるでしょう。

相手男性の気持ちを知りたい

相手の男性の反応を知りたいと気う気持ちから、付き合う前に女性からキスをするというケースもあります。

ある程度、近い関係になって、しばらく時間がたったとします。

二人だけのデートも何度か繰り返しているとしましょう。

女性の方にはその気があるのに、なかなか彼がそれ以上の関係になろうとしない場合、女性は「彼は私のこと、どう思っているのか知りたい」と思うに違いありません。

そんな時、彼の気持ちを確かめるためにキスをするということがあるのです。

キスをして彼がどんな反応をするかを確かめ、それによって彼の気持ちを判断しようというのが、このケースでの女性の心理ということになるでしょう。

このケースでは、お酒の力を借りてキスをすることが少なくありません。

「私のこと、どう思っているの?」と口に出して聞けないために、お酒を飲んだ時にキスで確かめようとしているわけです。

自分の気持ちを確かめたい

これも、お酒の力を借りてキスすることが多いのですが、自分の気持ちを確かめたいという心理から、キスをしてくるケースもあります。

どうして自分の気持ちを確かめようとするのか。

二人だけのデートを重ねながら、それ以上の関係に発展しないというような場合、「彼のことを好きなのかどうか、自分でもはっきりわからない」という気持ちになることが、女性には少なくありません。

自問してもなかなか明確な答えが出てこないというケースです。

自分の気持ちがわからなければ、どう行動したらいいか、彼に対してどんな距離感をもてばいいか判断できないでしょう。

そこで、お酒が入った時などに、その力を借りて彼にキスをして、自分の気持ちを確かめようとするわけです。

こういう心理の場合、冗談めかしてキスするということがよくあります。

「冗談、冗談」と言いながら、女性はひそかに自分の気持ちを確認しているわけです。

付き合う前のキスのタイミングとは

デートの帰り際

付き合う前にキスをするのであれば、こちらからの一方的なものではなく、相手からの好意をある程度確信していることが前提条件となります。

そのため、二人きりの親密なデートを重ねている間柄であれば隙も生まれやすく、キスのタイミングを掴みやすいのでおすすめです。

一緒に仲良く過ごした一日のラスト、いろいろなイベントを楽しんだ別れ際にサッとさり気なく唇を奪うのが上手い方法の一つで、相手の気持ちも高揚していること、去り際に名残惜しさを感じていることで受け入れてもらいやすくなります。

何となく恥ずかしくなったらそのままサヨナラをすることができますし、キスに関するフォローは後からメールやラインで何とでもなります。

もしかするとそのままお互いにドキドキが止まらず、デートが延長になる可能性があるかもしれません。

飲み会で盛り上がっている席

お酒というのは気持ちが大きくなりやすく、飲み会の後は驚くようなさまざまな出来事が起こりがちです。

もちろんアルコールの影響は人それぞれで、相手に不快な思いをさせるようなものであってはいけませんが、気持ちよくお酒を飲んでいて和やかな雰囲気を作れている時、好きな相手とは心の距離だけではなく、物理的な距離も自然と縮まります。

普段勇気が出なくても思い切って行動に出やすいタイミングですし、万が一失敗して気まずい思いをしてしまっても、憎からず思ってくれている人が相手であれば判断能力が鈍ってしまったことを理由にして許してもらうことができるでしょう。

しかし、人目があるところではご法度です。

キスをしたい、そう思ったら作戦の一環として、二人で静かに飲める個室でゆっくりと過ごしている時などを選ぶようにしてください。

告白を匂わせた直後

キスをする時には相手に恥ずかしい思いをさせないように配慮することが大切であるのは当然として、キスをされるかもしれないとある程度身構えさせておくのもポイントになります。

ですから告白、もしくはこちらの好意を匂わせるようなことを口にしたタイミングで言葉と共にキスを送ると、相手をドキドキさせると同時にキスをしやすくなります。

会話をしていてキスがしたくなったら、さり気なく「あなたのこういうところが好き」「付き合えたらきっと幸せだろう」といったニュアンスを口にしてときめかせつつ、相手が嬉しがっている様子であればそこを突いてキスを仕掛けるのです。

付き合っていなくても憎からず思い合っている相手であれば、いい思い出のキスになりますし、関係の進展に繋がるいいきっかけにもなりやすいのがメリットになります。

女から付き合う前のキスをする方法とは

「キスしていい?」とストレートに聞く

付き合う前に女性からキスをする方法として、意外に成功率が高いのが、「キスしていい?」とストレートに聞くというやり方です。

というと、「そんなことをして拒否されたらショック」と思う方は少なくないでしょう。

確かに「NO」と言われるリスクはありますが、実際にはその可能性はかなり小さいのです。

これが、男性の場合は、付き合う前に「キスしていい?」と彼女に聞いても、「ダメ」という答えが返ってくる可能性は高いと考えたほうがいいでしょう。

しかし、女性からそのように言われると、男性には「女性に恥をかかせてはかわいそう」という心理が働くため、結果として女性の申し出を受け入れることが大変に多いのです。

もし、二人だけのデートを何度か経験しているなら、彼は少なくても好感は持っているに違いありません。

好感を持っている女性から「キスしていい?」と言われると、男性はなかなか断れないものなのです。

デートの別れ際にさみし気な態度、表情を見せる

まだ付き合ってはいなくても、二人きりで食事に行ったりすることはあるでしょう。

そのようなデートの別れ際に、自然な流れでキスをするという方法もおすすめです。

たとえば、デートの終わりに駅で別れるとします。

その場合、さみし気な表情を作り、帰りたくないというそぶりをして見せましょう。

彼は、「どうしたの?」と聞きながら、あなたの顔を覗き込むようにするに違いありません。

顔と顔の距離が縮まったところで、「さみしいよ」と言いながらキスをすれば、自然な流れになるはずです。

彼は驚くでしょうが、この方法でキスをすれば、拒まれることはありませんし、キスをすることで、彼の心を動かす可能性も小さくないと考えていいでしょう。

まだ付き合っていなくても、楽しいデートの後の別れは名残惜しいものですから、彼もあなたと同じようにさみしく感じているかもしれません。

その場合は、彼からキスのお返しがあるかもしれないのです。

一緒にお酒を飲んでムードを作る

付き合っていたとしても、付き合いたての頃はなかなか女性からキスはしにくいものです。

まだ付き合っていない段階ではなおさらそうでしょう。

女性にとって自分からキスをするハードルはかなり高いに違いありません。

そのハードルを低くするために有効な手段が「お酒」です。

二人きりのデートで、お酒をいっしょに飲むこともあるでしょう。

男と女がいっしょにお酒を飲むと、自然にムードが高まるものです。

できれば、ムードのある店に誘って、彼といっしょにお酒を飲みましょう。

お酒に酔って気持ちもリラックスし、精神的なハードルもぐっと下がってくるに違いありません。

二人ともいい気持ちになって、店を出たところなどでキスをすれば、彼も自然に受け入れてくるのではないでしょうか。

男性はアルコールが入るとセクシャルなモードになりがちですので、成功率はかなり高くなるはずです。

付き合う前のキスを拒否する理由や心理とは

仲良くしていても「友達以上」の感情を抱かない

デートを数回重ね、夜の公園や車内でふいに静かになる…そんなとき、まだ付き合っていなくてもふいにムードが盛り上がり、キスしたくなりタイミングがあると思います。

それなのに、相手の方からキスを拒まれた…こんなときの心理としてまず考えられることの1つ目は、「あなたのことを友達としてしか見られない」という意思表示です。

とくに女性の場合、デートしたり、いっしょに話して遊んでいる限りは心地よく楽しい関係でも、いざ手をつないだり、キスをしたり…と恋人同士の雰囲気になった瞬間、「やっぱりこの人のことを友達以上に思えない」と感じてしまうことがあるものです。理屈ではなく直感でキスを拒んでしまうケースが多いものです。

あなたとは友達としてこれからも仲良くしていきたい、という気持ちの表れである可能性があります。

付き合っていない人とキスはしないと決めている

付き合う前のキスを拒まれたとき、考えられる理由の2つ目は、相手が「付き合う前に異性とキスをしないと決めている」ケースです。

雰囲気が高まっても、冷静に自分自身を客観視しまうような女性は、キスするシチュエーションになっても感情に流されず、拒んでしまうケースが多いです。

また、付き合おうという告白を受けていないのに、キスをしようとしてきたということは、「単なる遊び相手として一夜限りの関係を結ぼうとしているのでは?」と疑ってしまい、キスを拒んでしまう女性も多いです。

特にあなたと相手の関係が近い場合…例えば職場の同僚や同じサークルのような、同一のコミュニティに属している場合は、相手は安易に踏み込まないよう警戒している可能性があります。他の人にばれることを恐れているからです。

キスを拒まれたとき、どうするか?

上記のケースにも共通して言えることは、「一度キスを拒まれたあと、無理やりキスしようとすることは避けた方が無難である」ということです。

もちろん、無理やりキスをすることで相手の気持ちも盛り上がり、一歩関係が進むケースもあります。事実、強引にキスをされるのが好きという女性もいます。

ただ、あなたのことを友達としか思えない場合も、付き合う前はキスしないと決めている場合も、キスを拒んだ、ということは一瞬でも相手の気持ちに迷いがあった、ということです。
今後あなたが真剣に相手と付き合っていきたい、と思う場合は、キスする前にあなたの気持ちを素直に言葉で伝えましょう。

2人の関係を一歩先に進めるためには、焦りは禁物です。これまでただの友達だったはずの相手から、突然キスされそうになったら、相手は確実にあなたのことを意識しています。これをきっかけにあなたの気持ちを素直に伝えて、恋人同士になれるといいですね。

付き合う前のキスを遊びか本気か判断する方法とは

付き合う前のキスが持つ様々な意味

付き合う前のキスがアリかナシかはについては様々な意見があると思いますが、実質的なコミュニケーションの手段として付き合う前にキスをする人は決してマイノリティーではないでしょう。

少なくとも、嫌いな相手にキスはしません。

付き合う前のキスについても、その相手に「親愛の情」を持っているという態度の表明であると言えます。

しかし、その「親愛の情」の先に何を求めているのかという点については、キスをされた側が判断しかねるケースも少なくありません。

「親愛の情」そのものを突き詰めた恋愛関係を求めているのか、その場で伝えた親愛の情から始まる身体の関係を求めているのか、それとも単にコミュニケーションの一貫としてのキスなのか。

以上のような様々な側面が、付き合う前のキスという行為に秘められた意味として考えられます。

キスの仕方で遊びか本気かを判断するのは難しい

以上に挙げた側面について、そのキスが「遊び」か「本気」かという分類に処すると、身体の関係や単なるコミュニケーションとしてのキスが「遊び」で、恋愛関係を求めているキスが「本気」と言えます。

難しいのは、単なるキスの仕方によってこの分類が難しいことです。

頬にするような簡単なキスであれば、欧米でいう挨拶のようなものとしてコミュニケーションと捉えることができます。

しかし、情熱的なフレンチキスの場合だと、それが恋愛感情が吐露した結果なのか、単に身体の関係を求めたいという性的欲求の爆発によるものなのかは判断できかねます。

したがって、そのキスが遊びか本気なのかを判断する方法としては、そのキスに至るまでのプロセスを中心に考えていくのが常道ではないでしょうか。

例外として、親密になる前にいきなりキスをしてくるような人は、割り切った身体の関係を求めていたり、カマかけのように「本気」ではない場合が多いです。

そのキスが遊びか本気か判断するには?

そのキスが遊びか本気かを判断するには、やはりそのキスに至るまでのプロセスを考えてみることが必要です。

初対面でいきなりキスをするような人はほとんど居ないでしょうから、ある程度親密になってからのケースを考えてみます。

具体的にはキスをするタイミングについてです。

デートをしているような状況において、シンプルな状況(デートの終わり、別れ際)でのキスなどは「親愛の情」を示した上で恋愛関係を期待している本気のキスである場合が多いです。

キスをした後に告白してくるような人もいるので、この場合は本気のキスであったことが明確にはなります。

逆に、身体の関係を求めているような遊びのキスは、これからホテルに持ち込むような時間帯であったり場所だったり、または飲酒の席であったり、複雑な状況下で行われることが多いです。

キスをきっかけにして「あわよくば……」の精神で持っていこうとする人も少なくはないので、複雑な状況下で不意に唇を奪われた際は若干の警戒が必要ではないでしょうか。