転職経験なしは世間知らずと言われる理由は?転職経験なしで世間知らずな人の末路

新卒で採用されて以降、一度も転職することなく一つの会社に勤め続けている…一昔前であれば、このような転職経験なしの人は「忍耐強い」「立派」と周囲の人から称賛される立場でした。
しかし、現代において転職経験がないことは「世間知らず」と評価されてしまう要因の一つとなっています。
そこで今回は、転職経験なしはなぜ世間知らずと言われるのか?その理由や、転職経験なしの人が世間知らずと言われないためにやるべきことなどを、紹介していきます。

転職経験なしは世間知らずと言われる理由

同じ会社に勤め続けることは良いことのはずなのに「世間知らず」と思われてしまうのは、一つの会社のやり方や方針しか知らないために、思考やスキルに偏りがあることが大きな要因となっています。
ここでは、転職経験なしは世間知らずと言われる理由を具体的に紹介していきます。

考え方に偏りがある

転職経験がない人は、一つの会社の方針・理念に沿って思考が偏ってしまっているため、社外の人から見ると世間知らずに思えてしまいます。
基本的に、どんな会社にも独自の方針や理念があるものです。一つの会社に留まり続けることで、それが世の中の全てのビジネスマンの共通認識であると勘違いしてしまう人は少なくありません。

出来る仕事の幅が狭い

いくら社内では優秀でそれなりの役職についていたとしても、今の能力では他社では全く通用しない可能性があります。また、仮にどこに行っても通用する程有能であっても、会社に残ることで自ら出来る仕事の幅を狭めてしまっている場合もあります。
会社で評価されているからといって「自分は優秀である」と勘違いしていると、一歩外へ出た時に大恥をかいてしまうこととなるのです。

視野が狭い

転職経験がなく一つの会社でしか働いていないと、どうしても視野が狭くなってしまいがちです。
転職を全くしてこなかった人は、他の会社や業種に全く関心を持っていない場合があります。興味がないため、当然他の会社について調べたりすることもなく、狭い領域しか見ないことが癖づいています。そのため、友人・知人の務め先の話を聞かされると知らないことだらけで、「そんなことも知らないの?」と世間知らずであることを失笑される場合もあります。

柔軟な対応が困難

転職経験がなく考え方に偏りがあるせいで、柔軟な対応が困難なことも世間知らずと言われてしまう原因の一つです。
固定概念に縛られていると、新しいやり方をなかなか受け入れられず拒否してしまう傾向があります。自分の会社と異なる仕事のやり方・方針であると「そういう考え方もるのか」と受け入れるのではなく、「それは間違っている」と全面否定してしまうのです。

新しい環境になかなか馴染めない

何年も一つの会社に勤めていると、社外での人との交流に苦手意識を持ってしまう場合があります。そのため、仮に転職しても新しい環境になかなか馴染めず、周りと円滑にコミュニケーションが取れないせいで、「転職経験がない人はやっぱり世間知らず」と思われてしまうのです。
実際、一つの会社に勤続している人が転職を躊躇するのは、新しい環境に馴染める自信がないことが大きな要因の一つとなっています。

転職経験なしのメリットとデメリット

転職経験なしは世間知らずと判断されがちですが、ずっと同じ会社に勤め続けることにはもちろん利点もあります。また、世間知らずと判断される以外のデメリットも存在します。
ここでは、転職経験なしのメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

メリット

社内で評価されやすい

一つの会社で勤め続けることで、社内では評価されやすくなります。
会社によっては、長年在籍している=会社の方針に忠実に従ってくれる社員と評価してくれる場合があり、それが昇給や出世に繋がることもあります。また、会社独自の仕事のやり方がしっかりと身に付くので、成果を上げやすくなるのも評価されやすくなる要因です。

社会的に信頼される

転職経験がなく勤続年数が長くなることで、社会的な信用を得ることができます。
社会的信用が上がることで、住宅ローンなどを組むときに必要な金融機関での審査に通りやすくなります。年齢的に若い人や、独身の人にとっては社会的信用なんてあまりピンと来ないワードでしょう。しかし、結婚を考えている・マイホームを持ちたいと考えている人にとっては、非常に重要なことです。

人間関係が安定する

同じ会社に勤め続けることで、人間関係が安定することもメリットの一つです。
人間関係が不安定だと、業務を効率的に進めることが困難になってしまいます。社内だけでなく取引相手との関係も安定し、それが自分自身の評価にも繋がります。また、人間関係が良好であることで居心地がよくなり、ストレスがたまりにくくなるのも大きなメリットです。

デメリット

マンネリ化する

転職しないことで、仕事も人間関係もマンネリ化してしまうことがデメリットの一つです。
マンネリ化してしまうと単に毎日がつまらないと感じるだけでなく、仕事に対してのやる気が起きず、そのせいで成果を上げられない状態が続き、昇給も昇進もなくただただ同じ業務をこなすだけの日々となってしまいます。

スキルや人間力が向上しにくい

新しい環境に飛び込むことは、スキルアップやコミュニケーション能力・忍耐力などの人間力の向上に繋がります。
一つの会社に留まり続けることでそれらの能力は向上しにくくなり、社外に出ると「経験値が低い」と他者に評価されてしまいがちです。それは社会人として大きなデメリットと言えるでしょう。

非合理なことを強いられる可能性も

長く会社に勤め続けていると、会社の方針に忠実であることを強く求められ、非合理なことを強いられてしまう可能性もあります。
例えば、サービス残業・休日出勤を当然のようにさせられたり、時には世の中に知れ渡ると大問題となるような不正行為に協力させられる危険性もあります。他の会社を知らないがために視野が狭くなり、会社の為に無理をすることや不正に加担することは当然のことだと思い込み、言われるがまま行動してしまうのです。

転職経験なしで世間知らずな人の末路

一度も転職しないことで考え方が偏り、社外では「世間知らずな人」と呼ばれてしまうようになった…そんな人は、一体どのような末路を迎えるのか?転職経験がない人にとっては非常に気に掛かることでしょう。
ここでは、転職経験なしで世間知らずな人の末路を紹介していきます。

会社以外の人間関係で孤立する

ずっと同じ会社に勤めていることで、社内での人間関係が濃密になる代わりに、学生時代からの友人と疎遠になり、新しい友人が出来ることもなく孤立してしまう可能性があります。
友人と疎遠になるのは、考え方が偏ってしまうことが大きな要因です。他社に勤める友人の思考が理解できなくなり、徐々に距離感が生まれてしまいます。また、勤めている会社がブラック企業であれば、拘束時間が長く友人と会う機会がなくなって、当然ながら新しい出会いのチャンスもなくなり、仕事以外では孤独な毎日を送ることになります。

世間とのズレが生じて人前で恥をかく

会社の方針が自分の中の常識となることで、世間との大きなズレが生じて人前で恥をかいてしまう場合もあります。
転職経験が全くない人は、今の会社で得た知識や経験が全てであるため、世の社会人も同じ考えであることが当然・それ以外は間違っていると思い込んでいる節があります。視野が狭いせいで世間の動きから取り残されて、社外で独自の常識を披露し失笑を買い、大恥をかいてしまう可能性があるのです。

倒産・リストラで窮地に陥る

今の会社が自分が定年するまで存在し続けるとは限りません。また、会社の経営が傾きリストラの対象となってしまう危険性も、誰にでもあります。
何が何でも会社にしがみつき続けることは、倒産やリストラで窮地に陥ってしまうことに繋がります。職を失うことで収入は途絶え、当然ながら生活もままならない状況となってしまいます。

ストレスが原因で精神的に病む

今の会社に対して不満しかなく、日々ストレスフルな状態で仕事をし続けている…そのような状況であっても転職を躊躇し会社に残り続けた場合、精神的に病んでしまう危険性があります。
特に、転職経験がない人は視野が狭くなっているため、どれほど過酷な労働状況でもそれが当然のことと洗脳されてしまいがちです。その結果ストレスに心が押しつぶされ、復職がなかなかできない程病んでしまう場合もあるのです。

地位を築いて順風満帆な人生を送る場合も

転職を一度もしないことで、社内でそれなりの地位に上り詰めて順風満帆な人生を送る場合ももちろんあります。
この場合、収入も社内での信頼度もかなり安定し、同時に社会的信用も得ることができ、公私共に穏やかな生活を送ることができます。その反面、一度も転職に挑戦しなかった自分を悔やむ瞬間もあるでしょう。

転職経験なしの世間知らずと言われないためにやるべきこと

例え転職経験が一度もないとしても、自分の行動次第で他者から「世間知らず」とは言わせない人格を獲得することは可能です。
ここでは、転職経験なしの世間知らずと言われないためにやるべきことを5つ紹介していきます。

ニュースなどで社会情勢を把握しておく

ニュースなどで社会情勢をしっかりと把握しておくことで、世間知らずと言われる心配はかなり軽減します。
同じ会社に居続けることは、世間の動きに鈍感になってしまう要因となります。社会情勢に疎いと社外で恥をかいてしまうことになるので、時間を見つけてはテレビのニュース・ネットニュースなどに一通り目を通すようにしましょう。

職場以外の人脈を大切にする

職場の人間関係だけでなく、それ以外の人脈も大切にしましょう。
会社以外での友人・知人から得られる知識や情報は、あなた自身にとってとても大切なものです。また、自分が勤める会社の方針とは違うからといって、頭ごなしに否定するのではなくしっかりと耳を傾けることも重要です。様々な知識を持っておくことで、世間知らずと思われる心配はなくなります。

スキルアップに努める

社内での評価に満足するだけでなく、スキルアップのために努力することも大切です。
今の会社では十分能力を発揮し高い評価を得ていたとしても、他の会社では全く通用しないというのはありがちなことです。鼻高々に自分が上げた成果を社外の人に自慢したら「その程度の能力で満足してるの?」と笑われる危険性もあります。
現状に満足せず、その業種を極める位の能力を身に付けられるよう向上心をもちましょう。

他の会社の状況も知っておく

自分が勤める会社の現状ばかりに注目するのではなく、他の会社の状況も把握しておきましょう。
特に、同じ業種の会社の状況は常に知っておいた方が良いでしょう。世間知らずと言われることを回避できるだけでなく、業界全体の景気が傾いた場合その情報をいち早く知ることができます。そのタイミングで転職すれば、路頭に迷うことはありません。

会社の色に染まらないよう注意する

考え方や仕事のやり方は、組織に属する以上ある程度会社に合わせなければいけません。しかし、自分自身の思考が完全に会社の色に染まってしまうと、一歩外に出ると世間知らずというレッテルを貼られてしまうこととなります。
常に自分が勤める会社を客観的に見れる視点を持ち続けましょう。そのためには、やはり社外の様々な人達との交流を大切にすること・他社のやり方を知っておくことが重要です。

転職したいと思ったら恐れず挑戦しましょう

転職したいけど、上手くいかなかった時のことを考えると不安…そう考える人は少なくないでしょう。しかし、「やっぱりあの時違う世界も見ておくべきだった…」と、歳を重ねてから後悔してしまう可能性があります。転職したいと思ったら、恐れを捨てて迷わずに挑戦してみましょう。
また、実際に転職しなくても、転職活動を行うだけで世間知らずの状態からは脱することが可能です。転職活動をする中で自然と他社の情報を把握することができますし、その業種でどのような人材が重宝されるのかを知ることもできます。
もし採用されなくても、自分自身にとって非常に有益で意味のある行動となるので、気負わずにチャレンジしましょう。