離婚した元彼が復縁を求めたきた理由と対処法は?

別れた元彼に未練がある女性なら、一度は「今でも諦められない」「復縁したい」と考えた事があるのではないでしょうか。

しかし、そんな状況の女性を一気に地獄に突き落とすのが、「元彼の結婚報告」です。

元彼が結婚してしまった以上、復縁のチャンスは無くなってしまう為、計り知れないショックを受けるものです。

そんな中、「元彼の結婚を知った数年後、”離婚したから復縁してほしい”と連絡が来た」という出来事が起こる事があります。

もちろん、そんな連絡を受けると「何で今更?」「何の理由があるの?」と勘ぐってしまいますよね。

そこで今回は、このように「離婚した元彼が復縁を求めてきた理由」と、そんな元彼への対処法を紹介します。

離婚した元彼が復縁を求めたきた理由

結婚した後に「やっぱり好きだ」と気付いた

元彼との交際期間が数年以上であったり、元々友人であった関係であるほど、別れた後に赤の他人に戻る事はなかなか難しいものです。

その為、「別れた後も仲は良い」というパターンも多いでしょう。

そうした中で別の女性と結婚した男性は、結婚後に「やっぱり違う」「やっぱり元カノが一番好きだった」と気付く場合もあります。

とはいっても、そんな違和感を抱いたまま結婚生活を続けていく事は苦でしかない為、もちろん離婚に至る事もあるでしょう。

そうして離婚に至った結果、「もう一度あいつに連絡しよう」「復縁したい」と行動に出るのです。

リラックス出来る相手と一緒に居たくなった

「彼女に求めるものは性格か、顔か」という質問を受けた時、ほとんどの男性は頭を悩ませてしまうものです。

そうしてありがちなのが、「非常に性格の良い女性と付き合ったものの、美人な女性と浮気した」というパターンです。

どんなに彼女の性格が良く、一緒に居て楽しくリラックス出来る相手であっても、美人な女性にはどうしても目移りしやすいのが男性という生き物です。

しかし、そうして美人な女性を取って結婚に至った場合、何となく気の抜けない毎日に気疲れし、「結婚って意外にも楽しくないな」と気付く事があります。

だからこそ、結果的に離婚に至ってしまった後、「やっぱりリラックス出来る相手と居たいわ」と気付き、元カノに復縁を求めるのです。

誰でも良いから寂しさを埋めたい

こちらは、「元カノが云々ではなく、単純に寂しいから誰かと付き合いたい」というパターンです。

つまり、元彼は「あなただから」復縁を迫ってきているのではなく、「適当に誰でも良いから」復縁を迫ってきているのです。

この場合、元彼は辛い結婚生活や離婚の手続きに疲れ切っており、離婚して一人になってしまった事に少なからず寂しさを感じています。

だからこそ、「寂しい」「誰かと居たい」という感情を抑える事が出来ず、元カノという声を掛けやすい女性をターゲットにします。

離婚した元彼が復縁を求めてきた際には、このようなパターンがある事も覚えておきましょう。

離婚した元彼が復縁を求めたきたときの対処法

無視する

ここからは、離婚した元彼が復縁を求めてきた際の対処法を紹介していきます。

まず一つ目は、「無視する」という方法です。

やはり、いくら別れた直後には未練があっても、元彼の結婚を受けて何年もの時が経てば、そんな気持ちも薄れてしまうものです。

その為、今更復縁を求められた所で「もう遅い」「今さら都合が良すぎる」と感じてしまっても仕方がありません。

また、「もう彼氏が居るから無理」という場合もあるでしょう。

そんな時は、「返事をしないと申し訳ないかな?」と考えず、きっぱりと無視を決め込む事も悪くはありません。

無視をする事で元彼にもケジメが付き、あくまでも別々の人生を歩み続ける意思表示をしてみても良いでしょう。

可能性が無い事をしっかり伝える

「元彼からの連絡があまりにもしつこい」「直接会いに来た」という場合には、「可能性が無い事をしっかりと伝える」という事が大切です。

「離婚したばっかりだし、きつい言い方をしたら可哀想かな」などと気を遣っていては、元彼を調子に乗らせるばかりです。

その為、復縁の意思が無いのであれば、その旨と理由をしっかりと伝えましょう。

中途半端な関係を続けていては、最終的にお互いの首を絞めてしまいます。

元彼の未来の為にも自分の為にも、なるべく自分の正直な気持ちを伝える事が大切です。

復縁する場合はきちんとケジメを付けてもらう

「元彼が結婚した後もずっと好きだったし、復縁しても良いかも」という場合は、元彼にしっかりとケジメを付けさせる事が大切です。

「結婚した女性と離婚し、その後に元カノと復縁しようとする男性」は、世間的に見れば決して良い印象は持たれません。

その為、そんな彼と本当に復縁をするのであれば、「離婚した理由」や「元嫁への慰謝料」など、現実的な部分をしっかりと聞き出し、それに納得をした上で答えを出しましょう。

また、最も大切なのは「自分と再婚する気はあるのか」という事です。

そこを「それは無い」「そこまでは考えていない」というのであれば、残念ながら元彼はあなたの事を適当な遊び相手だと認識しています。

反対に、「結婚を前提に復縁してほしい」というほどのケジメを付けてくれたのであれば、復縁をしてみても良いでしょう。

理由をストレートに聞いてみる

復縁を求めてきた元彼にどんな心理があるかが分からないからこそ、「純粋に何で今さら復縁を求めてきたんだろう?」という疑問を抱きますよね。

そんな時には、「復縁を求めてきた理由をストレートに聞いてみる」という対処法もあります。

やはり、「復縁してほしい」という言葉だけを切り取ると、どうしても動揺してしまう上、「どうすれば良いんだろう」とパニックになってしまいます。

だからこそ、そんな時は落ち着いて理由を尋ね、その理由によって今後の対応を考えてみるのも良いでしょう。

稀に「いざ理由を聞いてみたら”特に理由は無い”と言われた」「”暇だから”と言われた」など、散々な答えが返ってくる事もある為、きちんと本人の気持ちを聞いてみる事は非常に大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA