社内恋愛中に嫉妬しすぎて疲れた時の対処法は?

社内恋愛には「好きな人と毎日顔を合わせられる」「こっそり付き合うドキドキ感が楽しい」など、社内恋愛ならではの様々なメリットがありますよね。

しかし、恋人と同じ会社で働いている以上、「恋人が自分以外の異性と仲良くしている所を目の当たりにする」という事は絶対に避けられません。

その為、実際に社内恋愛中の人の中には、「恋人が異性と話していると不安になる」「嫉妬をしすぎて疲れた」という人も多く存在するのではないでしょうか。

そこで今回は、「社内恋愛中に嫉妬しすぎて疲れた時の対処法」を紹介します。

社内恋愛中に嫉妬しすぎて疲れた時の対処法

あえて仕事を忙しくする

いくら恋人に嫉妬をしすぎてしまうといっても、仕事である以上は「異性とは話さないで!関わらないで!」と束縛する事は出来ませんよね。

やはり、恋人が意図的に異性とばかり仲良くしている場合を除き、働く上では異性との関わりを避ける事など不可能です。

その為、恋人に嫉妬をしすぎるという事は、恋人と自分の両方を苦しめてしまうのです。

だからこそ、そんな時は嫉妬をするのではなく、「あえて仕事を忙しくしてみる」という事が最も有効です。

そうして仕事に打ち込み、自分自身のタスクに夢中になる事で、恋人の存在が良い意味で目に入りづらくなるでしょう。

仕事後の楽しみを作る

恋人に対する嫉妬にばかり気を取られていると、仕事はおろかプライベートの時間までモヤモヤとした気持ちを抱えてしまいます。

だからこそ、そんな時は「彼氏の事ばかり考えすぎない」という事が大切になってきます。

そして、彼氏の事ばかりを考えない為に「他の事に気をそらす」という事は非常に大切で、そうする為の方法の一つに「仕事後の楽しみを作る」という事があります。

かといって、「恋人との予定を作る」というわけではなく、「友人と出掛ける」「同僚と飲みに行く」「一人で買い物をする」などの予定を作る事がポイントです。

そうしてスケジュールを充実させる事で、仕事中はその予定への高揚感で気がとられ、恋人の事を考える時間を減らす事が出来るのです。

異性が居る場に積極的に出向く

恋人に嫉妬をしてしまうという事は、悪い意味で「恋人の存在が自分の中心となってしまっている」という事です。

そして、自分がそんな状態に陥っている事に気付いていない人は意外にも多く存在します。

そうならない為にも意識しておいた方が良いのは、「恋人以外の異性と接する事も大切」という事です。

「生活の中心は恋人だけ」「浮気なんてありえない」と言って恋人に依存していると、恋人に嫉妬してばかりの生活を送る羽目となります。

だからこそ、あえて異性と接する事を心がける事で余裕ができ、恋人への嫉妬心を押える事が出来るでしょう。

自分磨きに勤しむ

そもそも、恋人に嫉妬をしすぎてしまう原因には、いわば「独占欲」が関係しています。

「自分の物だけであってほしい」「誰にも取られたくない」という人間の心理こそが、嫉妬という形となって相手を苦しめてしまうのです。

しかし、社内恋愛をしている以上、恋人と異性が何かしらの関わりを持つのは当たり前の事で、そんな事ばかりに不機嫌になっていては、二人の関係にもヒビが入ってしまいます。

また、嫉妬をすればするほど、恋人からしてみれば嫌悪感しかなく、どうしても「仕事だから仕方無いじゃん!」と不満に感じてしまうものです。

だからこそ、嫉妬という束縛で恋人をコントロールするのではなく、自分が努力する事でその状態を抜け出しましょう。

その為にも、「相手にどうこう言うのではなく、自分磨きをして自分自身が良い恋人になる」という事が大切なのです。

一人の時間も大切にする

恋人に嫉妬をするという事は、一人でモヤモヤした気持ちを抱え続ける為、時には自己嫌悪に陥る時もありますよね。

嫉妬というのは、すればするほどストレスが溜まっていく一方であり、相手にとっても自分にとってもメリットはありません。

だからこそ、相手の言動一つ一つに不安を覚えるのではなく、しっかりと精神的に自立する事が大切です。

恋人の存在ばかりに夢中になるのではなく、時には一人の時間を充実させ、恋人の言動に振り回されない確固たる自分を作り上げましょう。

それが出来る事によって、自分の心に余裕ができ、より一層二人の関係は良くなっていくでしょう。

嫉妬してしまう理由を探る

そもそも、あなたが恋人に嫉妬をしてしまう原因とは、一体何なのでしょうか。

いくら他の事で気を紛らわせたり、恋人に目が行かないように心がけていても、根本を解決させなければイタチごっこになってしまいます。

とはいっても、「嫉妬に理由なんてない」「嫉妬は嫉妬」と感じる人も多いでしょう。

しかし、嫉妬をしてしまう事には必ず原因があり、例えば「恋人が構ってくれないから」「自分に自信が無いから」「他の人に取られそうだから」など、様々な人間の心理があるのです。

そんな自分自身の心理を引き出す事で、初めて次のステップに進む事が出来るでしょう。

思い切って相手に相談してみる

恋人に嫉妬してしまう原因を探り、自分自身がどのような心理を抱えていたを突き止める事が出来た場合、その原因によっては「思い切って相手に相談してみる」という事も有効です。

例えば、「自分に自信が無いから、恋人が他の異性に取られそうで不安」などという心理がある場合、その不安と一人で戦い続ける事は酷でしかないでしょう。

その為、相手に相談出来るような内容であれば思い切って相談し、時には二人で解決する事も大切です。

いくら嫉妬をしてしまうからといっても、怒りに任せて相手に「どうして異性とばっかり話をするの!?」と攻撃的に八つ当たりをしてはいけません。

このように「どんな原因で嫉妬してしまうのか」をしっかり明確にし、その原因が分かった上で話し合いを持ちかける事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA