小物感がある女性の特徴は?

小物感がある女性の特徴は?

尊敬される人や一目おかれる人がいる一方で、何故か小物感が醸し出されてしまう女性がいます。

とても指摘しづらい上に、本人は全く気付いていない場合が多く、中々変わることはありません。

ここでは、そんな小物感がある女性の特徴をチェックしていきましょう。

小物感がある女性の特徴

虐めを好む

虐めを好むことが、小物感がある女性の特徴の一つです。

人望ある人は肝が据わっていたり、心が広いものです。

そういった人々は、虐めを好まない傾向があります。

何故なら、人望のある人は自分の持つ影響力について客観的に把握できるためです。

影響力がある人が虐めをすれば空気が悪くなり、お互いに協力しあう精神を損なう上に、敵を作ることにもなります。

人望のある人は、自分のことだけではなく、常に全体のことを考えられるので、虐めを好まないのです。

小物感がある女性はそれとは正反対で、虐めを好むタイプが多くいます。

そもそも大きな影響力はありませんが、たとえ小さなグループの中でも、少しでも人から注目して欲しくて仕方がありません。

そのため、気の弱そうな人や反撃してこなさそうな人を虐め、周囲の気を引いたり少しでも影響力を持とうとしてしまいます。

皮肉なことに、かえって小物感が醸し出されていることには気が付いていません。

何でも仕切りたがる

何でも仕切りたがるのは、小物感がある女性の特徴です。

グループを仕切れるタイプは、リーダーシップがあると言われます。

しかし、リーダーシップがある人は、ただリーダーになりたい訳ではありません。

目的達成のために、自分が人に助言や指示をすることが最善である場合にリーダーシップを取るのです。

しかし、小物感がある女性は、目的達成のためではなく、リーダーになることが目的で仕切りたがります。

リーダーらしいふるまいが出来ればそれで良いと考えているので、合理的な判断をしたり適切な指示をする能力はありません。

中身と立場が釣り合わないので、周囲からリーダーと認められるどころか、小物感が出てしまうのです。

暇さえあれば人の悪口を言う

小物感がある女性の特徴に、暇さえあれば人の悪口を言うということがあげられます。

不満やストレスのない人はいません。

誰でもイライラしたり、嫌なことがあれば、人の悪口を言ってしまうことはあるものです。

しかし、暇さえあれば人の悪口を言ってしまうようなら、少し控えてみても良いかもしれません。

悪口を言った時に、皆が共感したり話に乗ってきたりしてくれる時は、自分は正しく、何を言っても許される立場なのだと勘違いしやすくなります。

しかし基本的に、人の悪口を言う人は心が狭く、余裕がない人とみなされ、心からの尊敬はされません。

悪口を言う人は、聞いてくれる人に気を使わせてしまうのです。

そのため、暇さえあれば人の悪口を言ってしまうと人に気を使わせてしまい、人望どころか小物感が溢れ出てしまうのです。

理由もないのに威張る

小物感がある女性の特徴に、理由もないのに威張るということがあげられます。

目の前の人がどんな人かも分からないのに、自分の方が偉いかのような態度を取ってしまう人がいます。

立場の違いがあれば、常識を弁えた言葉遣いや態度をとらなくてはいけません。

しかし、小物感がある女性は、立場が変わらなくても偉そうな態度を取って威張ってしまいます。

過去に人から誉められた経験や実際に人よりも優れている点を元に、勝手に人の優劣を決め込んだり、すべてにおいて優れていると拡大解釈してしまうのです。

自分の方が優れていると思い込んでいるので、誰が何を言っても態度を改めることはありません。

困っている人を見捨てる

小物感がある女性の特徴に、困っている人を見捨てるということがあげられます。

人望がある人は、自分の利益ばかり考えないで、人の役に立って人のためになることをするため、人から慕われます。

人に見られている時だけ誰かを助けたり、良いことをする人は、見捨てられた人からの人望を失います。

本当に人望がある人は、たとえ人が見ていなくても、困っている人はほっとけないものなのです。

困っている人を見捨てる人は、心が冷たく、余裕もなく、頼りがいもありません。

そのため人から慕われず、人望も集まりません。

普段威張ったりカリスマぶったりしていると、なおさら小物感が漂ってしまうのです。

見栄を張りたがる

小物感がある女性の特徴に、見栄を張りたがるということがあげられます。

人から一目おかれる人や本当に優秀な人は、必要以上に見栄を張ることはありません。

何故なら、ありのままの自分でも人から認められるからです。

見栄を張りたがる人は、実際の自分よりも良く見せていたいという人です。

理想の自分を演出して、人から憧れられたり評価されたいと思ってしまうのです。

しかし、これを言い換えれば、ありのままのでは人から評価されたり認められないと自分で思っているということです。

見栄を張りたがる人は無意識に自分自身を卑下してしまっているので、余計に小物感が出てしまうのです。

すぐに感情的になる

すぐに感情的になるのは、小物感がある女性の特徴です。

人から慕われる人は優秀であるだけではなく、内面に魅力があり、人を引き付けます。

いくら優秀な人でも、情緒不安定で人に八つ当たりばかりするような人は、内面に魅力があるとは言えません。

これでは、人から慕われませんよね。

小物感がある女性はすぐに感情的になってしまうため、たとえ優秀な面があっても、内面的な魅力が足りません。

喜怒哀楽が豊かなのは悪いことではないのですが、すぐに感情的になってしまうと、周囲の人は憧れるどころか神経がすり減って疲れてしまいます。

すぐに感情的になる女性は大切な場面でプレッシャーに負けてしまったり、人のミスを頭ごなしに批判したりしまいます。

このような女性は、関わってもはたから見ていても、小物感が拭えません。