女性から告白させる方法は?

女性から告白させる方法は?

恋愛は男性からリードされたいという女性は多いのですが、昔ほど恋愛に積極的な男性は少なくなってきました。

恋愛に積極的でない男性は、たとえ相手が好きでもなかなか告白出来ません。

そんな場合は、女性から告白してくれたら上手くいきますよね。

それでは、女性から告白させる方法にどんなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

女性から告白させる方法

焦らしてその気にさせる

女性から告白させる方法としては、焦らしてその気にさせるというものがあげられます。

お互いに好意があるケースでも、相手の気持ちにいまいち確信が持てなかったり、告白する気力がなかったり覚悟が固まらないということもあります。

そんなときは、中々告白に踏み切れないものですよね。

このような場合は、女性から告白するのが得策なのです。

女性は男性より寂しがりやで、不安を感じやすい傾向があります。

そのため、好意をほのめかした上で焦らしましょう。

女性は人の気持ちに敏感なため、ほとんどの場合は好意を匂わせる程度でもこちらの気持ちに気付きます。

あとははっきりと気持ちを伝えすぎないようにすれば、女性は「なぜ告白してこないのだろう」とやきもきします。

そうなると、女性側からアクションを起こしてくる可能性が非常に高くなります。

その時に向こうの気持ちを確かめれば、自然と女性側から告白する形になります。

デートで楽しませる

女性から告白させる方法として、デートで楽しませるという方法があげられます。

女性の多くは気持ちの切り替えがはやく人の気持ちに敏感です。

そのため、男性が全くその気がないような態度をとってしまうと諦めてすぐに去ってしまいます。

男性があまりにも女性をぞんざいに扱っては、女性から告白させるのは難しいと言えますね。

ですから、デートでは女性が楽しめるように工夫しましょう。

楽しいデートを重ねれば、自然と好意や好感を持たれます。

女性に「この人を逃したくない」と思わせることが出来れば、女性側からアプローチしてくるようになります。

デートで女性を楽しませ、向こうからアプローチしてくるということを繰り返すことで、女性からの告白のハードルが下がります。

女性から告白させるには、このように女性が告白しやすい状況を作り出しましょう。

デートの後に優しいメッセージを送る

女性から告白させる方法として、デートの後に優しいメッセージを送ることがあげられます。

女性は男性と比較して不安を感じやすく、いくらデートが上手くいっても、本当に相手が楽しんでいたという自信が持てません。

デートの後で「今日は楽しかったよ」などと言葉をかけても、その日別れた途端に女性は不安になってしまうのです。

女性は不安になって相手が自分へ好意を抱いていないと感じると、告白どころか距離をおいてしまいます。

そのため、メッセージで楽しかったことを伝えたり、次のデートを約束することで、女性は相手から自分への好意を感じて安心します。

女性を安心させて好意を伝えることは、自分から告白させるために極めて効果的です。

男性側から告白するのが難しいという場合、デートの後に優しいメッセージを送って安心させ、女性に告白するための自信を持たせましょう。

自分からガツガツしない

女性から告白させる方法として、自分からガツガツしないことがあげられます。

女性は相手からの好意を感じられないと自信を喪失してしまいます。

しかし、自分の相手への愛情が確立していないのに男性からガツガツされると自信を得られるどころか、引いてしまうのです。

そのため、女性に好意を抱かせて告白させるには、あまり男性がガツガツしないことが肝心です。

女性に対して素っ気ない態度を取っても距離を取られてしまうので難しいところです。

しかし、あまりに前のめりになると、強引で誠実さに欠けて見えてしまうため、不信感や嫌悪感を抱かれます。

女性から告白させるには、女性に好感を持たれ、信頼されなければいけません。

穏やかな関係を築いて着実に距離を縮めることで、女性からの信頼と好意を勝ち取ることが出来るのです。

放置しすぎないで適度にかまう

女性から告白させる方法として、放置しすぎないで適度にかまうことがあげられます。

女性は寂しがりやで、男性から放っておかれたり無関心な態度をとられるのが大の苦手です。

そのため、男性よりもメールやメッセージを頻繁に送ってきたり、髪型が変わったことに気付かないなど些細なことでも自信をなくしたり機嫌を悪くしてしまいますよね。

女性から告白させるためには、好かれていることを前提として、女性に自信と勇気を持たせなければいけません。

そのためには、女性を不安にさせないよう、放置しすぎず適度にかまうことが効果的です。

適度にかまって女性が好意を抱けば、自然ともっと一緒にいたいという気持ちになり、向こうから告白してくる可能性を高められるのです。

本音を話しすぎない

女性から告白させる方法として、本音を話しすぎないことが効果的です。

本音を話すことは信頼関係を構築する上では欠かせない大切なことです。

しかし、あまりあけすけに語りすぎてもお互いの魅力を損なったり、理想を壊してしまうリスクがあるのです。

女性に好意をもってもらうためにも、あまり本音を話しすぎないことが大切になります。

本音を話しすぎないことで女性は理想を壊さずに想像をふくらませます。

すると、もっと相手に近づきたいという気持ちになるので、女性から告白される確率を上げることが出来るのです。

女性から告白させるためには、理想を壊さないよう本音を話しすぎないということが大切です。

もちろん、あまりに冷たい態度や無関心な態度をとってしまうと、嫌われているのではないかと悪い方に想像してしまうので注意しましょう。

女性に選択させる

女性から告白させる方法として、女性に選択させるということがあげられます。

女性は男性と比べると受身で、男性からリードされたいという気持ちが強い傾向があります。

普通の女性にとって、自分から告白するということは非常にハードルが高いのです。

ですから、男性が何もせずに女性から告白されるのを待っていても、中々思う通りにはならないものです。

女性に告白させたいという場合は、告白のハードルを下げていくことが大切になります。

そのためには、女性がリードすることに慣れさせることが効果的なのです。

はじめは女性にその日食べるメニューなど、些細なことから決めて貰うようにして、徐々に大きな選択をしてもらうようにします。

そのように女性が選択したりリードしたりすることに慣れてくると、告白へのハードルも下がりますから、女性から告白しやすくなるのです。