元彼と友達に戻れない理由は?

元彼と友達に戻れない理由

どんなに仲良しなカップルでも、些細なキッカケで破局をしてしまう事は決して珍しい事ではありませんよね。

また、「お互いが完全に納得して円満に破局をする」というのはどうしても難しく、大抵の場合はどちらかの心にしこりが残るものです。

だからこそ、恋人としても人としても大好きだった相手に対して、「別れた後も元彼と友達して仲良くしたい」という感情を抱く事もあるでしょう。

とはいっても、その意思とは裏腹に、肝心の元彼からは「友達にはなれない」という態度を見せられてしまう事もあります。

では、そうして元彼と友達に戻れない理由とは、一体何なのでしょうか。

元彼と友達に戻れない理由

別れた後は他人になりたいから

そもそも元彼が「恋人と別れた後は他人になりたい」という価値観を持っている場合、もちろん友達に戻る事はほとんど不可能です。

この価値観を持つ男性は、様々な理由から「別れたのに友達に戻るなんてありえない」という考えを持っている為、別れた翌日から完全に他人として接し始めます。

その為、彼らにはいくらコンタクトを取っても鬱陶しがられるだけであり、余計に悪印象を抱かせてしまいます。

どれほど「元彼と友達に戻りたいなあ」と思っていても、元彼がこのタイプの性格であった場合はその願いを叶える事は難しいでしょう。

メリットが無いから

元彼が「元カノと友達に戻る事にメリットなんて無い」という考えを持っている場合、どれほど健気に連絡をしたところで、彼らには無視を決め込まれるばかりです。

彼らは、よほど元カノと気が合ったり、友達に戻りたいと思うほどの魅力が無ければ、友達になった所でメリットなど微塵も感じられないのです。

だからこそ、元カノ側から「友達に戻らない?」という姿勢を見せられても、彼らは「友達に戻る意味って何?」「俺に何かメリットあるの?」という疑問を感じます。

元彼にそんな感情を持たれる事はショックですが、このような男性は決して珍しくはない為、「元彼もこのタイプなのかも?」と心に留めておく事も大切です。

面倒臭いと思われているから

破局をした際に元彼側から一方的に別れを告げられたり、「もうお前の性格には耐えられない」などと言われた場合、元彼はあなたに対して相当な不満を持っていたという事です。

また、男性側の態度が冷たくなればなるほど女性は必死に追いかけてしまう傾向にある為、「元彼に依存していた」「元彼に尽くしていた」という女性も多いでしょう。

しかし、男性は女性に追いかけられるほど逃げたくなる傾向にある為、そんな女性に対しては「面倒くさい」以外の印象を抱く事が出来ません。

そんな感情を持ったまま破局した女性に対し、「友達に戻りたい」とは思う男性は居ませんよね。

このタイプの男性にとっては、付き合っていた頃から「こいつって面倒だな」と感じていたからこそ、もちろん友達に戻る事など有り得ないのです。

結局曖昧な関係になるから

別れる際にお互いに愛情が無くなっているのであればまだしも、どちらかに未練が残っている状態で別れたのであれば、友達に戻ったとしても中途半端な関係を築く事しか出来ません。

やはり、カップルが破局をする際は、大抵の場合はどちらかに心の整理が付かないまま別れてしまう為、都合良く友達には戻れないのが現実です。

その為、相手に未練がある側が「もう二度と恋愛感情は抱かないから友達になりたい」と思っていたとしても、友達として接するうちにもう一度好きになってしまう可能性もあるのです。

その事を元彼が深く理解しているからこそ、積極的に友達に戻ろうとはしてくれないのです。

お互いの未来の為だから

元彼が「お互いの未来の為にも友達には戻らない方が良い」という考えを持っている場合、別れた後は友達には戻らず、ただの課見知りの相手に戻ろうとします。

この場合、元彼は「中途半端な関係を続けていても意味が無い」「お互いに新しい人生を歩むべき」という意思を持っている為、「友達に戻る事でお互いに成長出来なくなる」という価値観を持っています。

確かに、いくら「友達に戻る」と言っても、付き合っていた頃のように頻繁に連絡を取り合ったりしていれば、別れた意味も無い上、お互いに前に進む事も出来ません。

だからこそ、彼らにとっては「友達に戻る事=立ち止まる事」という認識でしかないのです。

きっぱりと忘れたいから

もしも元彼側に未練があったり、少しでも心にわだかまりを抱えていたりする場合、「きっぱり忘れる為に連絡を絶ちたい」と考える場合があります。

やはり、彼らにとっては、自分の中に元カノを恋しく思ってしまう気持ちがある以上、友達に戻って関係を続ける事は酷でしかありません。

だからこそ、元カノの存在と決別する為にも、きっぱりと過去を忘れる為にも、友達に戻る事を選ばないのです。

遊ばれていたから

いくら「元彼とはラブラブだった」という認識を持っていても、当の元彼からすれば「遊びだった」という場合もあります。

この場合、元彼にとっては「ただの遊び」でしかなかった為、別れた元カノに対して一切の情が無く、「友達に戻る」という考えなどこれっぽっちもありません。

つまり、それは「付き合っている最中から別れる瞬間まで相手に恋愛感情が無かった」という事である為、いくら「友達に戻らない?」と持ちかけても意味が無いのです。

このように、遊び相手や都合の良い相手として見られていた以上、その関係を友達として修復する事は不可能であると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA