社内恋愛で付き合うまでに意識しておくべきことは?

社内恋愛で付き合うまでに意識しておくべきことは?

同じ会社に好きな人ができると、会社に行くのも楽しみになって、仕事も俄然やる気が出てきますよね。

もうちょっとでお付き合い出来るかも!と恋に勝算が見えてきた時、頭の中がお花畑になってしまうと、あっけなく恋が終わってしまうかもしれません。

今回は、社内恋愛で付き合うまでに意識しておくべきことについてご紹介していきます。

社内恋愛で付き合うまでに意識しておくべきこと

この恋がお互いの業務に支障きたさないか

あなたも相手も、会社に行く理由は仕事をする為です。

この恋がお互いの仕事のモチベーションを上げてくれる原動力となるのであれば、大歓迎ですが、気になる彼女が小悪魔タイプの女性で、自分を含めた男性陣を振り回してきたり、ステキな男性に心惹かれて、仕事が手につかなくなりそうな気配があったら、この恋に突き進むべきではないのかもしれません。

社内恋愛に至っても、絶対に仕事に支障をきたさないという自信があるのであれば、堂々と意中の異性にアプローチをして、恋も仕事も楽しみましょう。

恋のライバルをチェックしておく

あなたが社内で狙っている異性を実は狙っているという人が他にもいるかもしれません。

仮に、好きな人との恋が成就してお付き合いすることになったとしても、ライバルが身近にいる事でウカウカ喜んではいられないということを心得ておきましょう。

あなたと、好きな人が交際しているという事実を知ったライバルは、意地悪な態度をとってくるかもしれませんし、今まですごく仲良くしていたのに、口もきいてくれなくなるかもしれません。

お付き合いをする前には必ず、社内に恋のライバルがいないかを確認して、社内で愛をしていることを告白するか秘密にするかなど、ライバルへの接し方を考えなくてはいけません。

簡単な気持ちで付き合ってはいけないと言う事

軽はずみで異性とお付き合いすることは、相手を傷つけてしまうことになるため、お勧めはできませんが、社内恋愛の場合は特に簡単な気持ちで相手にアプローチしてはいけません。

「ちょっと可愛いと思ったから付き合ってみるか!」なんて軽い気持ちで社内恋愛を始めると、後から痛い思いをすることになるでしょう。

もしも喧嘩をしてしまったり、別れ話が持ち上がっても、職場恋愛では相手と顔を合わせなくてはいけません。

できるだけそんな事がないように、付き合う前に相手の中身をしっかり見て、相性が良いか、長く付き合っていけそうか自信を持てないうちは、お付き合いに進まない方が良いでしょう。

相手が信頼できる人がどうか確認しておく

社内恋愛が周囲に知れてしまった時、周囲は、「あの彼氏とこの彼女」と2人をセットに見ようとするでしょう。

「男性側が無能で仕事ができない人だったとしたら、お付き合いする女性もきっと無能で仕事ができない人だろう。」と彼の評価をそのまま彼女の評価のように捕らえられかねません。

例え、今までどんなに仕事を頑張ってきて仕事振りを高く評価されていてもも、今までに何度も男性社員と恋仲になってきた尻軽な女性と付き合いすれば、「あんな女と付き合うなんて大した事ない男だったんだな。」と思われてしまい、自分の評価を下げてしまうことにもなります。

社内の異性に心惹かれて片思いしているとしても、お付き合いすることを考える時は、相手の行動をよく観察して、責任感がある人も見抜かなくてはいけません。

相手の立場も考える

好きな人が身近にいると思うと、姿が見えればそばに行きたくなりますし、楽しいことがあると、教えてあげたくなったり、話したくなるでしょう。

しかし、社内の異性に片思いしている場合は、学生時代の近距離恋愛とはわけが違います。

お互いに仕事をしに会社に来ているわけで、立場もありますし、周囲の目も気にしなくてはいけません。

意中の相手の想いが募ったからといって、あまりにも積極的なアプローチを人前で繰り広げたりすると、初めはいい感じだった2人の関係も進展の道が閉ざされてさしまう事もあります。

社内恋愛で付き合いたいと思ったら、相手の立場を考えて、職場内でのアプローチは控え、プライベートなところでアクションを起こしましょう。

付き合う時期や周囲に知らせる時期をフライングしない

社内恋愛を成功させるなら、ひっそり恋することが秘訣のようです。

学生時代のように、好きな人ができたらすぐに周囲に「あの人が好き!」と申告してしまうと、かえって恋が上手くいかなくなってしまう事が社内恋愛では多いのです。

恋心を打ち明けられた周囲が、変に気を遣っしまってしまうようになって今までの和やかだった雰囲気が悪くなってしまったり、意中の相手に噂が伝わってしまい、お付き合いに発展する前に意識しすぎて関係がぎこちなくなってしまうこともあるのです。

また、向こうも自分に好意を抱いていてくれて両想いだと思っていたのに、実は勘違いで一方通行の片思いだったのに、フライングで告白してしまうと、会社で顔を合わせた時に気まずくなってしまうでしょう。

同僚に恋愛相談はしないようにする

誰かのことを好きになったり、恋人ができたら、ちょっとしたことで悩んだり、誰かに愚痴を聞いて欲しくなる時もあるでしょう。

しかし、社内の人と付き合う時は、社内の人間に恋愛相談するのはしてはいけない事と心得ておいてください。

社内恋愛での恋の相談を同僚にする事は、彼または彼女の欠点やプライベートを暴露する事でもあります。

あなたが逆の立場だったらどうでしょうか。

会社の顔を作って仕事をしているのに、恋の仕方などを社内の人に知られたくはないでしょう。

本当にお付き合いしたいと思っているのなら、恋の相談は社外の人にするようにしましょう。