告白を「嬉しいけど考えさせて」と保留する女性の本音とは?

告白を「嬉しいけど考えさせて」と保留する女性の本音とは?

意を決して告白したのに、答えを保留されてしまった経験はありませんか?

「何故ダメなのか?」「いつまで待てば良いのか…。」

振られるよりも、かえって保留された方がモヤモヤしてしまいますよね。

今回は、告白を「嬉しいけど考えさせて」と保留する女性の本音についてご紹介していきます。

告白を「嬉しいけど考えさせて」と保留する女性の本音

突然の告白に驚いて答えが出せない

まさかあなたが自分のことを好きだなんて思ってもいなかったのでしょう。

仮に彼女があなたのことを好きだったとしても、あまりにも不意打ちすぎる告白だと、嬉しい気持ちよりも驚きの方が勝ってしまい、良い返事が見つからないことがあります。

その為、告白を一旦保留という形にしたのでしょう。

時間が経って頭の中が整理できてくると徐々に告白の嬉しさが実感できてくるはずです。

その時は、彼女から良い返事が聞けるでしょう。

あなたの事を異性として見られない場合にも、予期せぬ告白に対応することが難しくきちんと振ってあげることができなかったのです。

傷つけずに振る方法をゆっくり考えたい

気持ちが優しい女性は、いつも相手を傷つけまいと、相手の気持ちを優先に考えようとします。

自分の中では、「あなたと付き合う事は無い」「異性として見られない」と明確に答えが出ていても、告白されてすぐさま振るのは相手を傷付けてしまいそうで出来なかったのでしょう。

彼女なりの優しさだったのです。

また、多少なりとも「自分が悪者になりたくない」という心理も働いているのでしょう。

すぐに答えを出さない方が、一生懸命考えて出した答えという印象となり悪者にならないと考えたのかもしれません。

付き合うべきか周囲の意見を聞いて判断したい

恋のことで悩んだら、女性はまず友達に相談したくなります。

付き合うべきか付き合わないべきか、自分で今すぐ答えが出ないので、一旦保留にさせてもらって友達に相談してから決めようと思っているのでしょう。

「今はそこまで好きという感情は持っていないけど、友達が背中を押してくれたら付き合ってみようかな。」

「彼に印象はあるけれど、深くは知らないので友達にどんな人か聞いてから決めよう。」

などと考えているのでしょう。

確かに、冷静になって第三者の意見を聞いた方が良い選択を出来るかもしれません。

慎重派なほど、告白をされた時にすぐには返事をせずに保留することが多いのです。

好きかどうか自分の気持ちがわからない

ハッキリ「好き」を自覚出来たなら、二つ返事で告白をOKすることでしょう。

「好き」は好きでも、異性として好きなのか、友達として好きなのか、人として好きな部分があるのかよく分からなくなってしまうことは誰でもよく起こることです。

一言に「好き」と言っても、かなり曖昧で複雑な感情が「好き」という感情なのです。

一度冷静になって自分の「好き」について考えてみたいと思ったのでしょう。

考えた結果、ハッキリと「好き」を自覚出来なくても、あなたとステップアップした関係になりたいと思えれば、きっと前向きな返事をしてくれるはずです。

最終的に彼女がどんな答えを出すか、ドキドキして待たなくてはいけませんが、そこは急かさずに、ゆっくり考えて時間を与えてあげましょう。

忙しくて恋愛について考えていなかった

勉強や、仕事に追われて、しばらく恋愛から遠ざかっていた女性は、急に告白されて頭が恋愛モードにシフトできなかったのかもしれません。

しばらく恋愛から遠ざかってしまうと、恋がどんなものだったか、どうやって始めれば良いのか分からなくなってしまうのです。

最近は忙しくて、恋愛について考える余裕もなかったのでしょう。

突然訪れた恋愛のチャンスなので、しっかりとシフトチェンジして考えようとしているのです。

今の忙しさと、あなたへの好意を天秤にかけてしっかりと答えを出してくれるでしょう。

告白された経験があまりなくて動揺している

恋愛経験が乏しく、初めて受けたい告白だった場合、何もかもに驚いてしまい、嬉しさを噛みしめる余裕もないでしょう。

妄想の中では、いつかは告白されることがあるかもしれないと思っていても、それがまさか今日、自分の身に起きるだなんて思いもよらなかったはずです。

恋愛に慣れていないから、ちょっとしたパニックに陥ってしまったのでしょう。

頭を冷やす為にも、嬉しい気持ちを伝えたうえで保留にしたのではないでしょうか。

恋愛に慣れていない彼女は、初々しい乙女心を持った純粋な女性なのでしょう。

男性の気持ちを試したい

告白してくれた事をとても嬉しく思ったのは事実でも、彼女の中に手放しで告白を喜べない不安があるのかもしれません。

例えば、あなたの元カノのことが気がかりだったり、あなたに対してプレイボーイのような印象を抱いていて、お付き合いすることを迷っているのではないでしょうか。

今すぐに答えを出さずに、しばらくはあなたの様子を伺って、それから答えを出そうといるのかもしれません。

彼女が不安に思っている心当たりがあるのであれば、行動を改め、今すぐ彼女を安心させることに努めてみて下さい。

そして、近いうちにもう一度、彼女に誠意を見せてアプローチしてみましょう。