男性が好きな人を諦める時とは?

男性が好きな人を諦める時とは?

片思いをしている時、どれだけ相手のことが大好きであっても、場合によっては「この恋はもう諦めよう」と考えてしまう時もありますよね。

やはり、片思いは決して楽しいことばかりではなく、むしろ辛いことも多い為、どうしても心が折れてしまう時もあるものです。

特に、男性は片思いの相手に積極的にアプローチができる人も多いものの、それでも「もう諦めようかな」が頭によぎることも多々あるのです。

では、世の中の男性は、一体どんな時に好きな人を諦めるのでしょうか。

男性が好きな人を諦める時とは

告白に何度も失敗した時

一途な性格であったり、少々のことでは好きな人を諦めない性格の男性は、何度振られても同じ相手に告白をすることができます。

しかし、それほどメンタルの強い男性であっても、さすがに「もう無理かも」と諦めモードになってしまうことももちろんあります。

例えば、「何年も片思いをし続けたけど、一向にOKを貰えなかった時」は、どうしても心が折れてしまうものです。

いくら「一度好きになった人のことはずっと思い続けることができる」という男性でも、告白が何度も失敗し続けると、いつか必ず「もう無理」と諦めてしまう瞬間が訪れるのです。

アタックしても冷たくあしらわれる時

好きな人ができると、「付き合いたい」と思うのは当然のことですよね。

だからこそ、好きな人と少しでも距離を縮める為に、LINEを聞いてみたり食事に誘ってみたりと、様々なアプローチをしようとするものです。

しかし、好きな人がそのアプローチに応えてくれた場合は良いものの、頑なにそのアプローチを拒否される場合もあります。

その為、何度食事に誘っても断られたり、あからさまに嫌な顔をされたりすると、だんだんと自信が無くなってしまい、最終的には「もう諦めよう」と感じてしまいます。

どれだけメンタルの強い男性であっても、アタックした際に冷たくあしらわれると、誰しも「もういいや」と嫌になってしまうのです。

好きな人に彼氏ができた時

好きな人から「今は彼氏居ないよ」と言われると、「俺にもチャンスがある!」とテンションが上がりますよね。

しかし、そうしてアプローチを続けている最中、突然「実は彼氏できたんだ!」と聞かされると、さすがに動揺を隠せないものです。

もしも好きな人に最初から彼氏が居たのならまだしも、突然彼氏ができるということほど辛いことはありません。

やはり、突然彼氏ができたということは、それほど自分には一切の脈が無かったということでもあり、あっさりと他の男性に好きな人を取られたということでもあります。

その為、そんな現実を目の前にすると、どうしても「もういいや」「諦めよう」と心が折れてしまうのです。

好きな人が高嶺の花すぎる時

好きな人があまりにも美人すぎたり可愛すぎたりすると、周囲にたくさんのライバルが待ち構えていることも珍しくありません。

その為、そんな高嶺の花的存在の女性を好きになると、何かと苦労が絶えなかったり、辛い思いをすることも多いものです。

また、自分に自信が無い男性ほど「俺なんかに振り向いてくれるわけがない」「どうせ付き合うのは夢のまた夢だ」など、ネガティブな感情を抱きがちです。

このように、好きな人があまりにも高嶺の花すぎると、手が届かなさすぎるゆえに「無理だ」「諦めよう」と心が折れてしまうこともあるのです。

環境が大きく変わる時

どれだけ大好きな相手でも、物理的に付き合うことが難しくなる時もあります。

例えば、「どちらかに人事異動が決まった」などの事情で、やむを得ず遠距離になってしまうこともあります。

そうして環境が大きく変わってしまうと、どうしても片思いを続けることが難しくなり、自然と「諦めよう」と決めてしまうこともあるのです。

やはり、どれほど「恋愛に距離は関係ない」と思っていようとも、社会人として忙しく働いていれば、遠距離での片思いはどうしても難しいものです。

お互いの環境の変化は、このように気持ちの変化にも大きく関係することもあるのです。

好きな人が友達とかぶった時

好きな人に片思いをする上で、「これはどうしようもない」と頭を抱える瞬間こそが、「好きな人が友達とかぶった時」です。

やはり、自分だけが好きな人を思っているのであればまだ良いもの、大切な友達も同じ女性に好意を持っているとなると、話は大きく変わってきます。

特に、その友達が親友レベルで仲の良い相手だった場合、さすがに「こいつを差し置いてでも好きな人と付き合いたい」とは簡単には思えないものです。

その為、友達との仲が良ければ良いほど「俺が諦めよう」と身を引いてしまう男性が多いのです。

好きだけじゃどうにもできない時

社会人だからこそありがちなのが、「好きだけじゃどうにもできない」ということを痛感する時です。

例えば、「相手が結婚している」「自分の家庭の事情が複雑だから巻き込みたくない」など、大人ならではの事情が原因でお付き合いをすることができない場合があります。

やはり、学生時代とは違い、大人になればなるほど複雑なことも増えていくもので、どれだけ相手のことが大好きであろうとも、それだけではどうしようもない時もあります。

だからこそ、「好きだけど諦める」という辛すぎる選択をせざるを得ない時もあるのです。