彼氏と喧嘩した後にLINEで仲直りするメリットとデメリットは?

彼氏と喧嘩した後にLINEで仲直りするメリットとデメリットは?

彼氏と喧嘩をしてしまった際、時と場合によっては「直接会う事が出来ないからLINEで仲直りしよう」という時もありますよね。

特に、お互いに毎日忙しく過ごしている社会人であれば、どうしても会う時間も限られてしまうものです。

その為、どんあ時でも気軽に連絡を取り合う事が出来るLINEは、非常に便利な存在であると言えます。

しかし、そんなLINEで仲直りをする事は、実はメリットだけでなくデメリットもあるのです。

そこで今回は、「彼氏と喧嘩した後にLINEで仲直りするメリットとデメリット」を紹介します。

彼氏と喧嘩した後にLINEで仲直りするメリット

素直な気持ちを伝えやすい

LINEで仲直りをする事の最もたるメリットは、何といっても「文字で気持ちを伝えられる」という事です。

やはり、直接会って仲直りをしようとすると、どうしても言い方が冷たくなってしまったり、上手く言葉を伝えられない事もあります。

その点、LINEであればゆっくりと言葉を選ぶ事が出来る為、自分の気持ちを素直に伝える事が出来ます。

この事からも、「自分は口下手な性格だ」と自覚している人ほど、LINEでの仲直りが向いていると言えるでしょう。

喧嘩がヒートアップしにくい

直接会って仲直りをしようとすると、場合によっては相手の態度や物の言い方に腹が立ち、余計に喧嘩がヒートアップする事もあります。

しかし、LINEでの仲直りではお互いの顔が見えない為、極めて冷静な話し合いをする事が出来ます。

思った事をすぐに口に出すのではなく、文字に表す事によって感情にワンテンポ置く事が出来るLINEは、落ち着いて話をしたい際には最適のツールです。

「会うと余計な事ばかり言ってしまいそう」という心配がある場合は、LINEでの仲直りを選ぶ方がおすすめです。

場合によっては返事を後回しに出来る

直接会って仲直りをしている際、もしも話し合いがこじれてしまうと、その場の雰囲気は非常に険悪なものになってしまいますよね。

しかし、LINEであればお互いの顔が見えない為、「そんな言い方しなくても良くない?」などと不満を感じた時は、そのまま返事を無視する事が出来ます。

そうして一旦返事を無視する事で、感情を整理したり、言いたい事をまとめる時間を作る事が出来る為、このメリットは非常に大きいと言えます。

この「ワンテンポ置ける」というメリットがあるからこそ、余計な言い合いなどを避けながら仲直りをする事が出来ます。

スタンプの存在に救われる

LINEといえば「文字で気持ちを伝えられる」という事が特徴ですが、仲直りの際においては「スタンプ」の存在も大きなメリットとなります。

特に、口下手な性格であったり、感情を文字に起こすと何となく無機質な印象になりやすい人ほど、スタンプを駆使する事でその欠点のフォローが出来ます。

また、仲直りをした後に可愛らしいスタンプを送る事でその場を和ませる事もでき、スタンプの存在は意外にも便利な存在です。

このように、直接会って話をする事に比べても、LINEでの仲直りには様々なメリットがあるのです。

彼氏と喧嘩した後にLINEで仲直りするデメリット

顔が見えないからこそ本心が分からない

続いては、LINEで仲直りをする事のデメリットを紹介していきます。

まず一つ目は、「顔が見えないからこそ本心が分からない」という事です。

やはり、LINEでの会話はお互いの表情が分からず、文字だけのやりとりゆえ、「これってどういう意味?」と深読みしてしまう事もあるのが難点です。

直接会って話をすれば、相手の声色や表情、仕草などから相手の感情を読み解く事が出来ますが、LINEではどうしてもそうはいきません。

その為、LINEは非常に気軽かつ便利な存在ではありますが、仲直りの後に何となくしこりが残ってしまいやすいのです。

思った事を上手く伝えられない

口下手な性格の人ほどLINEの存在が支えになる事も多いものの、反対に「自分の感情を文字に表すのが苦手」という人も存在します。

日常生活でどれだけコミュニケーション能力が高くとも、LINEやメールは非常に苦手だという人も多いのです。

もしも彼氏か自分がそのようなタイプであった場合、LINEで仲直りをするといっても何を話せば良いのか分からず、どこかぶっきらぼうになってしまいます。

このような性格である以上、思った事を上手く文字で表現出来ない為、仲直りはおろか余計に喧嘩をこじらせてしまうリスクが高いのです。

音信不通にされるとどうにも出来ない

LINEで仲直りをする事には様々なメリットがありますが、直接ではなくLINEで会話をするからこその最大のデメリットは、「音信不通にされるとどうにも出来ない」という事です。

やはり、顔が見えない状態での会話であるからこそ、いつどの瞬間に相手が返信をしなくなるか分かりません。

特に、文字だけでのやりとりである以上、受け取る側が言葉の意味を勘違いしたり、どこか冷たい印象を与えてしまう時もあります。

その為、知らず知らずのうちに相手を傷付けたり怒らせたりと、LINEならではのすれ違いを起こしやすい事こそがデメリットなのです。

そうして相手から一方的に連絡を切られて音信不通状態になってしまうと、仲直りはおろか、余計にお互いの関係に溝が出来てしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA