恋焦がれる人の特徴は?

恋焦がれる人の特徴は?

密かな片思いの期間が長かったり、自分からアピールをする事が出来ないなど、「恋焦がれるタイプ」の人が存在します。

そんな人達は、いざ晴れて恋人が出来た時にも、まるで片思いのような初々しい状態を続けます。

ある意味健気とも言える「恋焦がれる人」には、一体どのような特徴がるのでしょうか。

その特徴を7つに分けて紹介します。

恋焦がれる人の特徴

奥手でシャイ

恋焦がれる人は、基本的には奥手かつシャイな性格をしている事がほとんどです。

恋愛に積極的になれず、どうしても自分から行動する事が出来ない為、片思いの期間がいつまでも長く続きます。

好きな人を目の前にしてもアピールをする事とは無縁であり、ただただ恋焦がれる生活を送っているのです。

何らかのきっかけで相手から声を掛けてくれる事を待ち、ひっそりと好きな人を待つ生活を続けています。

しかし、そんな奥手すぎる性格は時に仇となる事も多々あります。

例えば、好きな人を他の誰かに取られたり、何も行動が出来ない事ゆえに片思いで終わってしまうパータンも少なくありません。

自分に自信が無い

自分に自信が無い人ほど、好きな人に積極的にアピールをする事が出来ません。

「自分なんて好かれるわけがない」「両思いになんてなれるわけがない」というネガティブな考えを持っている為、自分から行動する勇気が出ないのです。

自分の事ををひどく嫌ってる人ほど、そんな自分を好きになってもらおうとはしません。

そして、そんなネガティブな考えは、最終的に「好きな人を見ているだけで幸せ」という形に落ち着きます。

好きな人と会話をしたり付き合ったりする事は望まず、「ただそこに居てくれれば良い」という境地に達した結果、ひっそり恋焦がれる生活を送る日々となるのです。

恋に恋している

「好きな人に恋をしている」というよりは、「恋に恋をしている」という状況に陥りがちな人が存在します。

このタイプは男性よりも女性に多く見られ、若い女性であるほどその傾向は高くなります。

例えば、「学校の先生を好きになった」「禁断の恋をしてしまった」など、まるで少女漫画やドラマのような恋愛をする事が特徴です。

このタイプの女性は、自分では好きな人に恋をしているつもりでも、根本の部分では恋に恋をしている事がほとんどなのです。

その為、彼女達は周囲の女性に比べて夢見がちであったり、どこか現実的ではない考え方を持っています。

そんな幻想のような毎日を送る事で、恋焦がれる自分の状況を楽しんでいるのです。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少なければ少ないほど、異性に対する慣れがありません。

その為、好きな人と目が合うだけでも緊張してしまったり、会話をする事すらもままならないのです。

そして、恋愛経験が多い人とは違って、交際に発展するまでの時間も非常に長く掛かってしまいます。

事あるごとに「こういう時はどうすればいいんだろう?」「どんな態度を取ればいいんだろう?」と悩んでしまう為、ずるずると片思いを続けてしまいます。

また、好きな人の姿を見るだけでも十分と感じている為、陰から恋焦がれるタイプになりがちなのです。

一途

恋焦がれる人は、基本的に奥手かつシャイであり、加えて恋愛自体にも慣れていない事が分かりました。

そんな人達は、恋愛においては非常に慎重で、日々石橋を叩いて渡っている状態です。

また、自分から行動をする事が出来ない事もあり、普通の人に比べても片思いの期間が長くなりすぎる傾向にあります。

しかし、当の本人は「今のままでも楽しい」という感覚がある為、なんとその状態を年単位で続ける事も出来るのです。

普通の人であれば「早く告白してスッキリしたい」と思うものですが、恋焦がれる人はそのように焦る事が無い為、のんびりと一途に相手を思い続ける事が特徴です。

健気

恋焦がれる人は、そもそもの性格が純粋である事が多いです。

その為、好きな人に対してすぐに緊張してしまったり、目が合うだけで照れてしまったりと、非常にピュアな部分を持ち合わせている事も特徴です。

そんな純粋な性格ゆえ、好きな人が出来れば一途に思い続け、軽率な行動を取る事はほとんどありません。

また、好きな人の事は深い母性や包容力を持って接する傾向にある為、「尽くし体質」という健気な面を持っている事が多いです。

四六時中何かにつけて好きな人の事を心配しては、やり場のない健気な気持ちを持て余しているのです。

占いを信じやすい

恋愛をしている最中、占いを積極的に信じる方はどれくらい居るでしょうか。

恋焦がれる人は、雑誌やテレビ番組で流れる占いを熱心に見ては、恋愛に関するアドバイスを全て鵜呑みにする傾向があります。

普通の人であれば、「占いなんてあてにならない」と感じている方も多いものの、恋焦がれる人ほど「たかが占い、されど占い」と言って入念なチェックを欠かしません。

そして、良い事が書いてあれば喜び、悪い事が書いてあれば落ち込むなど、占い一つに気分を左右される日々を送っているのです。

また、占いにおいて「〇〇をするべし」というアドバイスがあればすぐに取り入れる為、周囲からすれば「効果あるわけないじゃん!」と驚いてしまいます。

この行動も、恋焦がれる人特有の「純粋な性格」がきっかけになっており、恋焦がれる人は「わらにもすがりたい」という強い思いから占いを信じ込むのです。