高校生におすすめの告白の切り出し方は?

高校生におすすめの告白の切り出し方は?

高校生になると恋愛に関して積極的になる人が増えて、急に彼氏・彼女が欲しくなるものです。

そこで中々告白出来なくて受け身になってしまうと、恋は進展しませんよね。

ここでは、高校生におすすめの告白の切り出し方を詳しく見ていきます。

告白に悩んでいる人は、チェックしてみてくださいね。

高校生におすすめの告白の切り出し方

LINEで伝える

高校生におすすめの告白の切り出し方にLINEで伝えるという方法があります。

LINEは中高生にとっては、もはや必須のコミュニケーションツールですね。

忙しい人や学校が別々でも、時間や場所に関係なくコミュニケーションが取れるので、お互いの距離を縮めるのにとても役立ちます。

また、対面よりも気軽で、会話のテンポやノリがよくなるので、好きな気持ちを重くなりすぎないで伝えることも出来ますね。

とても優秀なコミュニケーションツールですから、好きな人とLINEをしながら距離を縮めて告白しましょう。

電話で伝える

電話で伝えるのも、高校生におすすめの告白の切り出し方です。

LINEやメールなどでももちろん良いのですが、電話で告白するとよりお互いの気持ちが伝わりやすくなります。

文章で好きだと伝えても、お互いに感情までは読み取れません。

きちんと自分の口から好きだと伝えることで、文章だけでは伝わらない気持ちを伝える効果があるのです。

また、いつもLINEでメッセージのやりとりをしているという人は、電話をすることで「どうしたのかな?」と思うものです。

いつもと違うなと相手に感じてもらえると、告白を切り出しやすい雰囲気を作ることも出来ますね。

相手の気持ちを知りたい人や、真剣に自分の気持ちを伝えたいと思う人におすすめの方法です。

一緒に帰っているとき

高校生におすすめの告白の切り出し方に、一緒に帰っているときというのがあげられます。

帰り道で告白をするのは、ドラマや漫画などでも良く見られる王道の切り出し方ですよね。

また、一緒に帰っている時点で、既にお互いの距離は縮まっています。

既に仲が良いのですから、自分のペースでいつ告白してもかまいません。

しかし、友達として見られているのか、異性として見られているのかが重要なポイントになりますから、告白する前に然り気無く聞き出しておきましょう。

帰り道で告白をするというのは、誰しも一度は憧れるシチュエーションで、高校生ならではの切り出し方ですよね。

青春を楽しみたいという人に特におすすめです。

部活で活躍したとき

高校生におすすめの告白の切り出し方に、部活で活躍したときというのがあげられます。

部活で活躍したときは、心地よい達成感を得たり自信がつくだけでなく、相手から見ても好感度が高くなります。

カッコいいと思ってもらえたり、努力している姿に好感を抱かれるので、告白のタイミングとしてもとても良い時期と言えます。

告白をしたいけど、自信もきっかけもないという人は、部活で頑張って成果を上げたら告白しようという風に、自分できっかけをつくりましょう。

ただし、全く喋ったことがないという場合は、活躍したことを分かってもらえない可能性も高くなります。

コミュニケーションを取り、相手との距離をしっかり縮めることも忘れないようにしましょう。

文化祭や体育祭などイベントのあと

高校生におすすめの告白の切り出し方に、文化祭や体育祭などイベントのあとがあります。

文化祭や体育祭は学校全体が盛り上がり、自然と人と人との距離が縮められるものです。

クラスや学年が違っても普段よりも自由にクラスを行き来しやすいですから、話をするチャンスも増えますよね。

特に同じクラスであれば、お互い協力しあったりコミュニケーションが増えるので、仲良くなったり恋愛対象として見てもらうきっかけになります。

文化祭や体育祭が終わったあとは距離が縮まりやすいので、告白を切り出しやすい時期ですね。

好きな人と話す機会がないと悩んでいる人におすすめの切り出し方です。

彼氏・彼女が欲しいか聞いたとき

高校生におすすめの告白の切り出し方に、彼氏・彼女が欲しいか聞いたときがあげられます。

異性からの告白というのは、とてもドラマティックな出来事ですよね。

しかし、いくら仲が良くても突然告白を切り出されれば相手は驚いてしまい、考える間もなくフラれてしまうということもあるのです。

そうならないためには、こちらを恋愛対象として意識してもらうことが大切になります。

恋愛対象として意識してもらうには、彼氏・彼女が欲しいかどうか聞くのがとても簡単でおすすめの方法です。

相手が欲しいと答えたら、どんな人が良いのかなど会話を広げましょう。

もちろん、自分も彼氏・彼女が欲しいことと、相手を異性として好感を持っていることを伝えておきましょう。

もし芳しい反応なら、勇気を出して告白をしてみましょう。

彼氏・彼女が欲しいかどうか聞くと、自然と恋愛の話題になり、お互いを意識しやすくなります。

ドラマティックな告白よりも、自然な流れで告白をしたいという人におすすめの切り出し方です。

卒業式のあとに伝える

卒業式のあとに伝えるというのが、高校生におすすめの告白の切り出し方です。

高校生ともなると遊びたいだけでなく、本気の恋愛をしているという人も少なくありませんよね。

彼氏・彼女が欲しいだけなら軽いノリで告白をするという人でも、真剣に相手を好きになると尻込みしてしまうものです。

真剣に相手を思えば思うほど、フラれてしまったり、ぎくしゃくして関係が壊れてしまうのが怖くなってしまうからです。

しかし、関係を壊すのが怖いからといって、本気で好きな相手に何も言わずに離ればなれになったら、必ず後悔することになります。

そんな場合におすすめの切り出し方が、卒業式のあとに伝えることです。

告白を受けてもらえたら、新生活の励みにもなり、より絆が深まります。

もし断られて関係がぎくしゃくしても、クールダウンすることが出来るメリットもあります。

真剣に好きな人がいるけと、関係が壊れたりフラれてしまうのが怖いという人におすすめの切り出し方です。