口が悪い男性の心理は?

口が悪い男性の心理は?

言葉はその人の全てではありません。

しかし、その人の言葉が人格の一部であることは確かです。

口が悪い男性は人格を言葉通りに取られることが多いですが、一体どんな心理が隠れているのでしょうか。

それでは、口が悪い男性の心理を詳しくみていきましょう。

口が悪い男性の心理

恥ずかしがりやなことを隠したい

口が悪い男性の心理として、恥ずかしがりやなことを隠したいというものがあげられます。

恥ずかしさを感じることは、程度はありますが誰でも苦痛を伴います。

口が悪い男性は、その苦痛から逃れたり誤魔化すために汚い言葉や攻撃的な言葉を使ってしまうのです。

人は自分が恥ずかしさを感じることは嫌います。

しかし、自分が人を攻撃して恥をかかせることを本能的に好む人は少なくありません。

恥ずかしがりやの人は、それだけで人から攻撃の対象にされてしまいやすいのです。

そのため、口が悪い男性は、恥ずかしがりやであることを隠したいという心理が働いています。

自分が標的にされないように、人を攻撃するような悪い言葉を使い、自分の本当の性格を見抜かれないようにしているのです。

素直になれない

口が悪い男性の心理として、素直になれないということがあげられます。

人はよく嘘をつく生き物です。

うっかり口が滑って本音をいうことがあるように、つい本心とは違うことを言葉にしてしまうこともあるものです。

口が悪い男性も、いつも本心から悪い言葉を使っているという訳ではないのです。

子供には、好きな人をからかったり、嫌いなフリをして悪口を言ってしまうということはよく起こりますよね。

これは素直に自分の気持ちを表現し、自分が傷付いたり不利になったりすることを避けようという防衛本能があるからです。

口が悪い男性も、自分を守ろうとして素直になれないために、悪い言葉を使ってしまうのです。

プライドが高い

口が悪い男性の心理として、プライドが高いことがあげられます。

口が悪い男性は、人に馬鹿にされることが大嫌いです。

自分自身が、人より優位に立つ強く優れた存在になるために必死になっています。

しかし、誰もが認めるような人より優れた強い存在になるためには、並々ならぬ才能や努力が必要になります。

才能もなく努力も出来ない人は、理想と現実のギャップに苦しむことになります。

口が悪い男性はプライドが高いので、そのギャップを認めたり受け止めることは出来ません。

そのギャップを手っ取り早く埋めるために、悪い言葉を使って人を攻撃して、自分の強さや価値を見出だそうとしてしまうのです。

相手を威圧している

口が悪い男性の心理として、相手を威圧しているというものがあります。

口が悪い人が好きだという人は、あまり多くはありませんよね。

口が悪いというだけでも、トラブルを引き起こしやすいタイプです。

そんな人と関われば、自分が傷つけられたりトラブルに巻き込まれたりして嫌な思いをする可能性が高いため、あまり好かれるタイプではないのです。

口が悪い男性も、自分のふるまいが人から好まれないと分かっています。

しかし、口が悪い男性は、そもそも人に好かれようとはしていません。

人に好かれるのではなく、人に恐れられたり一目置かれることを望んでいるからです。

口が悪い男性のふるまいには、人を威圧しようという心理が隠れているのです。

ストレス発散

口が悪い男性の心理として、ストレス発散ということがあげられます。

口が悪い人は攻撃的で、穏やかなタイプではなく、精神的に波があり冷静さも欠いています。

怒りや苛立ちを感じやすく、感情的なふるまいが目立ちます。

精神的にゆとりがなく、ストレスを感じやすいタイプです。

そのため、ストレスを発散したいという心理が人よりも強く働いて、口が悪くなってしまうのです。

ストレス発散には、人を傷つけないものを含めて様々な方法がありますよね。

しかし、このような攻撃的な人は短気なので、穏やかな方法や根気が必要なストレス発散方法をとることが出来ないのです。

そのため、汚い言葉や人を傷つける言葉を発するだけという、簡単で攻撃的なストレス発散を選んでしまうのです。

ストレスが大きくなるにつれ、普段の口の悪さがさらにヒートアップしてしまいます。

人の優位に立ちたい

口が悪い男性の心理として、人の優位に立ちたいというものがあげられます。

口が悪いと、人を警戒させたり人を威圧したりしてしまい、人との距離を生んでしまいます。

言葉が乱暴だったり汚いことは、決して人に好かれたり親しみやすさを感じさせる要素ではないからです。

しかし、人に好かれない代わりに、相手を萎縮させて自分が優位に立ち、思い通りに動かしやすくなるという面もあるです。

口が悪い男性も、そのことをよく分かった上で行動しています。

人の優位に立ちたいという心理が働くので、人に好かれるようなふるまいよりも、人を威圧したり萎縮させるような行動をとるのです。

口が悪い男性は、人に好かれることよりも支配することを好む性格であると言えます。

不安を感じている

口が悪い男性の心理として、不安を感じているということがあげられます。

口が悪い男性は、一見、精神的に動じない神経の持ち主に見えます。

しかし、自分の安全を確信して精神的に落ち着いている場合、人は誰かにに攻撃を加えようとは思わないものです。

口が悪い男性の内面は、不安でいっぱいで、精神的にゆとりがありません。

自分のポジション、人間関係、仕事のストレスやプレッシャーで押しつぶされそうになっています。

少しでも安心出来るように、自分よりも弱い立場の人を作り出そうとして、言葉によって周囲に圧力をかけているのです。

はたからみれば迷惑なふるまいなのですが、これは本人も無意識にやっていることも多いのです。

この場合、同じように攻撃的な態度をとると、さらに空気が険悪になってしまいます。

コミニュケーションや仕事を円滑にするためには、相手の態度に感化されずに穏やかな態度をとるのが賢明です。