失言が多い男性の特徴は?

失言が多い男性の特徴は?

何かとデリカシーの無い発言でその場の空気を凍らせる、「失言が多い男性」に出会った事は無いでしょうか。

そんな男性が身近に一人でも存在すると、彼らがいつ誰の怒りを買ってしまうか予測出来ず、見ているこちらがハラハラしてしまいます。

また、彼からの自由奔放な性格に振り回され、多大なストレスを抱える羽目となってしまう事も少なくありません。

では、そんな何かと周囲を苛立たせる彼らには、一体どのような特徴があるのでしょうか。

失言が多い男性の特徴

人の気持ちが分からない

何かと失言が多い男性は、心無い発言やデリカシーに欠けた発言で周囲を傷付ける事が日常茶飯事です。

では、彼らがなぜそんな言動を取るのかというと、その最大の理由は「人の気持ちが分からないから」です。

その為、普通の人であれば、「これを発言すると相手を傷付けるかも」「これは黙っておこう」という判断が出来ますが、彼らはそれが一切出来ません。

彼らからすれば、自分さえよければ人の気持ちなどお構いなしである為、何かと好き勝手な発言をしては相手にダメージを与えます。

そんな勝手すぎる性格だからこそ、彼らはどこに行っても周囲から嫌われてしまう存在なのです。

空気が読めない

人の気持ちを考える事が出来ない彼らには、「空気が読めない」という特徴もありす。

学校や職場などに失言が多い男性が居ると、頻繁にその場が凍り付いたり、誰かが犠牲となって苛立ちを抱える事が日常茶飯事ですよね。

そんな何かと悪目立ちしがちな彼らは、そもそも「その場の空気を読んで的確な言動を取る」という事が苦手です。

その為、明らかに場違いな場面で失言をしたり、周囲から「今言うのまずいでしょ!」と思われても仕方のないタイミングで口を滑らせます。

そんな自由奔放な性格をしている彼らだからこそ、多くの人からの反感を買ってしまうのでしょう。

思った事をすぐに口に出す

穏便な人間関係を築く上で欠かせないのは、「言いたい事があっても時には我慢する必要がある」という事ですよね。

人間である以上、どうしても気に入らない事や許せない事もありますが、それをグッと堪えて大人な対応をする事が社会人のマナーです。

しかし、失言が多い男性はというと、この「我慢をする」という事が出来ません。

彼らは、自分の思った事をすぐ口にして出してしまう為、自制心や危機管理能力に欠けているのです。

その為、何かあれば即座に口を滑らせ、「ワンクッション置いて考える」という事が一切出来ません。

そんな大人げの無い性格では、周囲から嫌われてしまっても仕方がありませんよね。

言っていい事と悪い事の区別が付けられない

何かと失言が多い彼らですが、彼らは自分では失言が多いとは思っていません。

彼らは、あくまでも「思っている事を言っただけ」というスタンスであり、中には「何が悪いのか分からない」という人まで存在します。

このように、彼らにとっては「言っていい事と悪い事」の区別が全く付けられず、それゆえ何度も何度も失言を繰り返してしまうのです。

さらには、悪気が無い為に余計にタチが悪く、周囲を苛立たせてばかりの存在です。

言っていい事と悪い事の区別も付けられないのであれば、その性格が改善される事は無いでしょう。

反省しない

言っていい事と悪い事の区別が付けられない彼らは、もちろん自分の発言を反省する事がありません。

彼らは、そもそも自分の発言が問題である事事態に気付いていない為、反省するも何も、自分が悪いとすら思っていないのです。

その為、周囲に「そういう発言やめた方がいいよ!」と注意されても聞く耳を持たず、それどころか「何が悪いの?」という姿勢を一貫させます。

だからこそ、どれほど反感を買っても失言を繰り返し、その度に信用を失っていきます。

そして、気付けば彼らの事を信用する人は誰も居なくなり、孤立する事も少なくないのです。

自分の発言が面白いと思っている

失言が多い男性の中には、「自分の発言は面白い」と勘違いしている人も居ます。

このタイプの男性の場合、周囲から見れば「失言が多く性格が悪い人」ですが、当の本人は「自分の発言は面白い」「ウケを狙える」という斜め上の受け取り方をしています。

その為、人を傷付けるようなイジりをしたり、どこか人を馬鹿にしたような発言ばかりが目立ちますが、それは彼らにとってはあくまでもウケ狙いなのです。

とは言っても、もちろんそんな言動が周囲に受け入れられる事などなく、失言を繰り返す度に嫌われていきます。

このような間違った勘違いをしていては、誰からも嫌われてしまって仕方が無いと言えます。

人を見下している

何度も何度も失言を繰り返す彼らの中には、故意に失言をしているタイプも存在します。

このタイプの男性の場合、悪気が無いわけでも自覚が無いわけでもなく、人が傷付く事を分かった上で失言をしています。

その為、何も考えていないならまだしも、彼らにはしっかりと悪意があるのです。

そして、そのような言動を取る理由には、彼らの根本にある「人を見下している」という性格の悪さがあります。

彼らは常に自分以外の全て人を見下し、どこか馬鹿にしたがるからこそ、失言という形で人を傷付けるのです。

失言が多い男性にも様々なタイプが居ますが、彼らこそが最もタチが悪いタイプたと言えるでしょう。