社交辞令を言う女性の心理は?

社交辞令を言う女性の心理は?

本心では何も考えていないにも関わらず、やたらと調子の良い社交辞令ばかりを言う女性が存在しますよね。

例えば、何かにつけて容姿や性格を褒めてきたり、実行しないにも関わらず食事に誘ってきたりと、そんな上辺だけの言動にはモヤモヤしてしまいます。

彼女達は、一体どのような心理があって社交辞令を言い、我々を振り回しているのでしょうか。

社交辞令を言う女性の心理

八方美人

誰にでも社交辞令ばかりを言う女性は、基本的には「誰からも好かれたい」「誰からも良い印象を持たれたい」という八方美人なタイプがほとんどです。

そんな彼女達は、誰でも社交辞令を言っては相手の機嫌を取り、他人の顔色を伺ってばかりの生活を送っています。

確かに、相手を喜ばせておけば誰からも好かれる事が出来る為、人から好かれる為には「社交辞令を言う事」ほど手っ取り早い方法はありません。

しかし、彼女達は誰彼構わず必死に良い顔をしている為、「誰に何を言ったか」を忘れてしまう事も珍しくありません。

その為、相手からしてみれば「この間〇〇って言ったじゃん!」と苛立ちを感じるものの、当の本人は一切深い事を考えていないのです。

相手に気に入られたい

こちらは「特定の相手に気に入られたいから社交辞令を言う」というタイプです。

しかし、その「特定の相手」とは、決して「好きな人」「気になっている人」などの良い意味ではありません。

彼女達が特定の相手に社交辞令を言う際は、必ず「自分にとってメリットのある相手」だけを選んでいます。

例えば、仕事での上司や権力のある相手など、媚を売って損が無い相手だけを入念に選定しているのです。

そうして自分の保身の為に社交辞令をばかり言う女性は、もちろん誰からも反感を買ってしまいます。

周囲を出し抜きたい

こちらは「自分が優位に立つ為に周囲を出し抜きたい」とう考えを持っているタイプです。

彼女達は、自分一人だけがその場で勝ち抜く為なら、ライバルとなる周囲を蹴落とす為には手段を選びません。

その為、上司などにはやたらと社交辞令を言って相手を立て、それによって自分だけが優遇される事を狙っているのです。

また、このタイプの女性が特に厄介なのは、「男性相手には女の武器を使う事にも抵抗が無い」という事です。

何かと汚い手を使ってのし上がろうとする彼女達の姿は、誰から見ても目の敵でしかありません。

人たらし

人たらしで誰彼構わずベタベタ接する女性は、特に深い事を考えずに社交辞令を言う傾向にあります。

彼女達は基本的にあっけらかんとした性格の為、自分が社交辞令ばかり言っているという自覚すら無いのです。

さらに、このタイプの女性が最も厄介なのは、「気の無い相手を勘違いさせてしまう」という事です。

彼女達は、好意があるわけでもない男性にまで社交辞令を連発する為、相手を勘違いさせてしまう事は日常茶飯事です。

とは言っても、彼女達はそんな事はお構いなしである為、そんなだらしのない性格を直そうとはしないのです。

仲間はずれになりたくない

こちらは「仲間はずれになりたくないから社交辞令を言う」という、他人の機嫌を伺ってばかりいるタイプです。

八方美人タイプの場合は「皆に好かれたい」という心理を持っていますが、このタイプの場合は「嫌われるのが怖い」という臆病な心理が働いています、

その為、誰からも嫌われないように調子の良い社交辞令ばかりを言い、相手にとって都合の良い存在になろうとするのです。

しかし、どこかわざとらしく感じる彼女達の言動に「嘘っぽい」と勘付く人も多い為、反対に嫌われてしまう事も珍しくありません。

相手のペースを支配したい

一言に「社交辞令を言う女性」と言っても様々なタイプが存在しますが、中には「相手を自のペースを支配したいから社交辞令を言う」というずる賢いタイプも存在します。

このタイプの女性は、良くも悪くも日頃から周囲を見下し、どこか他人に対してドライな価値観を持っています。

その為、彼女達にとっては自分以外の人間は全てどうでも良い存在であり、他人の争いに巻き込まれる事を強く嫌います。

だからこそ、社交辞令を言う事で相手を付け上がらせ、相手に隙を作らせようとするのです。

そうする事によって相手が自分に一目置く事が分かっている為、自らの保身の為に社交辞令を有効活用しています。

社交辞令一つで相手のペースを支配しようとするとは、何とも美恐ろしい性格である事が分かります。

世渡り上手に生きたい

最後は、「世渡り上手に生きたいから社交辞令を言う」というタイプです。

このタイプの女性は基本的に事なかれ主義であり、「余計な争い事や揉め事には巻き込まれたくない」という意識を常々持っています。

その為、「いかに穏便に人間関係を築くか」という事には人一倍敏感で、だからこそ社交辞令を言う事で相手に好印象を与えようとします。

やはり、人間である以上、「褒められる事」を嫌う人は滅多に居ませんよね。

そんな人間の心理をよく理解している彼女達は、「とにかく他人の機嫌を取っておけば上手く生きていけるでしょ!」という頭の良さを持っているのです。

もっとも、そんな計算高い生き方では「あいつってわざとらしくない?」と反感を買ってしまう事もある為、彼女達の思惑は決して一筋縄では行きません。