キャラが濃い女性の特徴7つ

キャラが濃い女性の特徴7つ

キャラが濃い人と一緒にいると、場が大いに盛り上がって面白いですよね。

キャラが濃い人はインパクトが絶大で、一度会った人から忘れられないのも特権です。

今回は、キャラが濃い女性の特徴についてご紹介していきます。

キャラが濃い女性の特徴

ファッションが奇抜

見た目のインパクトが強い人は、初めて会った時の衝撃がいつまでたっても忘れられません。

髪の毛が、ビビットピンクや緑などド派手なカラー染められていたり、ロリータファッションや、過激なロックテイストの服を着ていたり、コスプレの要素が強かったり、奇抜なファッションをしている女性が通りすがると、思わず2度見をしてしまうでしょう。

次に会った時に、普通のリクルートスーツを着ていたとしても、初めに会った時のインパクトのある姿が頭をよぎり、強烈キャラの女性というイメージが拭いきれません。

見た目にパンチがあると、内面にもクセがあるのでは?と疑って見てしまいます。

話し方が特徴的

地声がアニメキャラのように可愛らしく、セリフもアニメ口調な女性や、宝塚のセリフの様な話し方の女性、やけにかしこまった口調で話す女性など、話し方に特徴がある人も、濃いキャラに認定されるでしょう。

この様な女性たちと初めて話をした人はびっくりするかもしれません。

みんなで写真撮影をする時に、

「ハイチーズ!パシャリ!」なんて可愛い効果音付きの発声で撮影の合図をされたら、口には出さなくても、みんな心の中はザワザワします。

回数を重ねて慣れてしまえば違和感は薄まるかも知れませんが、それでもやっぱり、キャラが濃いなぁという思いは拭えません。

経歴が斬新

日本屈指の有名大学である東京大学卒業と聞いただけでも、かなりインパクトがあるでしょう。

実際に、頭脳明晰過ぎて、一般人には理解出来ない難解な行動で周囲を驚かせてしまうこともあるでしょう。

日本屈指の頭脳思っている人からしたら常識でしかない雑学を披露しただけでも、キャラが濃いと思われてしまいます。

この他にも、元お笑い芸人や、元モデル、帰国子女など、一般的ではない経歴を持っているだけで、その世界とは縁のない人からしたら、当たり前の振る舞いをしていても新鮮に思え、キャラが濃いと感じるのです。

自己主張が強い

ガンガン自己主張してくるタイプの女性は、周囲からキャラが濃いと思われているでしょう。

いつも積極的に手を挙げて意見をする常連組に位置する人や、何でもかんでも首を突っ込みたくなるお節介な女性、自分の趣味をグイグイ人に押し付ける女性など、キャラが強過ぎて、正直周囲から引かれているかもしれません。

目立ちたがり屋の願望は満たされているかもしれませんが、自己主張があまりにも強いと、キャラが悪目立ちしてしまいます。

おそらく自分が望まない目立ち方になってしまうので、協調性を身につけた上で発言する様に心掛けていきたいものです。

個性的な友達がたくさんいる

類は友を呼ぶもので、濃いキャラの友達もまた濃いキャラである事が多いようです。

コスプレイヤーはコスプレイヤー同士の横の繋がりが出来やすかったり、アニメオタクはアニメオタク同士集ってイベントに参加したりするでしょう。

友達間では、お互いにお互いの事をキャラが濃いだなんて思ってはいないかもしれませんが、特殊な趣味がない人からすると、二人まとめてキャラが濃い!というのが正直な感想なのです。

やはり、同じ価値観、同じ温度、同じ尺度で物を見れる人とは自然に惹かれ合いやすいので、キャラが濃い人と、同じようにキャラが濃い人は同じ匂いに惹きつけられるのでしょう。

自分らしさを大切にしている

キャラが濃い人は、誰にも真似できないオリジナリティーがあり、会う人、会う人が初めて出会った新種の生物くらいの衝撃を受けます。

見た目や話し方を含め、独特のオーラが漂っているのが特徴です。

自分らしさをイマイチ理解していないまま過ごしている人も少なくありませんが、キャラが濃い人は、自分の好きな物を貫いて、自分らしさというものをハッキリと自覚しています。

オーラや雰囲気が誰とも被らないオリジナリティーに富んでいるのは、本人が自分らしさを大切に生きようとしているからなのでしょう。

目立ち過ぎてトラブルに巻き込まれやすい

キャラが濃いと、集団の中にいてもどうしても目立ってしまいます。

自分は相手の名前や顔を知らなくても、向こうは自分のことを知っている状態だったり、キャラが濃い人がいると噂には聞いていて、ぜひ会ってみたいと思ってくれている人がいたり、噂を鵜呑みにして、好奇の目で見てくる人もいるでしょう。

人の価値観は様々なので、同じものを見ても多種多様の捉え方があります。

芸能人を見ても分かるように、目立つ存在になると、ファンになってくれる人もいればアンチな人もいるわけです。

個性が強いと、一部のアンチ派の人から、嫌がらせを受けたり、目立つ故に悪い人から声をかけられたり、トラブルに巻き込まれる可能性は格段に上がってしまうのは最早、説明する必要もないでしょう。

もちろん、濃いキャラである事を売りにして、人気を獲得する可能性もありますが、独特な感性は、万人には受け入れ難いと思っていた方が良いでしょう。