B型彼氏とB型彼女の喧嘩
の特徴!喧嘩後に仲良りする方法は?

B型彼氏とB型彼女の喧嘩
の特徴!喧嘩後に仲良りする方法は?

何かにつけ、感情がわかりやすくて裏表のないB型カップル。

そんな2人が喧嘩しても、割と解決まではシンプルです。

お互いの考え方の違いを理解したり、前より仲良くなるために必要な時間なのだとしても、早く仲直りできるのがベストですよね。

喧嘩している間は、イライラして気分も良くないし、彼氏や彼女が好きと思い出すほど、胸が重くなりますね。

早くまた笑い合える関係に戻りたいものです。

B型彼氏とB型彼女の喧嘩の特徴

B型彼氏とB型彼女の喧嘩は、理由がいつもはっきりしています。

ちょっとしたことでも、大きなことでも、その時の気に入らなければすぐに口に出してしまいます。

相手にとって嫌なことがわかりやすいのは良いですね。

それが自分にとって変えてもいい行動なら、「ごめん。」と言って次からしなければそれで解決です。

でも、自分のこだわることに文句を言われたなら、ちょっと難しいです。

ただ、ずっと対立したまま、自分のやり方を変えずにいても2人の距離は開いたまま。

むしろ大きくなるかもしれません。

相手に合わせて少し変えてみたり、どうしても目に入れたくないと言われたら、彼氏や彼女に見えないところに移動するなど、妥協も必要です。

ぶつかったときには2人とも頑固なくらい意志が強いのですが、ほんの少し妥協しても相手に負けたことにはなりません。

2人が仲良く過ごせるためには、勝ち負けは考えずに自分をちょっとだけ変えてみましょう。

元々2人とも素直な心を持っているので、きっとうまく行きますよ。

喧嘩した時のB型彼氏の行動の特徴

気持ちを素直に表現するB型彼氏。

その表現もとてもストレートです。

苛立ちや怒りを感じたら、まずは発散させようとして、爆発します。

言葉はもちろん、乱暴に物を扱いたくなるかもしれません。

もちろん、物への八つ当たりも良いことではありませんが、相手に怖い印象を与えてしまうのは良くないですね。

それはこらえないといけないところです。

黙ることはむしろ難しくて、言いたいことを言っても足りない時は、彼女のいない場所に逃げます。

つまり、怒りに任せて出ていくこともあります。

隣の部屋に移動するだけなら、話はまだ続くかもしれませんが、感情を爆発させた後は一回頭を冷やしたいのです。

これも、「話を続けたくない」という意思表示ですね。

話しているうちに、自分が間違っていることをどんどん指摘されるのに耐えられなくなるので、怒るだけの人もいます。

B型彼氏と喧嘩!無視から仲直りまでの方法 B型彼氏と喧嘩!無視から仲直りまでの方法とは?

喧嘩した時のB型彼女の行動の特徴

喧嘩をした時、B型彼女も気が強いです。

いつもは大好きな彼氏でも、何かを言われたらそれ以上に言い返したくなるものです。

本当はそういうことではないのですが、勝ち負けをけっこう意識しています。

相手が背を向けて離れていくと、勝ったようで気分が一瞬は気持ちが良いかもしれません。

でも、相手を傷付けていたこともあるかもしれないので、そこは気をつけたいですね。

怒っているときは、感情が流れ続けるままに、本気じゃない言葉も言ったのに、自分はすっかり忘れてしまうこともあります。

ここまで強気じゃなくても、B型彼女は気持ちを素直に表現します。

感情的になったら、言葉を荒げているうちに、泣いたりもします。

そうなると彼氏は慰めてあげたくなりますが、B型彼女は落ち着くまで時間がかかります。

しばらくの間は、泣いたり騒いだりするまま、感情が発散できるまでは抑えることができないでしょう。

B型彼氏とB型彼女が喧嘩に仲直りするためのコツ

激しい喧嘩をしても、B型彼氏とB型彼女はちゃんと仲直りできます。

お互いに喧嘩の時に言いたいことを言い合うので、その喧嘩を引きずらずに済みます。

むしろ、けろっとして何もなかったようにお互い接することができるかもしれません。

一つだけポイントがあります。

感情が爆発した後、クールダウンする時間はお互い作った方が良いと思います。

B型はもともと何か難しく考えるのが苦手なので、喧嘩をして離れた後、多少は考えますが、いつのまにか考えたままでいるのが面倒になります。

そうなれば、大好きな彼氏や彼女のことを思い出して、そーっと戻るのです。

迎えに来てくれるのを待つ場合もありますが、怒って逃げていくのは「いつもの」場所。

言いたいことを言って、いつもの場所で仲直りするのもB型カップルなら定番パターンかもしれませんね。

B型彼氏とB型彼女が喧嘩しないための工夫

B型彼氏とB型彼女があまり喧嘩をしないようにするためには、まず話し方を少し和らげると良いでしょう。

はっきり物を言うことは良いことですが、誤解を招くこともありますし、内容によってはキツく感じることもあります。

2人の違う人間が付き合っている以上、喧嘩するのは避けられませんが、減らすようにしていくのも楽しみの一つだと思えませんか。

それと、同じ間違いを繰り返さないこと。

どうして前は喧嘩になったのか考えて、もう一度それで喧嘩しないように、相手の言ったことを覚えておくと良いと思います。

自分の言ったことを覚えていてもらえたら、あなたも嬉しくなるはずです。

喧嘩をしない工夫は、2人がもっと仲良くなるためのヒントでもあります。

以前より少しずつ変わっていくことで、もっとお互いに好きと思えるかもしれません。