女性ニートの特徴7つ

女性ニートの特徴7つ

現在、日本には10人に1人の確率でニートが存在すると言われています。

しかし、「ニート」と聞くと、なぜか男性のイメージがありませんか?

実際に、ニートの男女比は8:2程度なのです。

そんな謎多き女性ニートは、どんな実態を抱えて生活しているのでしょうか。

また、彼女達には一体どんな特徴があるのでしょうか。

女性ニートの特徴

「女の子だから」と親に甘やかされている

男性ニートとの最もたる違いは、やはり「親からの扱われ方」です。

男女平等が叫ばれる昨今、少しずつ時代は変わってきているものの、「女性は家庭に入るもの」という価値観は未だ残り続けています。

親世代であればその傾向はますます強く、「女性は無理して働かなくても良い」「結婚すれば良い」という考えが当たり前に存在します。

親世代の「女性は結婚と出産を経て初めて一人前」という考えは、娘がニートである事をむしろ歓迎し、「女は結婚すれば良いから大丈夫」と甘やかします。

当然、本人もそんな親に甘えっぱなしになるため、最悪の環境が出来上がります。

「家事手伝い」の言葉を武器にしている

上記で記した通り、女性ニートには「結婚」という最終兵器が存在します。

さらに、現在の日本では、女性ニートは「ニート」ではなく「家事手伝い」と表現される風潮があります。

例えば、女性ニートが犯罪を起こしたり、何らかの形でメディアに出る際、そこに記載される肩書きは何故か「家事手伝い」。

これには男性ニートからも「何で男は無職と表現され、女は家事手伝いなんだ!」と反感を買い続けています。

そんな「家事手伝い」の言葉を武器にしては、「ちゃんと家事をやっているから、ニートじゃない!」と、自分の立場に甘んじた生活を送っています。

ファッションなど、外見が幼稚

女性ニートは基本的に引きこもった生活をしているため、時間の流れがストップし、外見が幼稚です。

これは男性ニートにも共通して言える事ですが、ニートになると精神年齢が下がっていく傾向にあり、現実社会との時間の流れに大きな時差が生じます。

また、引きこもった生活をしている事が原因で、自分が現実社会でどのような立場にあるのかを客観視する事が出来ません。

そのため、ファッションも顔つきも、何もかもがどこか幼く、「年齢の割に幼いままの大人」が完成してしまいます。

SNSではお姫様

SNSやオンラインゲームの世界を覗いてみると、ニートである事をむしろ堂々と明かしている女性が多い事に気付きます。

女性ニートは毎日退屈な生活を送る中で、SNSやオンラインゲーム、漫画など、インドアな趣味に没頭しやすい傾向にあります。

そして、そんな現実とは異なる「もう一つの世界」では、女性という性別だけで男性からちやほやされるのです。

また、そんな世界では、男性側も「顔さえ可愛ければニートなんて気にならない!」と言う事がほとんどです。

そのため、架空の世界では堂々とニートを名乗る事が出来る上、多くの男性に支持される「お姫様」になる事も簡単です。

しかし、そんなぬるま湯の環境に居続けるあまり、どんどん現実を見る事が出来なくなっていきます。

若さに甘んじた結果、高齢ニート

親からも甘やかされ続け、SNS上の男性からも甘やかされ続けた女性ニートは、「ニートって余裕じゃん!」と勘違いします。

当然、女性とは若ければ若いほど良い待遇を受ける事が出来るものです。

しかし、そんな「若かったからこそ受けられていた待遇」に気付かぬまま年齢を重ねると、最悪の場合取り返しの付かない事になります。

気が付けば、昔は甘かった親に「何歳まで家に居るの?」と呆れられるようになり、ちやほやしてくれていた男性達は誰も居ない。

そして、いつの間にか親は介護が必要な年齢になり、自分は何の取り柄も職歴も無いオバサン…そんな悪夢のような結末が待ち受けています。

若い頃に容姿が優れていた女性ほどプライドが高いため、このような事態に陥りやすいのです。

「いつでも社会復帰出来る」と余裕を持っている

女性はパートやアルバイトの立場でも社会に受け入れられやすく、求人も途絶える事なく溢れています。

一方、男性は基本的に正社員である事が当然とされ、男性ニートが面接に来ようものなら白い目を向けられます。

ましてやパートやアルバイトでは、社会から好奇の目に晒される事は避けられません。

そんな「圧倒的に女性に優遇」な社会を理解している女性ニートは、「働こうと思えばいつでも働けるし」と余裕を持ち、なかなか行動に移そうとしません。

そのため、自分の立場に焦りを感じる事など無く、いつまでもダラダラと毎日を過ごしてしまいます。

親と彼氏だけが味方

女性ニートは同性の友達が居ない場合が多く、私生活の9割以上が彼氏と親で出来ている事がほとんどです。

実は、「友達は居ないけど彼氏は居る」という女性は非常に多く、特に女性ニートにはその傾向が高く見られます。

友達が出来ない理由としては、やはり性格に何らかのクセがある事が最もたる原因ですが、若く容姿が優れていれば、彼氏を作る事は容易です。

そして、やはり親、特に父親は娘を可愛がるため、結果的に彼氏と親だけが味方という環境が出来上がります。

ニートには退屈そうなイメージがありますが、女性ニートは意外にも毎日が充実している事が多いのです。