仕事ができない男の特徴7つ

仕事ができない男の特徴7つ

仕事の能力は人によって様々です。

同じ仕事を与えられても早く完璧に出来る人、遅く更に失敗してしまう人がいます。

仕事は能力によってスピードややり方、完璧差が全く異なってきます。

では仕事ができない男に特徴があるでしょうか。

仕事ができない男の特徴

予定管理が苦手

仕事は1日で決められた時間の間でいかに仕事が出来るかです。

職種によって仕事のやり方は異なって来ますが、それぞれ決められた時間でやるべき事があります。

1日のスケジュールを立てる、または1週間1ヶ月のスケジュールを立てて今何をするべきかしっかりと把握をしなければいけません。

上の人から言われてやる仕事ではなく、自分で考えて行動しなければいけない人は特に予定管理がとても大切です。

仕事が出来ない人はこの予定管理がしっかりと行えません。

今するべき事、そしてたくさんある作業の中で優先順位が分からずに順番を間違えて仕事をしてしまいます。

本来早くやらないといけない仕事を後回しにしまう事もあります。

結果、決められた時間内に仕事が終わることが出来ず、仕事が出来ないと思われます。

断れない

仕事では自分の仕事をこなしていく中で場合によっては他人に頼まれてやらないといけない時もあります。

人によっては自分の仕事を後輩や新人に任せる、押し付けるような人もいます。

また同期でも自分が仕事をしたくないために頼める人にやってもらうと考える人も中にはいます。

特に何に対してもはっきり断る事が出来ないお人好しの人は頼まれても断れません。

先輩から言われれば、あまり断れませんが、お人好しやはっきり意見を言えない人は同期からの仕事の依頼も引き受けてしまいます。

その結果、本来自分がするべき仕事の上に仕事が積み重なってしまいます。

自分がやらなくてもいい仕事をたくさん引き受けてしまい、自分の仕事まで回らなくなってしまいます。

仕事を引き受けていることを知らない人からしてみればスピードが遅いと思われてしまいます。

要領が悪い

仕事をする上で要領の良さはとても大切です。

もともと要領の良い人、悪い人がいます。

要点だけを掴んでスムーズに仕事が出来て不要な部分を省き、重要な部分だけをしっかり出来る人が居ます。

その一方で要領が悪い人は一つの作業がゆっくりであり、そして省いても良い所まで必要以上の作業してしまうために時間が掛かってしまいます。

要領の良い人、悪い人で明らかな差が出てしまいます。

そして要領が悪ければ仕事能力だけではなくコミュニケーションなどの人との付き合いも影響が出てしまいます。

人と上手く付き合えている、先輩に可愛がってもらっていれば仕事をサポートしてもらえます。

もし要領が悪ければ、先輩に可愛がってもらう術も分からずに先輩からのサポートが受けられない場合もあります。

結果自分をサポートしてくれる人がおらず、仕事が滞ってしまいます。

他人を尊敬しない

仕事をする中で人と人との関係性が重要であり、特に新人の頃は先輩から仕事のやり方などを教えてもらいます。

学生時代が終わり新社会人になった人では時に常識やルールを知ら無い人もいます。

上司や先輩への態度がまだ分からずに横柄な態度を取ってしまう人がいます。

仕事では上司や先輩から教えてもらわないとなかなか上手く仕事が行うことが出来ません。

教えてもらった際にしっかりと感謝をし、そして自分の身になるようにしっかりと勉強させてもらうと言う心が大切です。

初めから自分でも出来ると言う心があるのではなく上司や先輩をしっかり尊敬して、自分が出来無いことを認めて教えてもらえるようにすることが大切です。

この部分が上手く成り立っていないと気づけば誰にも教えてもらえなくなり、何かあった際に助けもらえなくなります。

その結果、対応能力ないと判断されてしまいます。

自己流を優先する

同じ仕事であれ、人それぞれやり方が違う場合があります。

最後の形が同じであってもそこまでの流れが個人個人で違う場合もあります。

人それぞれ個性が出てしまい、また自分がやりやすい方法と言うのは人によって全く違ってきます。

効率の良い仕事のやり方を見つけることがとても大切であり、やりやすい自分なりの方法を早く見つけることで仕事をスムーズに行うことができます。

しかし、これらはあくまでも基本のベースに沿って行うことが大切です。

基本のベースも無視をして、完全に自己流を優先してしまえばズレが生じてしまう事があります。

ベースをしっかり把握した上であれば良いですが、把握もせずに初めからしてしまえば、なかなかうまく仕事が出来なくなってしまう事があります。

気遣いをし過ぎる

職場の人との協力、仲間との協力が仕事をする上で大切です。

一人一人の作業であってもどこかでは同じ職場内の人と関わりが出てきます。

自分が失敗した時に相手に助けてもらう、または相手が失敗した時に自分を助けてもらえるなどの思いやりの気持ちも大切です。

しかし、相手のことを気にしすぎて相手が困っている時にすぐに手を出してしまうような優しさがある気遣いをする人は仕事がなかなか思うように進みません。

相手のことを考えて仕事をサポートしてあげることが大切ですが、気遣いのしすぎでは自分の仕事が進みません。

自分の仕事が遅くなることに繋がります。

その結果、仕事をすることが遅いと思われてしまいます。

一つずつしか出来ない

忙しい仕事であれば同時にいくつも作業しなければいけません。

例えば電話取りながらパソコンで書類を作るなどがあります。

仕事が出来る人は同時に作業することが出来ます。

また仕事が出来ない人は1つ1つしか作業を行うことが出来ません。

どれだけ忙しくても1つずつしか出来ないので、仕事が出来る人と比べて仕事のスピード力が落ちてしまいます。

無理して同時進行して失敗をしてしまえば意味がないので1つずつやることも大切ですが、やはり仕事のスピード落ちてしまいます。

そのため仕事が出来ないと思われることも多々あります。