口が上手い男性の特徴は?

口が上手い男性の特徴は?

ピンチの時、口が上手ければ何とかその場を切り抜けられることもあるでしょう。

イケメンでなくても口が上手ければ、意中の女性の心をグッと掴むことも可能です。

今回は、口が上手い男性の特徴についてご紹介していきます。

口が上手い男性の特徴

辻褄合わせが上手い

口が上手い男の話し方を観察していると、ある特徴に気がつきます。

それは、辻褄合わせのテクニックがつば抜けて優れているということです。

仮に嘘をつくとして、普通の人は、現実に起こっていないことを話しているわけですから、どこかで話の辻褄が合わなくなってしまい、この話はおかしいと気づかれてしまうのです。

ところが、口がうまい男は、想像力が豊かで、現実ではないことをを頭の中でリアルに想像することができ、話の辻褄を合わせて人を信用させることに成功するのです。

これは何も、嘘をつく時に限った話ではありません。

いつ、何時も辻褄の合う話をするので、周囲からの獲得するのでしょう。

自分に自信がある

口が上手い男は、自分が話し上手であることを自覚しています。

そのことに自信を持っているから、ポンポンと言葉が飛び出してくるのですが、言葉の端端から自分に自信があることがよく伝わってきます。

「何をやっても上手くいく気がする!」そんな気持ちがあるからこそ、人を納得させる話し方が出来るのでしょう。

自分に自信を持っている男性が突拍子もないことを話したとしても、あまりにも堂々とした態度を取られると何故か信憑性があるような気がして、疑う気にはなれません。

自分に自信を持つということは、相手に与える印象が良くなるだけではなく、自分自身に余裕や自由をもたらし、発言力がアップするのです。

語彙力がある

人を惹きつける話し方をするのになくてはならないのが語彙力です。

たくさんの言葉を知っている人は言葉を言い換えて、伝えたいことを正確に分かりやすく、そして面白く伝えることができるのです。

どうしても強調して伝えたいことをそのまま繰り返して話したり、声を大きくして話したところで、相手には不快感しか与えません。

言葉を言い換えて、ニュアンスを違わせることで、スマートに伝えたいことを相手に届けることができるのです。

普段から本を読んだり、話す経験を積むことで、豊富な語彙力を手に入れることができるでしょう。

声が大きい

話し上手な人は、話すこと自体が好きで積極的に会話を楽しもうとします。

会話を楽しんでいるうちに自然と声は明るく大きくなってしまうのは仕方がありません。

話すことが苦手で、自分は口下手だと思い込んでいる人は、反対にコモゴモと小さな声で話し、根暗な印象を与えます。

それでは、「もう一度会って話したい」と相手に思わせることは出来ないでしょう。

会話の内容だけでなく、話す時の声、話すときの仕草も相手には強く印象付けられます。

話し上手なことが声や、話す時の態度にもよく表れ、「この人と話すと楽しい!」と思わせるのです。

女性にモテる

全然イケメンではないのに、美女とお付き合いをしている男性もいますよね。

そういう男性は大抵、お金持ちか、話が上手いかのどちらかでしょう。

お笑い芸人を見てみても、面白くて売れている芸人さんの奥さんは大体が普通では手が届かないような美女たちばかりです。

彼女たちはきっと、夫の巧みな遠くに心を奪われたのでしょう。

言われてみると、女性の好きな男性の特徴と題したアンケートでは、1位が優しい人に、2位が面白い人という並びになることが多いのです。

話が上手いと、女性を楽しませることができ、イケメンと肩を並べるほど女性からモテるのです。

目立ちたがり屋

話すことの目的は、そもそも自己主張をするためです。

伝えたいことが多い人ほど、自分の口を動かして人に伝える機会が多いのです。

つまり、目立ちたがり屋な性格なのでしょう。

話上手になるのは意外と簡単で、会話に慣れてしまえば、どんどん人との会話が楽しくなります。

プライベートの会話だけでなく、会社でのプレゼンでも話すことに慣れておくと、オドオドすることもなく、スマートにプレゼンすることができます。

目立ちたがり屋な男性は、普段から「この思いを人に伝えたい!」「俺の話を聞いてくれ!」という気持ちを持って、幾度となく話してきたので、会話のスキルが上がったのでしょう。

仕事ができる

人に分かりやすく説明するのも、人を笑わせるのも、頭の回転が速くないとできません。

話上手な男性に仕事をさせると、どんな仕事でもテキパキこなしてしまうでしょう。

人の気持ちを汲み取ったり、周囲の空気を察したり、順序立てて物事を考えることは、仕事においても、会話をするにあたっても共通して重要なことなのです。

人に笑われることは簡単ですが、ひとを笑わせることはそう簡単にはいきません。

頭を働かせて言葉を選び、空気を読まなければ、人を笑わせることはできないのです。

この能力は、仕事に大いに関係していると言えるでしょう。

楽しい言葉で人を喜ばせることができる人も、仕事ができる人も、頭の良い人なのです。