工業高校生の彼女の作り方は?

就職に有利な工業の知識や技能を学べるとして男子に人気の工業高校ですが、女子の数が圧倒的に少なくて、

「恋ができない…。」と悩んでいる人も多いようです。

今回は、工業高校生の彼女の作り方をご紹介していきます。

工業高校生の彼女の作り方

競争率が高くても校内の女性を狙う

工業高校には、女子が少ない分、たいして可愛いというわけではなくても、男子からかなりモテます。

ですから、工業高校だとだいたいの女子が彼氏持ちだったり、彼氏と別れても、すぐに新しい男子からのアプローチがあるので、校内の女子を狙うとなるとかなり競争率が高く、簡単に彼女をゲットできません。

でも、1番身近にいる女子と言えばやはり校内の女子ということになるでしょう。

コミニケーション能力を高めて女子に気にいってもらうか、オシャレを研究して女子からの憧れの人になるか、学校で思い切り目立つ存在になるか、とにかく校内の女子から一目置かれる存在になって、気になる女子にアプローチしてみましょう。

他校の友達に紹介してもらう

校内の女子との恋愛はないな!と思ったら、他校の女子を友達に紹介してもらいましょう。

同じ中学出身の友達で、今は別々の高校に進学した人に頼んで、女子と遊ぶ機会をセッティングしてもらうのも良いでしょう。

女子に会えるからといって初めから、「絶対に彼女を作るぞ!」と意気込んでしまうと、ギラギラして怖かったりして女子から引かれてしまうので、あくまでも「友達の輪を広げる」心づもりで参加するようにしてください。

その場にお気に入りの女子がいなくても、友達になれれば、そこから別の女子を紹介してもらえたり、新たな出会いに繋がる機会をセッティングしてもらえる可能性もあります。

他校の文化祭に遊びに行く

他校の女子と知り合いたいなら、各高校で行われる文化祭に遊びに行ってみましょう。

中学の頃の友達が通っている高校の文化祭に行ってみたり、部活動で仲良くなった他校の友達の高校の文化祭に行ってみるのがおすすめです。

前もって「可愛い女の子を紹介して欲しい!」と頼んでおけば、空いた時間に紹介したい女子を引き合わせてくれるかもしれません。

可愛い女の子を見かけたら勇気を出して自分から積極的に話しかけてみるのも良いでしょう。

文化祭ではきっと普段よりもテンションがハイになっているので、女子も声をかけられて心を開きやすい心理になっていると思われます。

アルバイト先で異性に出会う

バイトOKな学校なら、放課後や夏休み、冬休みにアルバイトをするのもおすすめです。

お小遣いも稼げるのはもちろんのこと、学校以外の人とえるので、もしかしたらそこで素敵な女性と出会えるかもしれません。

仕事を教えてもらっているうちに、バイト先の女性と仲良くなるかもしれませんし、お客さんと親しくなって、お付き合い…。

なんてことも起こるかもしれません。

アルバイトで人と話しているうちに、喋りのスキルが上がれば、どんな場面でも女性と自然に話せるようにもなります。

時間に余裕があるなら、是非アルバイトを経験してみてください。

部活で活躍する

高校で部活に入っている人も多いのではないでしょうか。

せっかく部活に入るなら、運動部がおすすめです。

部活動で活躍できれば、女子からの人気も上がって、校内の女子から注目されること間違いなしです。

部活のマネジャーをしている女子とも接近できて、もしかしたらマネジャーと恋が始まる可能性もありますし、マネジャーの友達の女の子と仲良くなれるかもしれません。

試合や遠征で他校の女子部員と知り合う可能性もあるので、部活動で活躍できれば恋ができる確率がグンと上がります。

巡ってきたチャンスは逃さない

他の高校に比べて出会いが少ない工業高校だからこそ、女子と知り合うチャンスが巡ってきたら、そのチャンスは逃さず確実に掴んでいきましょう。

せっかく知り合う機会があったのに、もじもじして連絡先を交換する機会を逃してしまってはかなりもったいないです。

「いきなり連絡先を聞いて嫌われないかな…?」

「どうせ連絡先なんて教えてくれないだろう…。」

なんてネガティブな考えは今すぐ、捨てて下さい。

自信なさそうな顔をされてさしまっては、仲良くなれるものも仲良くなれません。

ポジティブ思考で、女子との出会いをチャンスに変えていきましょう。

出会いのアンテナは常に張っておく

恋をする以前に、恋のチャンスを逃さないためには出会いのアンテナを日ごろから張っておくことが大切です。

男だらけの学校だからといって、歯磨きをしないで登校したり、寝癖をつけたまま授業を受けたりしていませんか?

いつどこで恋の相手と出会うか分かりません。

いくら男だらけだからといっても、普段から最低限の身だしなみは整えておきましょう。

そして、恋を始める相手がいないか、周囲を観察してビビッとくる相手を逃さないように、アンテナを張って生活しましょう。

出会いがないと思っていても、意外と身近なところに恋の相手は潜んでいるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA