器量がある女性の特徴は?

器量がある女性の特徴は?

日本語は複雑なもので、「器量」の後にどんな言葉をつけるかで意味合いが変わってきます。

例えば、「器量がある・ない」の場合には、◯◯するためにふさわしい能力がある・ない」という意味になります。

「器量が良い」と言うと一般的には女性の容姿の美しさを表します。

今回は器量がある女性の特徴についてご紹介していきます。

器量がある女性の特徴

リーダーとしての器量がある女性

女性の社会進出が進み、少しずつ女性が活躍しやすい環境が整ってきたとはいえ、まだまだ集団をまとめるリーダーは圧倒的に男性が多数を占めています。

そんな中で、女性リーダーとして器量を見せるのは、タフでパワフルな女性でしょう。

大事な事を決定するときの潔さや決断力や、部下に行動を以って正しい道を示す行動力ももちろん必要となりすが、一般的に見ると、男性と女性とでは体力やパワーなどの差があることは明らかであり、女性が会社のトップとして働くには強い精神力がないと務まりません。

女性らしい細やかな気遣いを持ちながらも、タフでパワフルな女性は、自然と周囲を元気づけ、良いリーダーとして集団を引っ張っていけるでしょう。

彼女としての器量がある女性

彼女としての器量がある女性は、可愛らしい事、これに尽きます。

優柔不断な性格でも、クールな女性でも、しっかり者な女性でも、彼氏の前では可愛く居る努力が出来るかが大切です。

彼女の為になぜ彼氏が頑張るかと言われれば、最愛の可愛い彼女の笑顔を見る為です。

頑張ってお金を貯めて彼女にプレゼントをするのも、旅行に連れて行ってあげるのも、忙しい合間を縫って会いに来てくれるのも、彼女の事を可愛いと思えるからなのです。

時には可愛く甘え、優しい笑顔で彼氏の心を癒せる女性こそ、彼氏に愛され、大切にされる彼女なのでしょう。

妻としての器量がある女性

結婚して妻となったら、可愛さや癒しを与えるだけでは務まりません。

家事を一手に引き受けるにせよ、夫と分担するにせよ、家庭生活がスムーズに回るように手際の良さを必要になりますし、働く夫を支えるサポート力も欠かせません。

やる気に満ちた表情で働く男性たちは、お金の管理や、健康管理を含め、妻がしっかりと管理してサポートしてくれているから、安心して会社で働くことが出来るのです。

偏った食事しか提供出来ない妻や、浪費癖がありお金の管理がままならない妻は、働き盛りで有能な夫から愛想を尽かされてしまうでしょう。

母としての器量がある女性

子供が生まれ母となったら、母親としての器量を身に付けなければいけません。

子供は可愛いものですが、実際に育ててみると、想像以上に手がかかり、自分の時間も持てないのが現状で、イライラが募ることもしばしばあります。

人の親になった自覚を持てないと、母親としての器量は身につきません。

口で言うほど簡単なことではありませんが、子供をしっかりと見つめ、しっかりと抱きしめ、大らかに子供を見守る懐が母親には最も必要な器量なのでしょう。

大きくて温かな母親の存在を感じられれば、子供はスクスクと真っ直ぐに育っていきます。

仕事人としての器量がある女性

働く女性に求められる事は、常識をわきまえている事と、人の役に立つ喜びを理解することです。

社会人として世の中に出たら、いつまでも学生気分ではいられません。

言葉遣いや、名刺の渡し方、電話の応答など、社会人としての振る舞いを常に意識して行動出来ないようでは駄目です。

そして、何の為に働いているのかを考えないで働くのも仕事人としてダメな人間です。

生活の為にお金を稼ぐのはもちろんですが、自分が持てる能力を使って社会に貢献する意識を持って仕事をする女性は、仕事をしていてたくさんの気づきがあり、自分を成長させられるでしょう。

先輩としての器量がある女性

学生を含め、後輩を持つ立場となったら頼りにされるような先輩になりたいものです。

間違っても態度だけが大きくて、怖がられるだけの先輩には成り下りたくないですね。

先輩として器量のある女性は、全体を見通せる観察眼と真の優しさがあります。

さりげなく後輩の調子や顔色をチェックしていれば、後輩のピンチにもすぐに対応してあげられたり、後輩を成長させるチャンスを見逃さないでしょう。

また、後輩を可愛く想うからといって、甘やかしてばかりいては、可愛い後輩をダメにしてしまいます。

可愛いからこそ、ダメな時はダメとビシッと叱るメリハリが必要です。

女性としての器量がある女性

女性としての器量は、美しくある事できまります。

高いお化粧品を使い、定期的に美容室や、エステサロンに通って美のメンテナンスをすることも大切ですが、本当に器量がある女性は、内側から品性が滲み出ています。

いくらエステサロンに通っても、品性までは磨くことができません。

品性のある美人は、意外なことに男性から頻繁に言い寄られることはありません。

その代わり、自分が想いを寄せる男性からは愛されます。

品性のない美人はその逆で、たくさんの男性にはモテるのに、自分の好きな男性には好いてもらえないのです。

自分自身を愛すること、自分の良いところ悪いところをしっかり自覚することで品のある振る舞いが出来るようになり、女としての器量が上がるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA