綺麗好きな男性の心理は?

綺麗好きな男性の心理は?

彼氏や旦那さんなど、傍にいる男性に「もっと綺麗にしてほしい」と感じている女性は多いのではないでしょうか?

いくら日中仕事をしているとは言え、その分こちらは何もしていない訳ではありません。

主婦の方なら、洗濯や掃除、食事の用意などと、毎日家事に奮闘しています。

共働きの家庭でも、奥さんの方が家事の分担は多いはずです。

共有スペースなのに散らかしている男性に腹が立つときもありますが、逆ならどうでしょうか。

綺麗好きな男性の心理

几帳面

使い終わったものは、元の場所にしまう。

それが彼に取って当たり前なので、近くにいる女性にとっては最初は楽に感じるかもしれません。

でも、モノに限らず、手順やルールが決まっていることが多いでしょう。

いろいろなことに、彼が口出しをしてくるかもしれません。

仕事を一緒にしている相手だと、するべきことが順調に進んで嬉しいのですが、一緒に生活をするなら、程よく力を抜ける人が良いでしょう。

あまり几帳面な男性が相手だと、ごまかしもきかないので、締め付けられているように感じるかもしれません。

すっきりしているのが好き

人間は、周りの環境に影響されると言いますね。

その環境を彼はいつも整えている状態ですが、それがいつもと変わることがストレスになります。

彼女相手なら、最初は気を使って言わないかもしれませんが、溜め込んだ気持ちはいつか爆発してしまいます。

自分のスペースを散らかさないで欲しいと、感じるたびに口にしないのは彼の優しさでしょう。

誰かと一緒に過ごすとどうしても、相手との違いに折り合いをつけないといけなくなります。

それが彼の成長に繋がりますね。

彼のパートナーである女性も、彼に少しずつ合わせていけると良いでしょう。

周りにも多くを求める

綺麗好きな男性は、自分がきっちりしているから、他の人も同じようにきっちりしていて当然だと思っています。

それを求めることもあるでしょう。

自分と一緒に過ごしたいなら、自分のルールを守って欲しいという姿勢ですね。

近くの人には自分のルールを押し付けることがあります。

いつでも綺麗な環境を保てない場合もありますよね。

人によって、それが最優先になるのではありません。

彼の周りをお掃除するのが仕事ではないので、周りの人のライフスタイルを考えてくれたら助かります。

あまり散らかさないなら、目をつぶって欲しいこともありますね。

仕事ができる

綺麗好きな男性は、必要な時にそれがどこにあるかすぐわかります。

自分で整理しているのと、探してもすぐ見つかるからですね。

だから、ムダなことに時間を使ってしまうことはありません。

彼は間違いなく、仕事のできる人間でしょう。

デメリットは、他の人の気持ちがわからなくなることです。

「自分にとってはこんなに簡単なのに、どうしてできない人がいるのだろう?」

あくまでもそれは彼に取って簡単なことです。

できない誰かを助けてあげると良いですが、悪いパターンだと、相手を下に見るようになります。

遠ざけたり、どこか見下しているのは、雰囲気で伝わってしまいます。

気分転換の方法の一つ

スポーツや音楽が趣味というように、片付けることも実は趣味としてカウントできるのではないかと思います。

実際、周りの環境が散らかっている時は、自分も元気がなくなってしまいます。

でも、丁寧に部屋を片付けて、モノをすっきり片付けたら、気持ちも明るくなるでしょう。

綺麗好きな男性は、その達成感が好きです。

自分の状態がちょっと荒れてきたら、片付けをすることで気持ちがすっきりするのがわかっているのです。

頭や心の中がごちゃごちゃしていても、片付けているうちに無心になって、部屋も片付きます。

良いことだらけの、気分転換の一つです。

支配欲求

自分の周りのスペースを整理して、自分がどこに何があるか把握しておきたいのです。

そういう意味で、綺麗好きな男性は、自分が主導権を握りたいタイプだと言えます。

自分のスペースを散らかして侵害されるのも好きではありません。

「散らかさないでいて欲しい」「一緒にいたいなら綺麗な空間を保って欲しい」「妥協はしないから、自分に合わせて欲しい」・・・。

そんな風に、相手を自分の思い通りにしたいタイプです。

実際に口に出すか、相手との距離を取るかどうかは彼の性格次第です。

でも、あまりきっちりされるのも緊張感がありますね。

シンプル

綺麗好きな男性は、部屋も仕事机も、彼の行動範囲は片付いているでしょう。

それは、彼の心の中の状態も表しています。

雑然としたものが目に入らないから、性格は素直です。

自分が前にでる性格ですが、優しくて、素朴なところがあります。

一言で言うと、シンプルな性格です。

自分がシンプルだから、誰かのことを受け入れる余裕はあります。

悩み事などを打ち明けても、優しく聞いてくれるでしょう。

ただ、深く付き合うと、あなたとの違いが受け入れられないかもしれませんね。

彼の色に染まってくれる人を求めています。