エレガントな女性の特徴7つ

エレガントな女性の特徴7つ

周囲を見渡してみると、可愛い女性、綺麗な女性は結構いると思います。

しかし、上品さをまとったエレガントな女性と出会う機会はなかなか少なく、エレガントな女性は希少な存在です。

今回は、エレガントな女性の特徴についてご紹介します。

エレガントな女性の特徴

所作が美しい

外見が美しいだけでは、品のあるエレガントな女性にはなれません。

立っている時の姿勢、歩き方、食べ方、電話で話す姿、全ての動きをとって見ても、流れるようなしなやかさが見る人の心を奪います。

おそらく、エレガントな女性は子供の頃から両親にきちんとした礼儀やマナーを教わってきたのでしょう。

それが大人になってからも自然と所作に表れ、エレガントな雰囲気を醸し出すのです。

品というものは、長い年月をかけて身につくものなので、育ちの良さはその人の所作を見れば一目瞭然ですぐに分かってしまいます。

声が綺麗

エレガントな女性は、共通して綺麗な声を持っています。

ガサガサとしたしゃがれたハスキーボイス
の女性でエレガントな女性を見たことはないでしょう。

小鳥がさえずるような可愛らしい声をしていたり、艶のある声でゆったり話すのがエレガントな女性たちの特徴です。

その美しい声をさらに引き立てているのが、言葉遣いの美しさです。

エレガントな女性は、下品な言葉はもちろん使いませんし、人が聞いて気分を害するような悪口は発しません。

言葉には不思議な力があり、発した言葉通りの結果をもたらします。

美しい声で、上品の言葉を発しているうちに、内側から品格が溢れ出るのでしょう。

ドレスが似合う

エレガントな女性は、ドレスがよく似合います。

普段は質素な格好を好んでいたとしても、パーティーや結婚式などでドレッシーな格好をした時には魅力が増大し、周囲がため息を漏らすほど美しさが際立ちます。

ドレスを着こなすには、スタイルの良さも重要ですが、何より華やかな格好に負けないくらいの魅力を自分自身に備えていなければサマに着こなすことは出来ません。

いくら上質な生地で作られたドレスであっても、高価な宝石をあしらったジュエリーを身につけていても、本人にエレガントな華やかさが無ければ、艶やかなドレスや宝飾品に着られてしまうだけなのです。

女性らしさがある

女性らしい体型、女性らしい素ぶり、女性らしい振る舞いを備えてこそエレガントで魅力的な女性に見えるものです。

また、エレガントな女性が好んで使う身の回りの物を見てみても、バラのモチーフの物が多かったり、淡い薄ピンクや、純白で女性らしさを感じられる物が多いでしょう。

ガーデニングを趣味としていたり、お料理教室に定期的に通ったり、趣味や行動範囲も女性的な要素が多くみられます。

エレガントな女性は、自分が女性に生まれた事を喜び、女性として生まれた事を日々楽しんでいる様子が伺うます。

口元が美しい

エレガントな女性が微笑んだ時の笑顔がとても上品に見えるのは口元が美しいからでしょう。

大口を開けて笑ったり、歯を見せて大胆に笑うことはありませんが、エレガントな女性は唇がきちんとケアされていて、うるっと艶やかな唇の端をキュッと引き上げて微笑みます。

口角が上がると自然で柔らかな表情となり、いっそう魅力的に見えるのです。

目鼻立ちがハッキリしていても、口がポカンと開いていては間抜けな顔に見えてしまい、せっかくの綺麗な顔が台無しです。

エレガントな女性は、口元が美しく、ほんの僅かに口元の筋肉を動かしただけなのに、パッと華やかで美しい印象を与えます。

自分に自信がある

何が女性を美しくしなやかに見せるかというと、内側から溢れ出る自分への自信が女性を美しく輝かせるのです。

自分の容姿への自信ももちろんそうでしょう。

自分の事をブサイクだと思っていたら、下を向いてうつむいてばかりで、華やかさを纏うことは出来ません。

周囲から綺麗だねと褒められてきたことで自信がつき、堂々と顔を上げて女性らしい振る舞いが出来るのでしょう。

それだけではなく、身に付けた知性や、勉強や仕事で得た知識も自信となり、如何なる時も自分らしく振舞うことが出来るのです。

自分自身を客観的に見て、自分のどんなところが美しいのか、素晴らしいのかを知っているからこそ、人前に立った時にも余裕があり、エレガントな女性でいられるのでしょう。

謙虚で控えめ

エレガントな女性は自分に自身があるからと言って、大柄で高飛車な態度をとったり、自己中心的な振る舞いで周囲を困らせることはありません。

自分の長所を理解した上で、人には謙虚に接することが出来るのです。

もちろんエレガントな女性は、自分の短所もしっかりと把握しています。

綺麗だからといって、自分からガツガツ自己主張をするようでは、エレガントさを微塵も感じることは出来ません。

綺麗なのに、綺麗な事を鼻にかけることもなく謙虚で居られるのは、その女性が内面から美しいということの証なのです。

内側からの綺麗が品性となって表に表れ、エレガントな雰囲気を醸し出すのでしょう。